ミントのみん

アクセスカウンタ

zoom RSS 江戸の華ホトトギス

<<   作成日時 : 2013/10/17 07:36   >>

トラックバック 0 / コメント 7

昨年手に入れて、庭で根付いた「江戸の華ホトトギス」です。

画像ホトトギスって丈夫ですが、よく見ると幻想的で綺麗な花を付けるものだなあと思います。

お隣さんから一般的?なホトトギスが入ってきているので、ちょっと違う種類のものが欲しくなり、また「江戸の華」というラベルを見て、江戸園芸を連想し、昨年、衝動買いしました。


画像でも実は、「江戸の華」ホトトギスは、台湾ホトトギスの一種だそうです。

こちらに、ホトトギスについて詳しい情報があります。

台湾ホトトギスは「長く伸びた花茎の頭頂部で四方に分岐して花を付ける」ことも特徴だそうですが、言われてみればなるほどと思います。


画像金木犀のすぐ近くの日陰に植えました。

少し前まで、金木犀のオレンジシャワーを浴びていました。


こちらは、お隣さんから入ってきているホトトギス。
画像いつの間にか、我が家の花になっています(笑)。

品種はわかりませんが、1つの花だけをみると、うちのものとあまり変わらないように見ますが、付き方が違いますね。


画像これも、上と同じです。
ちょっと、雑草と一緒になっています(笑)。

ホトトギスは挿し芽で付きやすいとは知っていましたが、秋を感じるのに「強健」で、頼もしさを感じます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
江戸の華ですか。可愛いのに出会われました。青龍を赤くしたような姿です。それにもっと可憐な咲きかたです。お隣さんのがもしかしたら青龍かもしれません。
kazuyoo60
2013/10/17 09:03
kazuyoo60さん、
教えてくださって、ありがとうございます。
ホトトギスの品種はよく知らないのですが、似ていますが、比べるとちょっと違うのです。
品種改良には苦労があるのでしょうが、観賞は楽しいです。
ミントのみん
2013/10/17 17:51
鳥の名前と同じなのですが、何で春から初夏の鳥の名前なんだろうと思って調べてしまいました。白地に黒色の縞模様っぽいところが、ホトトギスの胸からお腹の模様に似ているからとのことでした。そういわれてみると似ていますね。これから寒くなる時期に咲く花に、これから暑くなる頃に現れる鳥を思い浮かべたのかなぁ。風流ですねぇ。好きな花になりました。
両国ken
2013/10/17 21:03
連投すみません。鳥のホトトギスは、「ホトトギス」或いは、「東京特許許可局」という感じで大きな声で鳴きますが、姿はなかなか見ることができません。昔の人は、双眼鏡もない時代にホトトギスの姿、色、模様をしっかり見ていたのでしょうね。人と鳥の距離感が違うなぁと感じました。
両国ken
2013/10/17 21:16
両国kenさん、
わ〜い。こんばんは。さすがです。
実は花のホトトギスの名前を知ったのはもう随分前ですが、最初ちょっとした違和感を感じたのでした。
でもその後は、そのままスルー、でした。
風流というか、不思議というか。
それにしても花の「ホトトギス」の名前、いつ付いたんでしょうね?
もともと日本を含む東アジアの花ではあるようですから、古いんだろうなあ・・・。
ミントのみん
2013/10/17 21:47
日当たりの悪いうちの庭で藪のように元気なのがホトトギスたちです。
そうそう、台湾ホトトギスがはびこるからと、わたしも3年ぐらい前に『江戸の華」と『松風』という品種を買ったら、台湾ホトトギスの改良と書かれていてがっくりしました^^

台湾ホトトギスほどではないのですが、しっかり根付いています^^やはり強いんですね〜〜
われもこう
2013/10/22 23:18
われもこうさん、
温かいところのものなのでしょうが、寒さにも強くてなかなかの植物ですよね。
ホトトギスも色々な品種があって、調べると面白いです。
ミントのみん
2013/10/23 22:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
江戸の華ホトトギス ミントのみん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる