テーマ:旅行

台南街歩き 2019.1 ~その3~

その1、その2の続きです。 1月でも台南は最高気温27-8℃、最低でも17~8℃ありますので、ノンビリしています。 この日はホテルから、朝、バスで海の近くの安平地区へ行きました。 台湾の古都台南でも、安平は最も早く開かれた地域です。 ちょっと中に入ったこの地域の街並みは、観光客も意外と少なくてたまに地元の方とすれ違う程度…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

台南街歩き 2019.1 ~その2~

その1の続きです。 新米街から、永楽市場~神農老街~信義街~兌悦門まで歩きました。 台南の市場は強烈です。面白いです。 神農街は夜のライトアップも素敵でしたが、昼間もおしゃれなリノベカフェや雑貨屋さんは楽しいし、外観も素敵で、緑の飾り方もおしゃれ。 ここの雑貨屋さんで、「台南巷框」という挿絵がたくさん入った本を見つけ、手…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

台南街歩き 2019.1 ~その1~

今月、台南の街を一人旅しました。 前回の記事は、旅の最後に台北へ寄った時のものでした。 台南には台北から日帰りでは数回来たことがあるのですが、この街の「時が止まったようなのんびり感」に浸るためには日帰りでは無理、と実感しました。 ただし市内は地下鉄などもなく、地元の人はバイク、旅行者はタクシー・バス・徒歩が主となっています。 …
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

日本人名を冠した月桃 in台北植物園

先週、台湾の台南と台北へ行ってきました。 台南から台北に行くと人が多くて疲れるのですが、都会のオアシスはやはり植物園。 台北植物園は2度目なのですが、今回は割とゆっくり観られたので、有意義に過ごせました。 台北植物園の中の「(月辺に昔)葉館」(植物標本館)を訪れました。 もともと1924年(大正13年)に建てられ…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

ハノイで見かけた花・植物

1週間前になりますが、ベトナム、ハノイに行ってきました。 短い時間でしたが、食事がおいしくて建物も素敵で、11月後半で気候がよくて快適でした。 スマホのGPSを頼りに移動しましたが、バイクの多さが半端ではなく、旧市街とその周辺は信号があっても機能していないことが多かったので、動くバイクをぬって歩かなければならず本当に疲れました。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ライン川沿いのブドウ畑とワイングラス

フランクフルトから鉄道で朝リューデスハイムまで行き、観光クルーズの出発時間までの間、ブドウ畑を散策しました。 ゴンドラは10:00~でしたが、散策もいいと聞いたので、ぶらっと歩いてみることにしました。 これがまた、よかったのです。 白ワインをつくる、ブドウです。 畑の中に侵入することなく、こんなに近くで観ることができました。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハイデルベルク、リンブルクの散策で出会った植物

素人の植物好きとしては、国内外問わずですが、旅行へ行くと可能な限りその地の樹木や草花の素人向けの本を買ってきます。 意外と探しても手に入らないことも多く、これだと思う本と出合うチャンスは貴重です。 今回、2冊の本を買うことができました。 今回のドイツ旅行は個人で鉄道での移動をしましたが、車窓からの景色がとても面白く、フランクフ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ドイツパスで日帰り、ブリュッセルで花の祭典に・・・。

連休を取って、ドイツへ行ってきました。 フランクフルトに4泊したのでさほど遠出はできませんでしたが、フランクフルトを拠点にしてドイツ鉄道で思うままに綺麗な街並みや自然を観ることができました。 8月15日、この日はフランクフルトを出てブリュッセルまで行ってきました。 ドイツパスで、フランクフルトからブリュッセル南まで行き、各駅停…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

台湾 鹿港の老街のグリーン (+鹿港行バスアクセス情報)

今年の台湾シリーズその2です。 台北から新幹線で高鐵台中駅に出て、台湾好行バスで鹿港の老街などを楽しんできました。 色々ありましたが、ここではガーデニングに特化しましょう。 バイクが猛スピードで行き交うのは台湾のどこでも見られますが、九曲巷というところは細い小道が楽しくて、静かで素敵でした。 ただし、ここへのアクセスはちょっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

冷や汗、秘境・安波のタナガーグムイ植物群落

沖縄本島にリフレッシュしに行ってきました。 その際、秘境と言われる、国指定文化財天然記念物の安波のタナガーグムイ植物群落に興味をそそられました。 沖縄へ行くと、ガジュマル、アダン、フクギ、月桃がのびのびと大きくなっている様子に興奮します。 月桃は自宅で種まきをして、生きてはいますが花はとても咲きそうになく、地元の綺麗な月桃の花…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

