テーマ:植物

謹賀新年

明けましておめでとうございます。 よい年になりますようにに。 おせちには、庭の植物を添えるのが楽しみです。 日本のお正月はやはりいいな、と感じるのは、赤や黒の器や様々な料理の周囲に緑色の植物の葉を飾ったり、赤い実を載せたりする瞬間かも。 実生で「変な場所」に出てきた南天が結構大きくなってしまい、葉を使うのを楽しみにしてい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

台南の四草緑色隧道、綺麗で楽しい!行き方も。

先週末、ついに台湾の台南に西の海岸付近にある「四草緑色隧道」へ行くことができました。 マングローブのトンネルを、クルーズ船で通ります。 台南にはやっと慣れてきて、一人旅を思いきり楽しんできましたが、 そのほんの一部をご紹介したいと思います。 台南へのアクセスは、他にも情報があると思いますので省略。 台南に入っても台…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

クルクマ球根の堀り上げ

今年の夏は暑かったので、クルクマが沢山咲きました。 3年半くらい前だったでしょうか、沖縄本島でクルクマの球根を手に入れてから、毎年掘り上げて室内で越冬させています。 最初は白やピンクの大花もあったのですが、 いつの間にか大花は消え・・・、でも小さめの花を咲かせる球根は確実に増えています。 今年は暑かったせいか、掘り上げてみた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハロウィンにハバネロ?

あっという間に10月も終わります。 今年は金木犀が遅かったので、散ってはいるもののまだ花が残っています。 我が家で育っている唐辛子は次々に花を咲かせて実を付けている状態ですが、 食べる方が追いつきません。 ハロウィンなのでオレンジハバネロを。 以前は辛くないハバネロが採れたのですが、それはいつのまにか消えました。 ハ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

こぼれ種からのペンタス

初夏から植えているペンタス。 まだ元気なクルクマと一緒に、暑い夏を元気にきれいなまま乗り越えました。 ペンタスは一年草で、冬は5-6℃あれば屋外でも越冬するとは言いますが、我が家では屋外に植えるので11月の寒さで枯れてしまいます。 でも、元気な時の花の色や形はとても可愛らしいのです。 これはフツーに売っていた苗を初夏に買…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

舞岡ふるさと村付近の彼岸花

「横浜にこんなのどかなところがあるの?」と思われるような、舞岡ふるさと村付近。 舞岡ふるさと村虹の家という総合案内所があり、この付近は横浜市に「ふるさと村」として指定された、農業が残りのんびりした自然に恵まれた場所です。 ちょっと散歩するのにとてもよく、綺麗な小川も流れていてベンチもあるので、気軽にのどかな気分を楽しめるところで…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

種から3年、プルメリア。

やっと涼しくなってきました。 ただ台風の被害が大きいところ、特に毎年水仙を観に行っている房総の鋸南町の様子に心が痛みます。 少しでも早い復旧を祈っています。 プルメリア、今年は葉が大きくなりました。 冬の間は葉が落ちて「棒」状態になってしまうので、今のうちに写真を撮っておきたくなりました。 種を蒔いたのが2017年の5…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

玉縄桜2019@日比谷花壇大船フラワーセンター     #玉縄桜  #日比谷花壇大船フラワーセンター

鎌倉の大船にある、日比谷花壇大船フラワーセンターに、オリジナル品種の玉縄桜を観に行きました。 以前、2017年に記事にした時は神奈川県の施設だったのですが、当時の園長さんの説明が印象に残っていて、是非玉縄桜を観たい、と思うようになりました。 以前の説明だと、玉縄桜は大船フラワーセンターで、染井吉野から自然交雑して得られた種子…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

修善寺梅林と熱海梅園、あたみ桜と河津桜

先日、伊豆長岡温泉へ行き、その後伊豆の国市のいちご農園へ行きました。 積雪を心配していましたが、伊豆の平野部は全く大丈夫でした。 この周辺はいちご狩り農園があちらこちらにありました いちご狩りはせず、買っただけでしたが、この周辺の農園はところどころ菜の花が綺麗でした。 ここの河津桜は、まだ蕾がかたい感じ。 先週末に河津へ行…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

早春!クリスマスローズの蕾と、球根から出た芽

昨年の天候が原因なのか、我が家の群生していたクリスマスローズは、2/3くらいが一気に枯れてしまいました。 猛暑は大きく影響したようです。 元々、溢れ種から狭い場所にたくさん出すぎていたのは承知していたので、気象のせいだけではないのでしょうが、ちょっと淋しい感じです。 そのせいか、例年より少し遅い気がしています。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

台南街歩き 2019.1 ~その3~

その1、その2の続きです。 1月でも台南は最高気温27-8℃、最低でも17~8℃ありますので、ノンビリしています。 この日はホテルから、朝、バスで海の近くの安平地区へ行きました。 台湾の古都台南でも、安平は最も早く開かれた地域です。 ちょっと中に入ったこの地域の街並みは、観光客も意外と少なくてたまに地元の方とすれ違う程度…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

台南街歩き 2019.1 ~その2~

その1の続きです。 新米街から、永楽市場~神農老街~信義街~兌悦門まで歩きました。 台南の市場は強烈です。面白いです。 神農街は夜のライトアップも素敵でしたが、昼間もおしゃれなリノベカフェや雑貨屋さんは楽しいし、外観も素敵で、緑の飾り方もおしゃれ。 ここの雑貨屋さんで、「台南巷框」という挿絵がたくさん入った本を見つけ、手…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

台南街歩き 2019.1 ~その1~

今月、台南の街を一人旅しました。 前回の記事は、旅の最後に台北へ寄った時のものでした。 台南には台北から日帰りでは数回来たことがあるのですが、この街の「時が止まったようなのんびり感」に浸るためには日帰りでは無理、と実感しました。 ただし市内は地下鉄などもなく、地元の人はバイク、旅行者はタクシー・バス・徒歩が主となっています。 …
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

日本人名を冠した月桃 in台北植物園

先週、台湾の台南と台北へ行ってきました。 台南から台北に行くと人が多くて疲れるのですが、都会のオアシスはやはり植物園。 台北植物園は2度目なのですが、今回は割とゆっくり観られたので、有意義に過ごせました。 台北植物園の中の「(月辺に昔)葉館」(植物標本館)を訪れました。 もともと1924年(大正13年)に建てられ…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。 賑やかなお正月を迎えました。 庭に生えてくる実生の万両をおせちに飾りますが、今年は実生で南天も出てきたので、早速使いました。 夏には茂って困る三つ葉がこの時期地上からほとんど消え、あっても極小の丈のものがちょっとだけ。 でもそれをお雑煮につかいました。 また、今まで地植えの君子蘭の葉を仕切…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

月桃の冬支度

慌ただしくなってきました。 どうもこの時期は好きではありませんが、そうも言っていられません。 年末年始は職場の最繁忙期だし、家庭だってバタバタして、気ばかり焦っています。 おまけに免許証の更新の案内が来てしまい、ああ面倒。。。 さて、そんなことを言いながらも、植物は可愛がっています(笑)。 種から育てた月桃、非情な私は…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ハノイで見かけた花・植物

1週間前になりますが、ベトナム、ハノイに行ってきました。 短い時間でしたが、食事がおいしくて建物も素敵で、11月後半で気候がよくて快適でした。 スマホのGPSを頼りに移動しましたが、バイクの多さが半端ではなく、旧市街とその周辺は信号があっても機能していないことが多かったので、動くバイクをぬって歩かなければならず本当に疲れました。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

多肉植物ハオルチアの株分け

このハオルチア・オブツーサ、6年前に購入しました。 ハオルチアは多肉植物でも人気があるようで、我が家にはもう1種あるのですが、光によって透けて見えて綺麗です。 ただこれ、1度も株分けをしておらず、横にふえて不格好になってしまいました。 紅茶の空き缶もパンパンです。 株分けをしなくては、と思っていましたが、急にその気になりまし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

リトープスの花は、何だかサプライズ!

あまり変化のない多肉植物の中でも、ほとんどいつも変わらない姿のリトープス。 忘れたころに花が咲くのが、ちょっとしたサプライズです。 このリトープス、いつ植えたのかをこのblogで検索して調べてみました。 別の紅茶缶に2種のリトープスを最初に植え込んだ4年後、初めて黄色の花を咲かせました。 それが2011年、こちらの記…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

唐辛子がパワフルになってきた・・・!

庭の劇辛唐辛子がたくさん実を付けています。 辛すぎるので、やたらにはプレゼントできません。 周囲に突然、「私、唐辛子の栽培が趣味です!」というと、「え!?」と一瞬引かれ(苦笑)、「この人はおかしい」と思われるようです(^^)。 素人で、狭いところで主に種からプランター栽培でもう何年もやっているのですから、変人だと思われて当然か…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

箱根仙石原のススキ2018

箱根、仙石原へ日帰りでススキを見に行ってきました。 秋は特に混む時期ですが、やっとたどり着いた仙石原はやはりダイナミック。 気持ちがよかったです。 ススキ草原の近くには、この時期(11月末頃まで、9:00-16:00)、浄水センターに観光客用の臨時駐車場ができています。 歩いて10分ちょっとはかかる場所で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

唐辛子、実の向きが経過とともに変わる?

9月になりました。 しばらく庭は放置状態でした。 今年は暑すぎたせいか、実生でたくさん根づいていたクリスマスローズの株が半分くらい枯れていたことに先日気づき、ショックを受けました。 庭植えとはいえ、ぎっしり過ぎて根詰まりしたことも原因かもしれません。 天候が農作物にも影響が出ているようで、夏野菜が高いのが残念です。 でも今…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

種から育った、2年目の夏のプルメリア

昨年5月に種を蒔いたプルメリア。 暑い夏を我が物にしたように、育ってきています。 今年の6月の記事はこちらで、比較していただければわかると思います。 2株が生き残り、こちらは丈は短いけれど葉が元気です。 まだまだ花は無理でしょうが、気温が高いと葉が元気なようです。 冬は室内に取りこみますが、昨年は一…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

箱根のホタルブクロ

6月のうちに梅雨明けしてしまいました。 紫陽花を観に箱根に行ったつもりだったのですが、夏の花に目が行ってしまう感じになりました。 いつものように箱根湿生花園もよかったのですが、箱根ビジターセンターの周囲や芦ノ湖畔付近にホタルブクロがたくさんあって、うれしくなりました。 以前2014年にも記事にしましたが、ホタルブクロを見つ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ちょっと変わった室内グリーン、文旦の芽。

以前、台北の店で初めて出会った、文旦の芽。(記事は、こちら。) 台湾の「柚子」は、日本の文旦でした。 食べた後の種なので実を採るにはどうかと思いますが、種蒔きだけなら発芽もしやすいし、「芽」の割にはしっかりしていて折れたりしにくくいのです。 葉は綺麗なグリーンなので、今年も食べた後の種を春に蒔いて、芽を室内で楽しんでいます。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

種から1年、プルメリア。

最近、園芸店で7-80cmくらいの鉢植えプルメリアが5000円以下で売っていました。 でも、私は種から育てています。 昨年の5月初めに、プルメリアの種を買って蒔きました。 その時の記事はこちらに詳しく書いてあります。 百貨店の催事だったので、鉢植えは50cmくらいのものでも7-8000円くらいしたし、挿し木用の棒状のものは1…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

積雪、氷、耐寒テスト進行中。

先月の2度の積雪は、結構なダメージがありました。 神奈川県は場所によってだいぶ雪の量が違うことが周囲の話からよくわかるのですが、最初の積雪とその後の低温によって、無理矢理植えてある熱帯性の植物の弱さがはっきりとわかる状況でした。 また雪が湿っていて、雪が植物に載ったまま「氷のギブス」状態になってしまったことも大きなマイナス要因でした…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

謹賀新年♪

明けましておめでとうございます。 ミントのみん、本年もよろしくお願いいたします。 このような鉢は年末によく寄せ植えで販売しているのですが、一応これは自作。 盆栽はできないのですが、一昨年買った松が伸びてしまい、ぼさぼさのまま小さな鉢に入れました。 鉢は、昨年11月に台湾の鶯歌で買ったもの。 私らしくなったかなと。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

花束から鉢植えに。夢のあるドラセナ♪

これは、春に花束の一部だったドラセナ。 「我が家に縁があったのね!」と勝手に思って喜んでいます。 花を花瓶に入れて飾ると、たまに根が出てくることがあります。 綺麗な花束を花瓶に移すと、初めのうちは綺麗で最高の気分ですが、当然のことながらだんだん痛んできます。 気温の高い時期はすぐに全滅しますが・・・、夏以外であれば水…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

実生の盆栽ミニ鉢

正式な盆栽はよく知らない、とお話ししてからになりますが。 盆栽のようにばっちりいい形ではなく、でも食べられないのでいわゆる「スプラウト」でもない、「盆栽鉢に種を蒔いて新芽を観る」という、栽培をしています。 今年の1月に台北のマッサージ屋さんで出会ったことは、こちらでUPしました。 その店で文旦(台湾の柚子)の種を蒔いて鑑賞…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more