テーマ:ナス科

ハロウィンにハバネロ?

あっという間に10月も終わります。 今年は金木犀が遅かったので、散ってはいるもののまだ花が残っています。 我が家で育っている唐辛子は次々に花を咲かせて実を付けている状態ですが、 食べる方が追いつきません。 ハロウィンなのでオレンジハバネロを。 以前は辛くないハバネロが採れたのですが、それはいつのまにか消えました。 ハ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

種蒔き後に冬越しした、夏の唐辛子たち

暑さが半端ではなく、庭も放置してしまっています。 と言っても、鉢植えがある以上は朝晩の水やりだけは仕方なく・・・。 大好きな唐辛子も、水切れを起こして葉がぐったりしていることが多いです。 庭いじりが好きなのに、恥ずかしながら肌が弱いので、日焼けと蚊よけのために物理的に完全防備をします。 そして、なるべく短時間で済ませる、とい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

唐辛子がパワフルになってきた・・・!

庭の劇辛唐辛子がたくさん実を付けています。 辛すぎるので、やたらにはプレゼントできません。 周囲に突然、「私、唐辛子の栽培が趣味です!」というと、「え!?」と一瞬引かれ(苦笑)、「この人はおかしい」と思われるようです(^^)。 素人で、狭いところで主に種からプランター栽培でもう何年もやっているのですから、変人だと思われて当然か…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

唐辛子、実の向きが経過とともに変わる?

9月になりました。 しばらく庭は放置状態でした。 今年は暑すぎたせいか、実生でたくさん根づいていたクリスマスローズの株が半分くらい枯れていたことに先日気づき、ショックを受けました。 庭植えとはいえ、ぎっしり過ぎて根詰まりしたことも原因かもしれません。 天候が農作物にも影響が出ているようで、夏野菜が高いのが残念です。 でも今…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

実生の鉢植えトウガラシと、しし唐

トウガラシの最盛期です。 今年は、室内で越冬させたジョロキア、ハバネロがあまり勢いがなく、実の数が少ない状態です。 ナス科野菜用の肥料はたまにやってはいましたが、やはり鉢での連作のせいかもしれません。 でもやっぱり、綺麗です。 春には種蒔きをしましたが、種の保管が悪かったためか発芽に失敗。 仕方ありませんが、少ない実を…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

庭の唐辛子、ジョロキア

いやいや、庭の唐辛子が元気。 昨年種から蒔いて室内で越冬させたジョロキアの株は、開花が早いので、豊作です。 種は、その前に育てた実から採ったものでした。 ジョロキアって、実の形や成り始めの色、雰囲気が独特で、観ているだけでウキウキしてきます。 ちょっと笑ってしまうようなお化けの提灯のよう。 私の知っている他の唐辛子…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

種から育った激辛唐辛子 ジョロキア

真夏~秋にかけて、唐辛子がおいしいし、綺麗です。 おかしな趣味だと笑われることもありますが、こんなに楽しいことはありません(笑)。 これは昨年蒔いて越冬したジョロキア。 やっぱり強烈な色、舐めただけで舌に針先を刺されたような辛さです。 これがまた、赤くなる前の色だと、お化けのような色と形なのです。 こんなにいい実がなっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

庭の実生のジョロキアや、その他の唐辛子たち

昨年まで数年越冬していたジョロキアの株が枯れてしまい、今年は祈るような気持ちで5月に種を蒔きました。 今まで何度も発芽せず失敗していたのですが、不思議と今年はいくつもジョロキアが発芽! 驚きましたが、本当にジョロキアなのか不安になり、実が成るまで信じない状態だったのですが…。 なんとあのジョロキアが再現されました。 「なんだ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

唐辛子主役の酢・オイル・酒漬け瓶

庭の唐辛子は、まだ成熟中です。 生の唐辛子が手軽に採れるのはとても便利ですが、今日はこれ。 いただきもの唐辛子たちです。 とても重宝しています。 友人に分けてもらった、貴重な完熟ハラペーニョ。 左のピクルス、最高でした。 ニンニクの他、庭のタイムやローズマリーと一緒に漬けましたが、ハラペーニョの風味がこれほど引き…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

種から3代目、少し顔を変えた宮古島の島唐辛子

おととしの春に手に入れた宮古島の島唐辛子の種を昨年蒔き、実が成りました。 その実から採った種を春に蒔いて育ったものです。 でも、当初と形や大きさが少し違います。 色も、もう少しオレンジがかっていたように思うのですが。 以前友人からもらった種から育った唐辛子と、よく形が似ている気がします。 結構実がよく付いています。…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