2016年1月の台北その1  鶯歌、三峡と「緑」。

台北市内と郊外を歩いてきました。 長期休暇がとれなくてもさっと行かれ、このところ年に1度は行っています。 今回、台北・松山空港でsimフリーカードを購入し、simフリーのipadmini4を3日間手放さずにネット情報を頼りにあちこちを巡りました。 本当はもっと書きたいことは山ほどあるのですが、ミントのみんでは植物のことを中心に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジベルニー後のオランジェリーとオルセー美術館の「睡蓮」

パリからジベルニーへ行き、モネの庭に浸りました。 色が綺麗で、なんとも言えない雰囲気がありました。 手入れの方たち、一生懸命やられていました。 この後、モネの睡蓮の絵を観に行きました。 パリの美術館はほとんどがノーフラッシュでの写真撮影OKなのは、後から楽しめて鑑賞者にとってとてもうれしいことだと思いました。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ジベルニーのモネの庭

パリから約80km、ジベルニーまで足をのばしました。 この時期に訪れたのは、休みが取れたということはありますが、バラが満開、睡蓮も見られるだろうと思ったことからでした。 パリの渋滞、人混みとは別世界のように静かで、お天気にも恵まれ、夢のような「小宇宙」に足を踏み入れることができました。 家の前にはたくさんの種類のバラ。また数え…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

6月のバルセロナの植物 ~その2~

バルセロナのその1に続きます。 ヨーロッパは窓辺を綺麗な花で彩っているところが印象的ですが、バルセロナで一番気になったのは、窓辺の植栽にアスパラガスが多く使われているところです。 観賞用アスパラガスはとても丈夫で育てやすいとは思いますが、日本ではここまでアスパラを窓辺に植えている様子は見かけたことがありません。 我が家…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

6月のバルセロナの植物 ~その1~

休みを取って、バルセロナとパリへ行ってきました。 ずっと天気に恵まれて快適でした。 バルセロナではガウディーの建築をいくつも見ましたが、その自由な発想には驚くばかりで感動しました。 でも、建築やサッカーはその筋の方にお任せしましょう。 日本ではなかなか見られない花や植物があると「反応」してしまうので、書きたいと思います。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

台南・安平のガジュマル

前回の記事の続きです。 台南の西の安平にある、安平樹屋というところへ行きました。 ここは、ガジュマルが倉庫の建物を食い尽くしている状態がよく観られます。 安平は台湾で最初の1865年に開港し、外国商人が安平に商社を設立しました。 その後「大日本塩業株式会社」の倉庫となりましたが、戦後台湾製塩の所有となった後事務局が移転し、倉…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

台南・安平歴史保存地区の住居周辺のガーデニング

先日、台湾へ行ってきました。 羽田からアクセスしやすく、毎年訪れているのですが、回を重ねるにつれ、人の優しさ・気候や文化の違いの面白さにはまってします。 今回はほぼ2日しか居られなかったのですが、横浜より10℃も暖かく、それだけでも快適でした。 でも特に台北では、風は強かったものの日本の底冷えとは違うにもかかわらずダウンコート…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

旅先での植物本 ~その3~

旅先で買った植物の解説本から、一部を取り出してみています。 「その1」「その2」からの続きです。 自然が素晴らしいだけでなく、行ってみて「これは素晴らしい」という植物園に出会えることがあります。 これらは、その一部です。 京都府立植物園と、六甲植物園の解説本です。 京都府立植物園の本は、もう10年近く前に購入したもの。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

旅先での植物本 ~その2~~

旅先での植物本「その1」からの続きです。 旅先で、現地の人の目線で書かれた植物の解説本を買う楽しみについて、書いています。 これらは、沖縄で買った植物本です。 植生と文化の違いを知ることにつながり、とても興味深く、楽しく読んでいます。 右側の「沖縄の野山を楽しむ植物の本」は、植物の名前には沖縄の方言名での記載もあり、各植…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

旅先での植物本 ~その1~

横浜は急に涼しくなって、過ごしやすくなりました。 災害に遭われた方々には、心からお見舞い申し上げます。 さて、先日出かけた八幡平で「花の山 八幡平の花」という植物の解説本を買いました。 もちろんAmazonなどでも買えるのでしょうが、この手のものは行った先で買って、そこで植物と合わせながら見る、帰ってきてから撮った写真と見合わ…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

