テーマ:ナス科

ミニトマト‘アイコ’

細長い実のなるミニトマトの‘アイコ’、今年も順調に収穫できています。 といっても、一日数粒の楽しみです。 採れたてのミニトマトを口に放り込んで、しっかり詰まった実を食すると、味のよしあしというより、我が家のトマトを食べているという満足感に浸れ、気分がよくなります。 もちろん新鮮な実は、腕のない私が育てたものでもとても美…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

鉢植えのピーマンと、ハバネロ

庭に1株だけ、鉢植えにしたピーマンがあります。 「京鈴」というタグが付いていたと思います。 昨年もこの品種のピーマンは丈夫で虫が付きにくく、1株でかなり遅い時期まで、たくさんの実をつけてくれました。 そのため今年も同じ種類の苗を買いました。 ぐんぐん育って、すでにいくつか収穫しました。  ナス科の植物は、地面に連作がで…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

ハバネロ(越冬株)の実

昨日、関東地方も梅雨明けし、暑い夏となりました。 昨年種蒔きして越冬実験に成功したハバネロの株に、すでに30個以上の青い実が生っています。 (越冬実験の様子はこちら、越冬後の様子はこちらです) 越冬させたハバネロは実をたくさんつけているためか、鉢がすぐにカラカラになってしまいます。 元気なのはよいけれど、これからしばらく…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

越冬したハバネロが開花

昨年種蒔きで育て、越冬させたハバネロが、数日前から花を咲かせています。 今から花が咲くとは驚きです。 今年の1月17日の「ハバネロ越冬実験」の記事から約4か月経ちました。1月の記事で、越冬できるかどうか、3パターンでトライしました。 ①室内に取り込んだ1鉢・・・・越冬○ ②ベランダに取り込んだ3鉢・・・越冬× ③完全に…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

ハバネロ越冬実験?

秋に採れたハバネロは冷凍保存し、食卓で大活躍しています. 今、我が家では、気分的に処分しきれなかったハバネロ5株を比較して観ています。 以下の5つの株、ここで写真を撮った後に、剪定をすることにしました。 ①室内に取り込んだ鉢1つ・・・・小さ~いオレンジの実をたくさんつけている。 ②バランダに取り込んだ鉢3つ(A,B,C)・・…
トラックバック:1
コメント:14

続きを読むread more

鮮やかな、実生の鑑賞用トウガラシ

種から育った、鑑賞用トウガラシです。 昨年、数種の鑑賞用トウガラシの苗を植えたのですが、種を採って蒔いて育ったものや、種が散って自然に出てきたものなどが、たくさん庭に出てきました。 9月1日の記事で一度アップしたのですが、その後、花、実をたくさん付けました。 内側の下の方から実が先にできるので、赤くなるのも外側の方が遅めです。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

種から育ったハバネロが大豊作

今年の秋の我が家の庭の主役は、なんと言ってもこのハバネロです。 次々オレンジ色になって、料理に少しずつ使っています。 昨年、友人がハバネロで手料理をしてくれた際に分けてもらった実が発端です。 種を採り、春に蒔きましたが、その後は驚くことばかり。 ほぼすべて発芽し、さほど虫害にもあわずにその後もぐんぐん大きくなり、たくさんの実を付…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

実生の鑑賞用トウガラシ

昨年秋に実の付いたものを購入し、その種から育った、鑑賞用トウガラシです。 蕾が付いてきました。 これ↓は、昨年10月の姿。 ちょうど花の少ないちょっとさびしい時期なので、鑑賞用トウガラシのカラフルな姿がうれしくなる時なのです。 昨年の鑑賞用トウガラシの記事はこちらです。種蒔きに意欲的になっています・・・。 昨年は夏に購入し…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

まだ?やっと?緑色の、ハバネロの実

種から育てたハバネロの、実が膨らんできました。 友人が育てたハバネロの実をもらい、実を料理に使いながらも、種を採り、春に蒔いたものです。 種蒔き~花の写真はこちらです。 ここに至るまで、何といっても暑さで水やりが大変でした。成長の遅い数株は地面に移し、あとは実がオレンジになってから周囲に分けようかと思っています。 …
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

ミニトマト‘アイコ’の収穫

集中豪雨、心配です。 しかし帰宅したら、我が家の周囲だけは降った形跡がなく、「水やりする立場」からは、がっかりしてしまいました。 さて今年は、野菜に手が回らず、つくっているのはこのミニトマトと前回のハバネロくらいしかありません。 でも、やはり、この‘アイコ’は、つくってよかった。 なんといっても、買ってきたものと形が違う…
トラックバック:1
コメント:9