手作り感いっぱいのハラペーニョをピクルスに。

友人から、「初成り」のハラペーニョが送られてきました♪ 種から育てた唐辛子の初ものは、とても感動するものです。 これは、うれしい! 何とも、手作り感いっぱい、完熟の実です。 唐辛子好きのその友人曰く、「ハラペーニョの甘酢漬けがいい。ハラペーニョは丸ごと漬けた方が、かじった時においしい」って…。 さっさすが本格派、とは思…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

青いミニトマトのピクルス試食

先日つくった、赤くならなかった青いミニトマト・アイコのピクルスです。 なんだかバタバタしていて、試すのも忘れていました。 渋い色ですが、おいしいです。 ミニトマトはの株を処分した後で、少しでも楽しみが残るのはいいものです。 ベランダのタイムはまだ青い部分がなんとか使えます。 ローズマリーはこのところ使いすぎて、株が小さ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

「捨てるはずの赤くならなかったミニトマト」のピクルス

ミニトマトの株を処分しました。 赤くなるまで待って使っていたのですが、さすがに寒くて赤くならなくなってしまったので。 採った後放置すると少しは赤くはなるのですが、おいしくなさそうです。 ネットを見ていたら、ピクルス、ジャムなどの利用方法がありました。 ジャムには量が足りないので、簡単にできるピクルスにしようと思いました。 …
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

辛~いハロウィーン

今年はオレンジのハバネロが今一つ。 ハロウィーンにお化けのようなジョロキアまつりはいかがでしょうか? お面がたくさんぶらさがっているように見えるのは、私だけ? ジョロキアは、実の付きはよいのですが、この時期になるともう葉を落とし始めます。 キャ~~!! そろそろ、辛いもの好きの友人にあげようっと。 「もうおしまい」のミニトマ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

京の甘とうがらしと、庭の激辛とうがらし

京都では、ちょうど旬で丸ごと食べたい甘唐辛子を3種、帰りに錦市場でゲットしてきました。 万願寺甘とうがらし、伏見とうがらしと、もう1種は店の札に「京都修学院甘とうがらし」と書いてあったものです。 修学院付近で採れたものでしょう。 万願寺甘とう、何をしてもおいしくて、たまりません。 あっという間に食べ切ってしまいました。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

手づくり、ジョロキア生キャラメル!

鉢でジョロキアを育てています。 針で刺されるような辛さのジョロキアを、いつもトウガラシの種や苗を分けてくれる友人に送ったところ…。 なんと、そのジョロキアで、手作りの「ジュロキア生キャラメル」を送ってくれました。 わ~。 見た目にも、手づくり感たっぷり! 開けてみると…。 たしかに真っ赤なジョロキアが見…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

トウガラシのハロウィン

ちょっとおいしそうな、ハロウィンパッケージ。 あけてびっくり…、でしょうか(笑)。 スウィーツのようでしょう? 庭に、たくさんのトウガラシが生っています。 どれも種から育ったものばかり。 でも気温が少し下がってきて、トウガラシにはかわいそうという感じになってきました。  痛いような辛さのジョロキアも大豊作なのに、…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

自家製・赤甘ハバネロ♪

種から育てた、自家製の赤いハバネロです。 ハバネロは、昨年5月に種まきして一度成長し室内で越冬させた株と、今年種から育てた株があります。 これは、越冬株。2度目の夏なので、実が早くから付き始めています。 実の付きはとてもよい状態です。 この赤いハバネロは、当初やや斜め上向きに咲いた花が多く、実がだんだん下にさがってきまし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ジョロキアの暑い夏

暑い夏もあともう少しの辛抱です。 昨年からの越冬組のジョロキア、ハバネロ、メキシカンチリにはたくさんの赤・オレンジの実が生っています。 また今年蒔いたトウガラシは花がたくさん咲き、実が付き始めている、という状況です。 一瞬、フルーツのようにも見えますが(苦笑)。 辛みが少ない先の部分だけ舐めても、針を刺すような辛さの…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

観ても楽しいミニトマト

毎年、育てやすくておいしい実がなるように改良されたミニトマトを1種類ずつ、鉢で育てます。 今年は、サントリーのピュアスイートミニ。 甘いミニトマトです。 ミニトマトはその姿も、観て楽しいものです。 使い道も豊富です。 夏は、ちょっとした採りたて野菜が、朝食に役立ちます。 ナスタチウムも、サラダに花びらや葉…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ハンギングの赤のペチュニア

今年は、赤のペチュニア(サフィニア)を植えました。 私は意外と赤い花を植えないのですが、夏の日差しにはやはり映えます。 うまくチョキチョキやれば、たくさんの花が咲きます。 植えた直後にかなりカットしました。 でもよく咲いている時は、ちょっと躊躇してしまいます。 でも、実は上は2週間前。 今は伸びてしまいました…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

パプリカとヨーグルトの自己流ハンガリアン?チキン

ハンガリーのパプリカパウダーをいただきました。 封を開けてみました。 可愛らしい袋、スプーンです。  レシピも付いていましたが、まずは平凡でも自分らしいものをつくりたいなと思いました♪ ハンガリー料理は詳しくありませんが、たしかにパプリカのイメージはあります。 そういえば、私はハンガリアンホットワックスをほ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

自家製ケーキにハバネロ!?

だいぶ寒くなってきました。 唐辛子は未だに室内に取り込まずに我慢させていますが、もう室内に取り込まないと熟さないでしょう。 どれを残してどれを枯らすか、選別をしなくてはなりません。 今年蒔いて育ったもの、すでに越冬したものがありますが、それぞれ枯らすのがかわいそうだと思ってしまいます。 ハバネロも、だいぶ収穫しました。 …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

ジョロキアまつり

我が家のジョロキアが、おまつりのようになりました(笑)。 ジョロキア提灯です(笑)。 よくここまで育ってくれました! でも全体をみると、ミイラ(笑)もそのまま下がっています。 蒔いた覚えのない鉢から出てきた株なので、不思議なのですが。 気温が下がってきているので、そろそろ室内に取り込むことを考えないといけません。 …
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

庭のハバネロで、香り高い?チヂミ。

庭のトウガラシがカラフルに、たくさん生っています。 食べきれないほど生ってしまい、困っています。 ハバネロの綺麗な実です。 今年蒔いたものです。 こちらもハバネロで、色が変わる途中です。 真ん中~右上はフーセンのような形で、辛くなさそう。 左上の方の実が、形や色が明らかに違います。 別の株が、同じ鉢に入っ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

無情、されど無常…。

庭いじりをしていると、感じることが色々あります。 これは何でしょう? 結構元気な葉です。 夏。 blogにはアップし損ねましたが、特に7,8月にはミニトマトがよく生ってくれました。 脇芽を摘んで刺し芽をすると、よく根が出て、ミニではありますが、苗として一応育つのも面白いものでした。 でも9月末、台風で実が…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

自作トウガラシの肉詰め

実生のトウガラシがおいしい季節になってきました。 甘系のトウガラシは、特に肉詰めを楽しみに作っています。 出来上がらないとわからない辛さ、というところが面白いし、丸ごとだと、辛いトウガラシではしっかり味わえない「香り」が楽しめるからです(笑)。 気分が乗る時に作りたくなるので、豚ひき肉は常に用意しています♪ 甘トウガラシ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

トウガラシの色々な表情

トウガラシの表情が面白い時期になってきました。 全て、種から育てたものです。 種蒔きのタイミングや越冬の有無で、実が付き始める時期は違いますが、トウガラシのシーズンです。 これは、スーパーで買った韓国の赤い甘長トウガラシから採った種を蒔いたもの。 元は、もっと実が長かったように思いますが、まあいいか。  1週間前です。…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

真っ赤なジョロキアとハバネロで地中海風?夏メニュー!

昨年からの越冬株のジョロキアと赤いハバネロが、真っ赤になっています。 赤いハバネロは、春に種蒔きした辛い品種・辛くない品種の両方とも伸びてきています。 でもこれは、昨年春に蒔いた越冬株で、辛くないものです。 生のままだと少し辛いという程度ですが、香りがとてもいいので重宝します。 色も綺麗で、沢山生っています。 これを1…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

越冬株のジョロキアとハバネロ

梅雨明けしてしまいました。 なんとなく、そんな空、空気、太陽ではありましたが。 赤紫蘇を投入してある梅は、もうちょっと経ってから干したいなと思います。 さて、トウガラシの越冬株です。 そう昨年の秋、ハバネロの鉢にジョロキアが生って驚いたのです。 よくわからないまま、冬にその鉢のハバネロは枯れ、ジョロキアは元気で残っています…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more