岩手の道の駅でゲットしたもの。

岩手県を旅行してきましたが、帰宅して現実に戻ってからは、時間を見ては写真やパンフレット、買ってきたものを眺めてにやにやしています(笑)。 思うがままにあちこちへ行ったのですが、 自然に囲まれたここ種山ヶ原は宮沢賢治ゆかりの地で、今はキャンプ場があり、立派なコテージも建っていました。 ここには立ち寄っただけですが、ここでお天気が…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

八幡平山頂付近の「花あるき」

職場には無理を言って連休を取り、2泊3日で岩手・花巻へ行って宮沢賢治の世界に思いっきり浸ってきました。 気分と状況次第で行き先を適当に変えながら、現地でレンタカーをして、面白い旅行ができました。 雨が続きましたが、最終日の昨日は曇り時々晴れという天気。 ほんの2時間程度でしたが、八幡平を歩きました。 一番目に付いたのがオオシ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京都・上賀茂神社と社家町の散策

用事があって、京都に一泊してきました。 この時期の京都の暑さはよく知られてはいますが、この前日に行った大原でさえ、涼しかったのにガラガラでした。 京都・北山に住んでいる叔母が、ここ「上賀茂伝統的建造物保存地区」へ車で連れて行ってくれました。 「社家町」とはこれか、と声をあげてしまうほど独特の雰囲気があります。 「社家」とは、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

台北植物園をちらっと。

帰国後、普通の生活に戻っています。 今回、台北植物園へ初めて行きましたので、ちらっと書きたいと思います。 本当は蓮の時期に行きたかったのですが、蓮池の蓮は殆ど「休み」の状態でした。 この時期、カエンカズラ、ヨウテイボクの一種、白梅(とても小さい花)、ブーゲンビリア、ツツジの一種などは咲いていたものの、あざやかな花はあまりありま…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

台湾・高雄をちらっと。

台北から新幹線で、高雄へ日帰りで行きました。 快晴で汗ばむ陽気でした。 植生を楽しむには、もっとゆっくりしたかったというのが正直なところでした。 台北植物園では葉も殆ど枯れていた蓮でしたが、ここ高雄の蓮池潭はそこそこ元気で、綺麗な花を咲かせていました。 白鷺が蓮のところで綺麗な姿を見せてくれて、のんびりできました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

台湾・平渓線の旅(2)

台北に滞在しています。 平渓線の旅(1))の続きで、にわか乗り鉄になっています。 平渓でも降りて、周囲を歩きました。 これは、駅ナカショップ。 私たちは青桐で竹筒に願い事を書いてきましたので、ここはスルーしましたが、各駅にあるスタンプはしっかり押してきました。 周囲の自然はこんな感じで、これだけでも刺激的です。 クワ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

台湾・平渓線の旅(1)

@台湾です。 この国の文化、自然、人の温かさが好きです。 特に植生の違いを楽しみながら歩くと、目に入るもの全てがとても新鮮です。 台北から台鉄で北東部へ行き、情緒ある平渓線に乗り換えて、気ままに一日ゆっくりしてきました。 これが乗車券。 行きは時間が早かったので空いていて、台鉄の自強号も指定なしでしたが座れましたし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

沖縄<5>・本島の印象に残った植物

さて、4月30日に戻りましたが、多くの植物との出会いがありました。 限られた時間の中で、殆どの植物を泣く泣くカット(苦笑)してきましたので、そのほかに印象に残った植物やその風景に触れたいと思います。 今帰仁城から北側のビーチを見たところです。 今帰仁城は、広大で力強く、すばらしかったです。 鉄砲ユリは、我が家の周囲でも種が飛…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

沖縄<4>・東村・慶佐次のマングローブ林

沖縄本島はここ5年の間に3回目なのですが、マングローブ林は初めて。 干潮時刻まで1-2時間、という時間帯に行きました。 カヤックなどに乗ったわけではなく、遊歩道を歩いただけですが、私なりにじっくり観ることができました。 この周辺は他のビーチとは海や浜の色が違います。 ヒルギの足元は複雑です。 右下の部分でわかる…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

沖縄<3>・国頭の大石林山→辺戸岬の植物

さて、前記事の沖縄・国頭の比地大滝から、大石林山から辺戸岬を経て、東村へ行きました。 ソテツが茂る大石林山から辺戸岬を眺めたところです。 うっすら雲がかかっていたので、残念ながら与論島は見えませんでした。 大石林山は2度目ですが、亜熱帯カルスト地形で変化に富んでおり、石の形も面白くて、楽しく歩けます。 でもほとん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more