続きを読むread more

種から育ったハバネロの花

昨年、高校時代の友人からハバネロの実をもらいました。 ハバネロを使って料理をしてくれたとき、自宅から持ってきてくれた実を分けてもらったのです。 「この種を蒔くと、ちゃんと実がなる」と言われ、ウキウキしてしまいました。 その際「料理に使うときも、必ず手袋をしてね」と教えてもらいました。 4月の末に種蒔きをしたものが、初めての花を咲…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

秋を楽しませた観賞用トウガラシ

夏に数種を苗で手に入れ、実の色をさんざん楽しんだ観賞用トウガラシから、種の収穫ができる時期になってきました。 観賞用とうがらしの実の色は、熟していくにしたがって色が変化するし、品種によって色の変わり方も違います。 最後は、赤になるのが殆どなのでしょうが。 これは一番好きな黒っぽい品種。「ブラックパール」かなと思います。 この…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

丈夫でおしゃれなピーマン「京鈴」

大好きなピーマンです。今年はこの「京鈴」という品種を育て、収穫をしています。 この「京鈴」という品種は、病気に強い(*)こと、実の付きがよいことが特徴のようですが、これは本当でした。 これは、6月中旬に、初めて花が咲いたときの様子です。 素朴で綺麗だなと思って。 7月10日の様子です。 この品種は「果形の乱れが少な…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

わき芽の挿し芽後のミニトマト

ミニトマト「アイコ」のわき芽を挿したものです。9月になっても元気にしています。 昨年もわき芽を挿したのですが、これほどしっかりはしていませんでした。 親も子も鉢植えにしていますが、親と同じ大きさの鉢に、挿し芽を3本植えました。 親よりはやはりひょろっとしています。当然実のつき始めも遅かったのですが、思っていたよりも成長がよく、…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

ミニトマト「アイコ」の収穫♪

鉢植えにしているミニトマト「アイコ」、ちょこちょこ収穫しています。 この「アイコ」は「サカタのタネ」のものですが、一度栽培してみたいと思っていました。 なんといっても栽培できるミニトマトでこの形というのが新鮮。 食卓に出してもお弁当にいれても、「え?」と驚かれます。あ、ついでにピーマンも我が家産です。 この「アイコ」、サ…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

ミニトマトの挿し芽

ミニトマト「アイコ」の花です。 ナス科の植物の連作は禁物。 ですから鉢に植えているのですが、オベリスクにツルをぐるぐるまわしながらミニトマトをつくっています。 狭い場所で、成長の早いトマトを楽しむ方法としては、面白いと思います。 実がどんどんついてきています。細長い形をしています。 ミニトマトの実は付く方向…
トラックバック:2
コメント:11

続きを読むread more

ビールにぴったり♪ ししとうの収穫

ししとうを収穫しています♪ これは、おまんじゅうが入っていた空容器を、ふろしきで包んでみたものです。 採りたてで、おいしそうでしょう? マンションのプレイロットのところに植えてあるししとうです。 大豊作です。 やっと真夏の暑さになりましたし。 種をとり、塩をつけて焼くと、もうビールにぴったりです。 直火で網、魚焼きグ…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

オベリスク仕立てのミニトマト「トゥインクル」の収穫始まり!

オベリスクで育てているミニトマト「トゥインクル」です。 先が尖っている、ちょっと面白い形の実です。 実がたくさん付いて、驚いています。 小さいまま赤くなっているものもありますが・・・。 花の数もスゴイです! で、困っているのは、やはりオベリスクへの巻きつけ。 一番伸びている一本の、実の付く方向が、内側になってしまった…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

オベリスク仕立てのミニトマト「トゥインクル」がもうすぐ・・・・

オベリスク仕立てのミニトマト「トゥインクル」です。もう少しで食べられそう・・・。 螺旋状にオベリスクに巻いていこうと思っています。5月末の記事はこちらです。 まっすぐに伸ばした方が日当たりもいいし葉が込み合わないのですが、病気につよいという改良された品種でそこをカバーできるといいのですが。 茎を倒すとすぐに茎が曲がって上を向く…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

ミニトマト「トゥインクル」をオベリスク仕立てに・・・

ミニトマト「トゥインクル」の花です。 まだそれほど伸びていませんが、沢山花が咲いています。 連作はいけないと言われているナス科の野菜は、狭い庭だと困ってしまいます。 昨年久しぶりに庭の右のほうにミニトマトをつくったら大豊作になりました。 昨年の様子はこちらです。 でも、今年はもうアウト。連作しなければ植える場所がありません…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

