テーマ:ツバキ科

茶畑に囲まれて・・・

静岡県の掛川から牧之原、島田の茶畑をめぐってきました。 茶畑の緑の畝が好きなのですが、これだけ広い茶畑に囲まれて過ごしたのは初めてです。 今はとても機能性の高い摘菜機もあるようですが、それにしても綺麗です。 ポツポツとあるのも、若いお茶の木でした。 ここに付いているファンは、何のためにあるのかご存知ですか。 平らなとこ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

寒さに映える、寒椿

新しい年を迎えました。 今年もやりたいこと、やるべきことはますます沢山ありますが、大好きな植物に相対する時間を大切に考え、マイペースで続けていきたいと思います。 本年もミントのみん、よろしくお願いいたします。 さてますます寒くなりました。 小ぶりでありながらも、うちに秘めたような情熱を感じる、寒椿の花です。 寒さに…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

かんざしにしたい寒椿

マンションの寒椿で、小ぶりな花を見つけました。 かんざしにしたいくらい、可憐です。 娘に着物を着せたくなりました。このまま髪に挿してやりたい・・・。 本当は花びらの数を調べたかったので、1輪もらってきたのです。おしべと花びらがどうなってるかも分解して調べたかったし。でも可愛くて、分解はとてもできませんでした。 花びら…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

賑やかな山茶花(サザンカ)

山茶花さん、チャドクガのこと 忘れるわ♪ ・・・・と思わず言ってしまいまくなる、心を温めてくれる花が賑やかに咲いています。 マンションの山茶花です。花の少ないこの時期に、これだけ沢山の花を付けてくれると、やはりうれしくなります。 プロの庭師さんが手入れをしてくださっているので、チャドクガは大丈夫でしょう。 以前知人が…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

ナツツバキ(シャラの木)の実の抜け殻・・・

夏に涼しげに咲いていた実家のナツツバキ(沙羅の木)ですが、真冬にはこんな面白い姿になります。 鳥の赤ちゃんが口を開いているようにも見えるし、何かの花が固まったような形にも見えます。 自然のつくる形って、本当に面白い・・・・・。 崩してはみなかったのですが、おそらく種はもう落ちたか飛んだか・・・・。小鳥2…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

涼しげなナツツバキ(沙羅の木)の花

ナツツバキ(シャラノキ)の花が咲いています。 実家のものですが、前は道路。花ごとポトンと下に落ちますが、道路に落ちてしまうものは拾わないといけません。しかし花ごとだと一つ一つ拾うのって、結構楽しかったりして!散ってしまうバラの花びらよりは、拾う楽しみがある、ナーンテ・・。(風情がないな~) まあツバキ科ですが落葉低木なので、冬…
トラックバック:3
コメント:11

続きを読むread more

羽田の梅と椿・・・穴守稲荷で

寒い一日でした。 京急羽田線の羽田空港ちょっと手前に穴守稲荷駅があります。 この周辺は仕事で行くのですが、神社に立ち寄ったのは初めてでした。 周囲には大きな工場もありますが、町工場も多く、それらと不思議と調和する、心和む神社だと思いました。 1818年の鈴木新田開墾の際、激浪のため沿岸の堤防に大穴が開いてしまい、この「穴」…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more