テーマ:ヒヤシンス科(ユリ科)

ヒヤシンスが花に埋もれて・・・。 #ヒヤシンス

東京は桜が満開になっているようですが、横浜ではまだもう少しの感じです。 庭のヒヤシンス、匂いがプンプン。 しゃがむと、その世界に引き込まれます。 秋に球根を植え、踏まないように目印としてパンジーやビオラの苗をその上に植えています。 ただ今年はビオラなどの花付きが例年よりよくて、ヒヤシンスの頭がなかなか出てこず、いまも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

満開のヒヤシンス

ヒヤシンスが満開です。 青いヒヤシンスが好きで、毎年新しい球根を植えていますが、6月に掘り上げて球根が太っていれば、その秋に植えています。 万華鏡のような世界に引き込まれます。 こんな世界で香りもあるなんて夢のよう。 虫の気持ちがわかります。 こちらと下は前年の球根ですが、綺麗に咲きました。 庭の水はけが悪いので…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ムスカリの庭♪

ここのところ、庭では一気に開花しています。 我が家のムスカリは毎年すごい勢いで増え、放っておけば庭じゅうムスカリになってしまいます。 さて手前はおせんべいの缶に植え込んだムスカリです。 奥は地植え。クレマチスの足元に植えてあります。 今年は地面で芽が出てから他のプランターに移植したものもあるのですが、全然大丈夫でし…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

宝石の集まり・・・・ヒヤシンス

地植えのヒヤシンスが咲きました。 磨かれた宝石が手をつないだように集合した不思議な花です。 思わず、そばに寄ります。 一つ一つが思い切り開くと、連続した模様のようになります。 10月に球根を庭に植えてから、数ヶ月こらえてきました。 ヒヤシンスに、惹きこまれます。 これだから、球根を植えて、花を待つ気持ちになれるので…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

おせんべい缶からムスカリの芽

暖かい日が続いています。 ここのところなかなか休める日がなかったということもありますが、暖かいせいか、ちょっと見ないうちに雑草が沢山出ていてビックリしました。 さて、これは昨年12月になって最後に植えたムスカリです。 持て余していたおせんべい缶の底に穴を開けて、球根を植え込んだのです。 あまりの球根の数で植える場所もなく…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

赤ちゃん「ムスカリ」も、面白い!

これは、赤ちゃんムスカリです。 昨年6月に球根を掘り上げましたが、米粒大よりやや大きめの、廃棄しようか迷った球根でしたが、ミニサイズの花はなんとか咲くだろうと予想して、ハンギングバスケットに植え込みました。 植えようか迷って放置してあったので、植え込んだのは12月の前半くらいだったと思います。 ミニサイズも意外と可愛いでしょう…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

庭じゅうムスカリ!?

ムスカリが満開に近づいてきました。 これは鉢のムスカリ。満開になりました。一昨年植えつけて、昨年はそのままでした。そのため葉はのびてしまって汚かったのですが、大きな花が咲きました。 ムスカリの全体の形は、テッペンがまだ開いていない時と開いたときでは、随分感じがかわるのです。開くとふんわりして、何ともラブリーです。 …
トラックバック:1
コメント:13

続きを読むread more

満開のブルーのヒヤシンス

球根を植えてから大切に見守ってきたヒヤシンスが、やっと満開を迎えました。 ちょっと豪華でしょう?匂いも周囲に広がっています。 ヒヤシンスの芽はとてもがっちりとして、地面を周囲から盛り上げてきます。 球…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

チューリップ・クロッカス・ムスカリの芽いろいろ

春めいてきました。 風に当たると芽はしょぼしょぼ、髪の毛は「すぐにシャンプーしたい」というムズムズ感があり、ヘンな感じです。 今年は寒かったせいか球根モノの発芽が遅いのですが、やっと球根の存在がわかるようになってきました。植え込んだ時期によって発芽の時期がずれ、芽の出る可愛い姿も少しずつ時期をずらして楽しむことができます。 こ…
トラックバック:1
コメント:11

続きを読むread more

積雪があっても生きている・・・ナメクジ

我が家の庭は水はけが悪く、ナメクジには絶好のすみかとなっています。 今年は寒いし雪まで積もるし・・・でもこれで庭のナメクジは死んでくれるかしら・・・・、 と思っていました。 植えっぱなしのムスカリですが、寒さのせいかなかなか蕾がつかず、葉ばかりダランとしてあまり綺麗ではありません。 その葉をどけてみたら・・・・。 やはり生…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more