テーマ:キク科

合格祈願菓子とガーベラの花束

我が家はハイティーンが3人おりますので、ここ数年毎年のように受験がありましたが、今年はなぜか「合格祈願」をうたったお菓子などを沢山買ってしまいました。 そのせいか、高校受験はサクラサクでございました(^^)/  ほっ。 スーパーで買い物をしていて、「合格」と書いてあると買ってしまう・・・、受験生を持つ親はどうしても弱いものです。…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

技術家庭科の授業での「菊の3本仕立て」

これは娘の中学校の技術家庭科でつくっている、菊の3本仕立てです。「国華金剛石」という名札がついていました。 技術科の先生だけでなく、地域のボランティアの菊の先生(優しいおじいさま)がよく教えて下さるのだそうです。上の子供達も以前つくりましたので、我が家ではこれで3回目になるのですが、すごく奥が深く難しいのですよね~。 子供達が…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

秋の七草、フジバカマ・・・

昨年、秋のアレンジにと思って初めて園芸店でフジバカマを買い、地植えにしたのですが、消滅してしまいました(^^;) このやさしい雰囲気に誘われて、懲りずにまた今年も9月に買い求めて近くで観つづけています。もう、開きすぎるぐらい花が開いている状態です。 フジバカマは元々は水分の多い河原などに多くあり、秋の七草として親しまれていた花で…
トラックバック:2
コメント:12

続きを読むread more

ハロウィーンっぽい、オレンジのガーベラ♪

今週の結婚記念日を祝って、実家の母が秋らしい花束を贈ってくれました。写真は花束の一部です。 ワレモコウやヒベリカムの実も大好きですが、やはりオレンジのガーベラはちょっとハロウィーンですよね。結婚した当時はハロウィーンなんて日本ではピンと来ないことだったのですが、新婚旅行先ではハロウィーンパーティーがあちこちで開かれていたので、こ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

枯らしたマーガレットの株ですが・・・

うわ~、かわいそう・・・根まで全滅しました(^^;) 3-4年前に姉が分けてくれたマーガレットです。花が終わってからは目立たない場所に移し、また鉢が小さくなったせいか、水遣りが間に合わなくなってしまいました。 今年の春の写真↓です。花期が長く、丈夫で、貴重な存在でした。 この時期庭の花が多くてブログにアップし切れませんでした…
トラックバック:2
コメント:11

続きを読むread more

キバナコスモス(黄花秋桜)・・・

広がったキバナコスモス、株分けして正解でした。 実家の近くのスーパーで父が2鉢買ってきました。しかし横に広がり葉がワサワサしてきたので、父が株分けして実家の花壇に植え直したものです。 そのスーパーの植木売り場には今の時期、庶民的な(^^;)価格の苗は主にキバナコスモスとトウガラシ、コリウス、ちょっと弱ったニチニチソウくらい…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

マリーゴールドはコンパニオンプランツ・・・?

姉が種から蒔いたマリーゴールドです。一度危機に瀕したのですが、再生しましたので感動です! マリーゴールドというと、「コンパニオンプランツ」として定着しているそうですが、野菜などと一緒に植えて実際にどの程度効果があるものなのでしょうか? コンパニオンプランツというのは、「共栄作物」、つまりお互いの成長により影響を与え合い「共…
トラックバック:1
コメント:14

続きを読むread more

カゴからレタスの柔らかい葉が・・・

6月4日に種まきした、いろんな種類がミックスされたガーデンレタスのやわらかい葉っぱです。 雨の日でもベランダは特等席です。でも満員電車、早く間引きしなくちゃ。 10cm以上になったら、大きくならないうちにカットしながらサラダに使います。庭のハーブも一緒に和えると気分がいいのです。間引きしたものもサラダ、お味噌汁、スープにも使い…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

イングリッシュデージー、いや、エリゲロンが広がる・・・

5~6年前だったでしょうか、「イングリッシュデージー」というラベルがついた苗を購入したのは。それがもう、丈夫で丈夫で広がる広がる・・・。最初は花びらが白いのですが、だんだん赤紫が混じってくるのがとても不思議です。 ふわーんと綿菓子のように広がるので、マンションの2階の方が「きれい~!」と言ってくださいました♪(ここは、マンションの専…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

願をかけたボロボロ大輪菊・・・

こんな菊をアップする方はいないかもしれません。(苦笑) この菊、娘が学校の家庭科で育てた3本立てでした。育て方がおかしかったのか、この菊は1ヶ月以上遅れた年末に満開状態になり、お正月まで楽しむことができました。 満開直前まで真っ白だったんです。少しずつピンクが混ざってきて、終わるころは色濃くなり面白かったのです。 花後、挿し…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more