テーマ:家庭菜園

水に挿しておいたミニトマトのわき芽

列車ミニトマトのわき芽を挿したものが皆うまく付いています。 数日間水につけっぱなしにして忘れていた茎から、こんな感じで根が出ていました。 これは相当発根しやすいつくりになっているな~と直感できました。 みんな上手く付いてくれるのはいいのですが、植える場所がないのです~。 地面に植えるとその場所に来年は植えられないですも…
トラックバック:1
コメント:11

続きを読むread more

ミニトマトのグラデーション

今朝、ミニトマトをやっと食べることができました。   赤くなってくるとグラデーションがきれいです。一日一日色が少しずつかわってきます。 でもとうとう今朝上の2つをくちにすることができました。 今年はなぜかミニトマトが豊作です。19個も実がついたところもあり、とても楽しみです。 狭い庭だと「連作できない」とされる野菜はどこ…
トラックバック:2
コメント:16

続きを読むread more

ブドウのような、ミニトマトです。

まだ青いミニトマトですが、きれいに房になっています。 こんな房がいくつもできています。 早く赤くならないかな~と思っているのですが、ここのところ涼しいのでね。 我が家の収穫はもう少し先かな。 ミニトマトは特にお弁当づくりでの最後のスペース埋めに最適です! ひぃ~さんのサイトで「ミニトマトのわき芽の挿し芽」知ったのです…
トラックバック:1
コメント:16

続きを読むread more

収穫後2-3分で食べるきゅうり♪

やっぱりパリっとしていてみずみずしかった~! おととい10cmちょっとしかなかったきゅうりですが、2日で食べられる大きさになり、朝、食べました! 最初の実は早めにとらないと苗に負担がかかると言いますので上の1本は早めに採ったのですが、柚子の木に隠れて見えなかったもう1本の苗の実が巨大化しかかっていたことに気づき、慌てて収穫…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

両側から楽しめるきゅうり♪

マンションの2件の間に実をつけているきゅうり、我が家とお隣さん、両方から楽しめます。 まだ10cmちょっとで、これからです。 マンションの専用庭なのですが、境界のベニカナメが枯れてきて復活の見込みがなかったので、お隣のMおじさまがベニカナメをカットして、お手製の垣根を作ってくださいました。こういうことって、もう大感激!Mおじさ…
トラックバック:2
コメント:8

続きを読むread more

庭のピーマンの使い方♪

こんなに狭い庭でピーマン? そう、どうしても夏は野菜を植えたくて、1種1本だけ植えている野菜があります。 貴重なんだわ~! 狭くて、マルチングもできませんし、多くの植物がひしめき合っています。 さて、この貴重な1個のピーマンを使う条件です。(勝手に私が決めたのです) 1、買ってきたピーマンと一緒に料理をしない。 …
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

キューリの根は横に張るから・・・園芸療法その3

横浜あざみ野にあるグループホームで、正園芸療法士のT先生から伝授されたことは他にもいろいろあります。(園芸療法その1、その2から続いています) トマト、ナスの苗の土は畑の土と高さをそろえて植えますが、キューリは根が横に張るので深植えせず、浅めの方が生育がよいとのこと。 ご高齢の方が穴を掘るのは、手が利きにくい場合などやりにくいこ…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

トマトの花は皆同じ方を向く・・・園芸療法その2

横浜のあざみ野近くにあるグループホームでは園芸療法をとりいれています。 その1でアップしましたが、今回は園芸療法士のT先生のお話の中にいくつか、家庭でも参考になる視点を見出すことができました。 今回たまたまトマトの苗に花がついていたのですが(最初の花が付いてから植えつけるのが一番よいときいたことがあります)、花を見ながら植えるこ…
トラックバック:4
コメント:9

続きを読むread more

園芸療法の実践活動:夏野菜の植え付け・・・その1

園芸療法に興味のある方はネット上にもたくさんいらっしゃると思います。私は実践活動を細々と続けているところです。ここは横浜市青葉区の花に囲まれたグループホームです。今年度は、アメリカ園芸療法協会認定正園芸療法士のT先生がいらっしゃり、先生がつくられれた評価表を頭においた活動をしていくことになりました。T先生には以前からご指導を受けてきまし…
トラックバック:4
コメント:4

続きを読むread more