ハオルチアなど、多肉の変わった花たち・・・。

蒸し暑くなってきました。 蚊も出てきたし、ちょっと動くと汗だくになります。 家で過ごす日はいろいろと別にやっていたこともあり今年はガーデニング作業を地味にしていたのですが、変化の少ない多肉植物に動きが出るのはこの時期です。 以前、株分けして数が増えたハオルチア・オブツーサ(雫石)。 8年前に買った後、1年半前に株分けした時の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雨の中のキングローズ

雨で水を吸ってしまうバラ、ちょっとかわいそうです。 でもこのバラは小さいし、まだ散るところまで行っていないので、うまく雨水を下に逃がしている印象です。 キングローズ。 お隣にいらしたMおじさまがご存命のころ、挿し木して下さったもの。 丈夫で綺麗です。 雨で垂れ下がってしまっている時に撮るというのもどうなのかという感…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

可愛いバラ、2年目のローブリッター

蒸し暑くなってきました。 3-4年前に知り合いからもらった種から、花後自然に種が散って毎年咲く千鳥草の命をつなぐ力に脱帽しました。 あちこちに種が散るので、思った位置には咲かないのですが。 やっぱり植物ってすごいと思いながら庭を見ています。 さて、一昨年小さな苗で買ったローブリッター。 日陰にあるからか成長が遅めではあ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

植えた覚えのないバラが、一気に数メートルも伸びて・・・。

昨秋、バラ`ピエール・ド・ロンサール’の後ろ側から、シュートのようなものが出てきていることに気づきました。 もっと前から出てきていたのかもしれないのですが、気づかなかったのです。 シュートはものすごくしっかりしていましたが、場所的にお隣との境界の手前からお隣に向かって伸びていて、手前に戻すように縛りました。 その後冬の間は忘れ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

16年経ったジャーマンアイリスと6-7年のダッチアイリス

アイリスの季節になりました。 このジャーマンアイリスはかなり前に植えたものが細々と根茎で移動して、ちらちら咲いています。 何もしないのに、すごい生命力だと思います。 このblogの2006年のジャーマンアイリスの記事に、根茎でもらったものが「一昨年初めて咲いた」とありました。 2004年に初めて咲いたことになるので、もう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カラーの花と大船観音が似ている!

10年以上前にお隣さんに分けていただいた、湿地性のカラー(オランダカイウ)。 ふえて沢山咲いた時期もあったのですが、最近では土を掘り返してしまって、花は3-4本しか咲きません。 でも、存在感のある変わった花が咲くと、初夏の気分でうれしくなります。 2010年のカラーの記事に、「花と言っても、白い部分は「花弁」ではなく「苞」で、…
コメント:2

続きを読むread more

風雨に耐えたチューリップと、タンス種子。

昨日の強い風雨に、出しっぱなしにしていた高いプランタースタンドが倒れてしまいました。 ゼラニウムの小鉢が割れ、グリーンネックレスがずたずたに切断され・・・、寄せ植え多肉が真っ逆さまになっていました。 でもこのチューリップは耐えました。 咲き始めが遅かったからでしょうが、感動したので、朝パチリ。 左手前が先に咲いていたもの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ちょっと遅めの原種系チューリップ

我が家の周囲では、すでに藤の花が満開になって驚いています。 香りが良くて、早い訪れもいいものですね。 我が家でも早い花は早かったのですが、順序が逆転したのが原種系チューリップ。 普段は普通のチューリップより早いくらいなのに、植えた場所にもよるのでしょうか。 原種系チューリップの素朴さが好きです。 これは植えっぱなしです…
コメント:2

続きを読むread more

八重咲きチューリップ`フォックストロット’、ピンク色の変化!

前々回のチューリップ`オルカ’の記事におまけのように載せた、チューリップ`フォックストロット’。 薄ピンクの花ですが、咲き始めはこのように白くて緑っぽい。 4/4の様子(前々回の記事と同じ)を再度。 一番早くピンクに色づいてきた花。 翌4/5の同じ花です。 結構変化しています! なんか、雰囲気がいい感じ。 今朝…
コメント:2

続きを読むread more

ピカピカのスナップエンドウが成っています。

ご近所さんが蒔いたスナップエンドウとグリーンピースの苗をいくつか、1月にいただきました。 育てるのは初めてです。 狭い場所ですが、庭の日当たりの良い場所に並べて植えました。 少し前から、ピカピカのスナップエンドウが成っていて、うれしくなりました。 土がよくなくても、ど素人でも、ちゃんと成ってくれて、その生命力に脱帽します。 …
コメント:2

続きを読むread more

八重咲きチューリップ`オルカ’が華麗に。

今日は自宅で過ごすことにしました。 ゆっくり庭仕事をしていなかったので、思っていたよりずっと早く花が咲き進み、草が茂ってしまいました。 華やかな花も、地味で可愛い花も、みんな愛してる~、と思うと、たまっていたストレスがだいぶ放たれたような気もします。 一度外した月桃の寒さ避けも、先週の雪の直前に再度被せてあげたのは大正解でした…
コメント:2

続きを読むread more

桜と同じタイミングで咲く、満開のクレマチス アップルブロッサム

毎年、ソメイヨシノと同じタイミングで満開になる、我が家早咲きクレマチス アップルブロッサムです。 今年はお花見は我慢という方も多いと思いますが、我が家の庭のクレマチスをどうぞ。 アップルブロッサム、諸事情で少し縮小したのですが、それでも満開になると賑やかです。 蔓は特に花後に勢いが増し、手に負えなくて切る部分も多くなり…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ハナニラの花びらとしべ

色々、皆さんと同じでストレスも溜まっていますが、こういう時こそ花の力。 いつもの通りというか、いつもの年より早い春の進行で、庭は華やかです。 たくさん写真を撮っても、なかなかblogにアップできないのですが。。。 庭の雑草とも言えるハナニラ。 勝手に出てくるのに、咲くとなぜかblogにしたくなるのです。 でも花が咲くととて…
コメント:2

続きを読むread more

イワヤツデ(タンチョウソウ)の清楚な花

次々と春の花が咲いています。 パッと見て華やかな花もいいのですが、冬の間は地上からほぼなくなる植物が動いてくるのは、地味でも、育て主としてはとても価値のあること。 友人から譲られてから、その姿に毎年感動する、イワヤツデです。 山野草ではありますが、とても丈夫で、上品で清楚な花を咲かせます。 咲き始めから少し時間が経つと花…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヒヤシンスが賑やかに。

ヒヤシンスの花が、満開の少し手前です。 まだ開ききってはいないのですが、不安定な天気で色々な表情を見せてくれたので、楽しくなりました。 香りがとても強くて、しゃがむと引き込まれそうです。 朝は曇っていて、昨夜の雨粒が花に残り、宝石のように見えました。 日差しが出てくると鮮やかになって、元気が出ます。 これもまだ開きかけ…
コメント:3

続きを読むread more

ミニスイセン`テタテタ’、東日本大震災から9年。 

新型コロナの影響で、周囲がピリピリしていて、嫌な影響がたくさん出ています。 せっかく庭の花が沢山咲いているのに。 今日で東日本大震災から9年。 震災後に、被災地と同じ水仙を植えようというスイセンプロジェクトに参加したことで送られてきたミニスイセン`テタテタ’。 私の中では、とても重いものがあります。 あの時主催された柳…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クリスマスローズ数種のにぎわい♪

庭の花は、例年よりかなり早いペースで咲き進んでいるように感じます。 世界中こんな状況の中、花が綺麗に咲いているのを見ると、気持ちが落ち着きます。 庭のクリスマスローズ数種の様子です。 これは花びら(実際には萼ですが)の表と裏のヘリにピコティーという糸状の覆輪がある品種で、ダブルのものです。 もう可愛くてたまりません。 今年…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

挿し木株と親株、沈丁花も香りの競演。

庭に出ると沈丁花の香りがプンプンしてくるようになりました。 クリスマスローズが次々咲き、ヒヤシンスも大きな蕾が上がってきています。 冬咲きクレマチスの花が終わり、羽の付いた種がふわーっと飛んでいきます。 さて沈丁花。 親株は2004年に実家の木を挿し木したものですが、数年前から花が咲くと葉が消耗して黄色くなったり落ちてしまっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オキザリス パーシーカラー

何年か鉢植えにしている、オキザリス パーシーカラー。 秋になると芽を出すので水を遣り始め、この時期長く花を咲かせます。 日が当たるときに花を咲かせますが、開きかけ、閉じかけも筋がきれいです。 上から見ると全然違う顔。 オキザリスは、地植えにしたものもありますが、雑草のように広がってしまって大変なことになっています。 鉢…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

和食器の底に穴を開けて、オリジナル小鉢。

気に入ってよく使っていた和食器。 5客のうち3客は飲み口が結構派手に欠けていて、残りの2客もよく見ると飲み口に傷が・・・。 見かけは悪くないので何とか穴を開けて鉢にしたいなと思っていました。 「食器の底に穴」とネットで情報を集めると、綺麗に開けるには、ケト土などに固定してかなりパワーのある電動ドリルを使い、摩擦熱を避けるた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more