ミントのみん

アクセスカウンタ

zoom RSS 台北のマッサージ店で、可愛い「芽」に遭遇。

<<   作成日時 : 2017/01/11 22:08   >>

トラックバック 1 / コメント 3

今年の台湾の記事、その3です。
先日の台北で盛り上がったこと。

宿泊したホテルのすぐ近くのマッサージ店へ行きました。
ここは女性の施術者のみでネットでの評判もよかったのですが、実際に足と全身のマッサージをお願いし、とても丁寧で内容が伴っていました。
雰囲気もよくて、もう1回行きたかったなあと思っています。

最初と最後にお茶が出るのですが、終わってお茶をいただくときに、テーブルにこんな可愛い鉢が。
画像

これは、「ここで何かの種を蒔いたのだ」と確信した私。
何なのでしょう。

マッサージをしてくれた女性に「これは何の種を蒔いたのですか?」と質問してみました。
スマホの変換ソフトは便利です(笑)。

すると4人くらいの女性が喜んで出てこられ、説明が始まりました。

紙に「柚子」と書かれ、「え?」と驚いていたら、奥にいた女性が皮と種をもってきてくださいました。
画像

え?柚子?
皮をお皿代わりにしているのを見た瞬間、文旦ではないかと思ったのですが、私の知っている文旦はもっと皮が分厚いし、何か少し違いがあるような気が・・・。
「日本の柚子はもっと小さいのか?」と聞かれたので、「(鬼柚子などのように)大きい品種もあると思うけれど、普通はもっと小さい」と言いましたが、柚子の香りはしなかったのです。

「もうこれの時期は終わりなのだけど、少しあるから食べてみて〜」と中身も持ってきて下さいました。
画像
・・・柚子って普通、食べないでしょう!?
1房、いただいてみました。
私が普段食べる文旦とは少し違いましたが、おいしかったです。
文旦ではないと否定するところまではいかないけれど、少なくとも柚子ではないな、と思いました。
また、実に少し赤味のある部分がありました。

後からわかったことですが、ネットを調べてみると、台湾の「柚子」は日本の柚子とは違い、ほぼ文旦と同じである、とのこと。
柚子=文旦と考えても大きな間違いはないようです。
こちらや、こちらの情報を参考にされるとわかりやすいかと思います。
私が今の時期にいただく土佐文旦は球形ですが、台湾の文旦は瓢箪型のものがメインのようで、中秋節に食べるのだそうです。
瓢箪型なので、皮を頭にかぶせて帽子にして遊ぶようですね。
2か月くらいは美味しく食べられる、ということなのですが、さすがに台湾では時期的にはもう終わりで、ほとんど秋に食べてその時に出た種を蒔いたのでしょう。

そういえば「文旦?」と聞いた時に「うんうん、柚子!」と言われたので、文旦ですね!

ということで、思わぬ盛り上がりに私もうれしくなりましたが、お店の女性たちはさらに盛り上がって、他の鉢を見せてくださいました。
こんなことを聞くお客は初めてだったのかもしれません(汗;)。
画像

果物の種を蒔いてインテリアにするなんて、なんて素敵なのでしょう。
私、こういう発想、大好きなのです。

店の入り口にも・・・。
これ、鉢がまた素敵なのです。
画像
鉢は、重要ですね。

食べ終わった種でのこんな楽しみ方は素敵です。
この後どうするのかは敢えて聞きませんでしたが。

帰宅して早速文旦の種を捨てずに取り残した、単細胞の私です(笑)。
画像


さて、でも台湾の柚子と日本の文旦はやっぱり違いはありますが、違いがわかるって面白いです。
それよりなにより、もしもうちの文旦が発芽して可愛い新芽を飾ったら、ここでの楽しい出来事を思い出せそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
台北の新芽鉢を真似してトライ。文旦の新芽!
自家製カイワレのようなスプラウトは、観て楽しんでから食用にする場合が多いと思います。 これは食べられない新芽ですが、鉢(容器)や植え方でこんなにも楽しめた、という話です。 ...続きを見る
ミントのみん
2017/04/15 21:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
その土地土地に合った植物があること、同じ漢字文化で名前が似てても非なること。外に出ないと分からない新鮮な驚きです。みんさんの台湾の記事新年早々楽しく拝見しました。
みんさんならではの目の付け所。マッサージ店でお店の方と盛り上がる♪軸足がしっかりしている証拠です。
文旦の芽がうまく出て素敵な鉢に出会い、アップされる日を楽しみにしています。
honeyone
2017/01/12 09:25
柚は葉にも香りがあります。柑橘には違いないようですね。奈良でブンタンが並ぶことは殆どないですが、美味しいですね。
その文旦の種から実るのは何年先でしょう。夢が膨らみますね。
kazuyoo60
2017/01/12 11:21
honeyoneさん、
うれしいコメント、ありがとうございます。そんな大げさなことではないのですが、好きなことに自然と目が行きますし、これがあるから旅行は楽しいのだと思いました。

kazuyoo60さん、
私は知り合いから高知の文旦を送ってもらえることがあって今うちにあったので。
種を蒔くって、こんな楽しみもあるのだと思うと、うれしくなりました。
ミントのみん
2017/01/12 21:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
台北のマッサージ店で、可愛い「芽」に遭遇。 ミントのみん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる