テーマ:ユリ科

八重咲きチューリップ`オルカ’が華麗に。

今日は自宅で過ごすことにしました。 ゆっくり庭仕事をしていなかったので、思っていたよりずっと早く花が咲き進み、草が茂ってしまいました。 華やかな花も、地味で可愛い花も、みんな愛してる~、と思うと、たまっていたストレスがだいぶ放たれたような気もします。 一度外した月桃の寒さ避けも、先週の雪の直前に再度被せてあげたのは大正解でした…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今年もピンクの百合の季節・・・。         #ユリ

あっという間に時間が過ぎ、庭の大きな百合が咲きました。 以前、別の場所にもう少し濃いピンクの百合を10年以上育てていましたが、さすがに消えました。 同じような百合で色が少し薄いものを、反対側に植えました。 私の背と同じか少し高い位あり、花も直径20cm近くあって、朝部屋のカーテンを開けて、百合で目が覚めます! これが、「梅干…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

表情が変わるチューリップと三時に咲く花

前回の記事のチューリップ、白い花びらの端だけが赤かったのですが、咲き進むにつれて全体が赤くなりました。 まだ持っていて、面白いなあと思ったのでここにUPします。 後ろに映っているのは、無事に越冬した月桃です。 今年は防寒対策を施し、なにより積雪がなかったことが大きかったのだと思いますが、こんなに無事だとは感激しています。 今…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

私が選んだ庭のピンクのチューリップ2種

自分が育てたチューリップ。 秋に自分で球根を選び、植える場所や植え方を決めるので、芽が出ればうれしいし、蕾が付けば季節を感じます。 チューリップの存在感はどうしてこうも違うのかと思います。 庭のものはそれなりにこだわって選んでいることもあって、外でみるチューリップとはまた違うのは確か。 庭は数種のチューリップがありますが…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

早咲き八重咲きチューリップとカメコの散歩♪

我が家で一番に咲いたチューリップ、球根を買った時のラベルを見たら、やはり早咲き品種でした。 「八重咲きチューリップ ホワイトヴァレー」と書かれています。 球根を植えると、開花がうれしいものです。 今朝、開き始めました。 花びらの外側に緑が残る、という品種です。 外側に緑が残ってもう少し黄色の強い、早咲きでない品種を植えたこ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

雨後のトランペットリリー

紫陽花も綺麗ですが、ユリはやっぱり豪華です。 朝カーテンを開けると、大きなトランペットリリーが一日の始まりを告げてくれます。 昨夜はかなり雨が降り、朝には上がっていました。 自然が生み出した姿。 「スポイトで水滴を落として花を撮影⇒インスタ映え」も流行り?のようですが、私は全然違います。 自然が生んだ一瞬の感動…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

庭のチューリップと春の時間               #チューリップ

あちこちでチューリップが満開になり目の保養にいいのですが、庭に球根を植え育てて咲いたチューリップは、どこかの公園などの豪華なチューリップの絨毯とは全く違う意味を持っています。 もちろん自己満足の世界なのですが、球根から育った大きなチューリップの花の存在感はとても大きいものです。 花の開閉はわかりやすいのですが、写真を撮りながら見…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

5年目の原種系チューリップの花の開閉            #チューリップ

自分のblogを調べると、植えっぱなしで5年目になる原種系チューリップ クリシアナ・シンシア。 我が家の原種系は草丈が低いものが多いのですが、これは中くらいです。 春、チューリップが強風に吹かれる様子を見るとかわいそうと思ってしまうのですが、昨日、今日の強風は気になります。 でも原種系はシンプルで花が軽く、豪華なチューリップに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ピンクのトランペットリリー

以前、何年も咲いた大輪のユリが消えて2-3年。 やはりこんなユリが好きなのか、同じような種類で、少し淡い色の花の球根を植えました。 この手のユリは、蕾が鳥のくちばしのようで、これを観るのも楽しみの一つです。 しべです。 開き始め。 花粉がたくさん出ています。 だいぶ受粉できたかな。 スギの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

色の濃さが大きく変わるチューリップ「サルボ」

昨秋初めて、「サルボ」というチューリップの球根を植えました。 やわらかい雰囲気「でした」。 3球植えて、それぞれ個体ごとに色が違うのは、個性でしょう。 世界に一つだけの花、ですから。 薄目の色は、やわらか。 ちょっと濃い目の色も。 でも、これはその翌日・・・。 色が少し濃くなりました。 日の当たり方で色が…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

原種系チューリップ2種

やっと冬物をクリーニングに出せたと思ったら、春もだいぶ進んできました。 庭にもチューリップが咲いています。 特に原種系の植えっぱなしチューリップは気楽で、花や葉もこぶりですが、周囲になじんでくれます。 我が家は水はけがとても悪く、チューリップの球根は腐ってしまうことが多いのですが、原種系に限っては植えたままで大丈夫。 余計な…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

江戸の華ホトトギスと、ホトトギスいろいろ。

ながーく咲いている、庭のホトトギス。 そろそろ終わりに近づいています。 これは、庭の「江戸の華ホトトギス」。 明るい色合いで、中の黄色っぽいところがちょっと都会的な感じがします。 踊るような花の付き方も、なかなか。 こちらは、お隣さんから入ってきている、ごく普通の台湾ホトトギス。 ただよく見ると、こちらも中が黄色…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

オリエンタル百合と花粉

我が家のすぐ横に見えている、お隣のピンクの百合。 お隣とのよい思い出のある花です。 たぶんオリエンタル系の百合だと思いますが、とても華やかです。 我が家にも、すぐ近くの位置に以前似たような百合があったのですが、消えてしまいました。 これと花の色も花粉の色もそっくりでしたが、我が家の場合は洗濯物に百合の花粉が付いてしまい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

踊る、チューリップ。

毎年、特徴のあるチューリップを少しずつ植えています。 我が家は今年、チューリップの開花が割と遅く、やっと咲きそろいました。 前回から続きます。 オレンジのバレリーナ。 これが咲き始めると、名づけの意味がよくわかります。 バレリーナが綺麗に踊っている姿が浮かびます。 こちらは、植えっぱなしの原種系。 表情がよく変…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

春を感じるチューリップ

気に入っている、グリーンイエローのチューリップです。 今年はやや遅めの開花です。 雨が多かったり、庭の花を撮れるタイミングがなかったりですが、これも花との「縁」なのでしょう。 球根から咲く花は、買ってきた年はまず咲くのですが、翌年が問題です。 我が家はとても水はけが悪く、チューリップは春後に腐ってしまうことが多い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ホトトギス数種

庭の金木犀が開きだしました。まだ香りはわずかですが、秋を感じます。 ホトトギスも庭に咲いています。 タイワンホトトギスで2種だと思っていたのですが、よく観ると3種類になっているようです。 この青っぽい品種は、3年前に購入したもので、「江戸の華ホトトギス」と書かれていました。 実はあまりホトトギスの柄が好きではなかったので…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

庭の江戸の華ホトトギス

庭のホトトギスが沢山咲いてきました。 我が家のものは、「江戸の華ホトトギス」という台湾ホトトギスと、お隣さんから進入(笑)してきたこれまた台湾ホトトギスの2種類です。 挿し木で容易に付いて、丈夫で半日陰でOKと、うれしいことばかりのホトトギスですが、昔はどうもこの「柄」に抵抗がありました。 ただ、この時期になると周囲にたくさん…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

チューリップ‘バラード’

ちょっと女性的なチューリップ、バラードがやっと咲きました。 なかなか咲かず、遅いなと思っていたら、このチューリップは晩生種。 今頃咲くのは、一応標準のようです。 この緑色の入ったチューリップはスプリンググリーンだったかしら…、やっと1つ開花しました。 これも晩生種で、横のもののような蕾が沢山あります。 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

素朴な、原種系チューリップ

春が全速力で駆け抜けています。 「朝、カーテンを開けるのが楽しみ!」って、断然一日のスタートが気持ちがいいものです。 植えっぱなしの原種系チューリップが咲いています。 クルシアナ‘シンシア’。 お日様のシャワーを浴びて、気持ちよさそうです。 朝一番はこんな顔。 表情の違いが楽しみです。 こちらはリトル…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

江戸の華ホトトギス

昨年手に入れて、庭で根付いた「江戸の華ホトトギス」です。 ホトトギスって丈夫ですが、よく見ると幻想的で綺麗な花を付けるものだなあと思います。 お隣さんから一般的?なホトトギスが入ってきているので、ちょっと違う種類のものが欲しくなり、また「江戸の華」というラベルを見て、江戸園芸を連想し、昨年、衝動買いしました。 でも実は…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

華やかなオリエンタルリリー

元気が出るようなユリが咲きました。  優しい色ですが、華やかです。 ・・・・と、こんなに近くなのですが…。 実はお隣さんが境界近くに植えられたもの。 あまりの美しさに、こちらが乗り出してしまいました(笑)。 オリエンタルリリーの、ソルボンヌかなと思います。 ご旅行中のお隣さんに、後で声をかけなければ。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

白・オレンジのスカシユリ

ユリの季節になり、あちらこちらで色々な種類のユリが見られます。 以前あったユリの一つはいつのまにか消滅…。 一昨年の秋に球根を植え、2回目の花を付けた小ぶりのスカシユリが結構気に入っています。 かわいらしく、草丈も高くないので扱いやすい花です。 「新聞屋さんにもらった」と言われて譲っていただいた球根からの花です。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

グリーンのチューリップ‘スプリンググリーン’

庭の水はけが悪く、チューリップの球根は花後にリッチに太らないので、だいたい毎年買い替えます。 それで、意識はしていないものの、同じような品種を買い求めていることに、昔のblog記事を見て気付きます。 自然な感じのこのスプリンググリーンも、大好きです。 ただ、5本あったのに、私が別の鉢を落としてつぼみのうちに1本折ってしまいまし…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

躍動的な、オレンジのバレリーナ

洗練された曲線が美しい、バレリーナです。 躍動的です。 何かにとらわれることなく、自由に解放しているかのよう。 でも、センスや品がそなわっています。 チューリップは、日の当たり方で顔が全く変わります。 日が陰っているときには、ちょっと落ち着いたバレリーナも・・・。 日が当たれば、高く跳びあがるような表情も…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

原種系チューリップ クリシアナ・シンシア

一度に多くの種類の花が咲いてしまいました。 とくに好きな花をアップしていくつもりですが、やはりチューリップは大好きです。 昨秋初めて植えた、原種系チューリップのクリシアナ・シンシアです。 花弁の外側はバイカラー。 リンゴの皮をむいて、お弁当用によくつくった「うさぎ」を連想しました(笑)。 すっとしていて、聡明なイメージ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ふわふわ、ピンクの八重咲きチューリップ

今日は、風も陽射しも強い日曜日となりました。 「この週末は雨風が強くなる」ときいて対策を施しておいたからか、多少乱れてはいるものの、なんとかチューリップは持ちこたえてくれました。 これは大好きな、ふわふわ~っとした、八重咲きのピンクのチューリップです。 昨朝は1輪しか咲いていませんでしたが、今日は5輪開きました。 昨夜は…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

うれしい吉祥草

先日レモンユーカリや金木犀を剪定し、庭掃除をしたら、足元に吉祥草が花を咲かせていることに気付きました。 花は5cm位の高さで葉の中に埋もれています。 吉祥草は縁起物のようなので、花を見つけるとうれしくなります。 地下茎でどんどんふえてしまうので、あまり広がりそうになると抜いてしまいますが、花が咲くととても可愛らしく、感激し…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

踊るチューリップ

庭のチューリップたちです。 踊るチューリップ‘バレリーナ’です。 躍動感にあふれています。 毎年、背の高いチューリップは強風でやられてしまうのを見るのが辛いのですが、今年は例年とは条件がだいぶ違うようです。 これは、ブルーダイヤモンド。 咲き進むと紫色が強くなります。 こちらはファンシーフリル。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

かわいい、原種系チューリップ

今年は春が来たのが遅いせいか、一度に花が咲き、うれしい悲鳴を上げています。 大好きな原種系の小さなチューリップ・フミリス‘リトルビューティー’と‘ペルシャンパール’が、小鳥のように咲いています。 チューリップ・リトルビューティーと、雲間草です。 ここのチューリップは今年植えましたが、踏みつけ防止のために、あとから雲間草…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ギボウシの蕾は、美味しい!

ギボウシが、花を付ける時期になりました。 このギボウシは数年前に株分けしたものです。 葉が涼しげで、日陰を「気持ちの良い場所」にしてくれます。 花が咲くと、さらに涼しげです。 花はあまり注目されませんが、よく観ると繊細で綺麗です。 こちらは、株を分けた元の株で、まだ蕾の状態です。 オオバギボウシは庭にあると忘…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more