今頃・・?オベリスクのピーマンを収穫♪

初夏に苗から育てていたピーマン、例年は夏から秋の収穫が終われば引っこ抜いていたのですが、今年はオベリスクに絡ませたのがよかったのか、醜い姿にならず、ちょっと格好いいまま育っていました。オベリスクに絡んでいる姿はこちらです。 気温が下がり、このところ茎と葉がしな~としてきました。まだ実は付け続けているのですが、なっている実がだめにな…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

がんばるピーマン、オベリスクで・・・

随分前にミニトマトを引き抜いてから、ここにお日様が当たるようになりました。 旬はとうに過ぎ、丈が伸びていたのですが、まだ実がたくさんついていたのでこのピーマンをオベリスクに結んでもうしばらく楽しむことにしています。 場所がない場合のミニトマトの楽しみ方として朝顔用の支柱のようなものに巻きつける方法を知り、以前オベリスクでちょっ…
トラックバック:1
コメント:11

続きを読むread more

ミニトマトのラスト収穫

地植えにしてあったミニトマト、ヘビのように茂ってしまい「抜こう抜こう」と思いながら、実がついていたのでなかなか抜けませんでした。もうおいしくないのはわかっていたのですが、お弁当の彩りに入れたりしていたんです・・・(^^;) このままにしておけばいつまでも伸びて花をつけそうではありましたが、おいしくないし、他の植物の日当たりに影響…
トラックバック:1
コメント:19

続きを読むread more

わき芽の挿し芽ミニトマトのその後

今年はミニトマトは大豊作でした。これはわき芽を取ったときに挿し芽したものから出たミニトマトです。上からのぞいたところですが・・・・株は枯れかかっても、実はなんとか最後の力を出してがんばってつけているいじらしい様子でしょう? わき芽が発根した時のようすはこちらです。おまけに列車ミニトマト(最盛期)の様子はこちらです。 ドアン…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

水に挿しておいたミニトマトのわき芽

列車ミニトマトのわき芽を挿したものが皆うまく付いています。 数日間水につけっぱなしにして忘れていた茎から、こんな感じで根が出ていました。 これは相当発根しやすいつくりになっているな~と直感できました。 みんな上手く付いてくれるのはいいのですが、植える場所がないのです~。 地面に植えるとその場所に来年は植えられないですも…
トラックバック:1
コメント:11

続きを読むread more

ミニトマトのグラデーション

今朝、ミニトマトをやっと食べることができました。   赤くなってくるとグラデーションがきれいです。一日一日色が少しずつかわってきます。 でもとうとう今朝上の2つをくちにすることができました。 今年はなぜかミニトマトが豊作です。19個も実がついたところもあり、とても楽しみです。 狭い庭だと「連作できない」とされる野菜はどこ…
トラックバック:2
コメント:16

続きを読むread more

ブドウのような、ミニトマトです。

まだ青いミニトマトですが、きれいに房になっています。 こんな房がいくつもできています。 早く赤くならないかな~と思っているのですが、ここのところ涼しいのでね。 我が家の収穫はもう少し先かな。 ミニトマトは特にお弁当づくりでの最後のスペース埋めに最適です! ひぃ~さんのサイトで「ミニトマトのわき芽の挿し芽」知ったのです…
トラックバック:1
コメント:16

続きを読むread more

庭のピーマンの使い方♪

こんなに狭い庭でピーマン? そう、どうしても夏は野菜を植えたくて、1種1本だけ植えている野菜があります。 貴重なんだわ~! 狭くて、マルチングもできませんし、多くの植物がひしめき合っています。 さて、この貴重な1個のピーマンを使う条件です。(勝手に私が決めたのです) 1、買ってきたピーマンと一緒に料理をしない。 …
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

トマトの花は皆同じ方を向く・・・園芸療法その2

横浜のあざみ野近くにあるグループホームでは園芸療法をとりいれています。 その1でアップしましたが、今回は園芸療法士のT先生のお話の中にいくつか、家庭でも参考になる視点を見出すことができました。 今回たまたまトマトの苗に花がついていたのですが(最初の花が付いてから植えつけるのが一番よいときいたことがあります)、花を見ながら植えるこ…
トラックバック:4
コメント:9

続きを読むread more

五色とうがらしの実後?!・・・

毎年8-9月、ちょうど花の少ない時期に、大好きな唐辛子の苗を多く買い込みます。その多くは冬に完全に枯れてしまいますが、この五色唐辛子(夏・秋の実のイメージはこれ)は、紫がとてもきれいで長命でした。五色に変化するのがとても面白く、最後はすべて赤くなります。 他の種類が枯れても、これはクリスマスには実がすべて赤くなっていて、かなり長いこ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more