沈丁花香る2月にバッタ発見!?

2月とは思えない、20℃越えのポカポカ陽気。 庭の沈丁花は、大株を昨年処分し、数年前の挿し木した株を鉢で育てています。 香りが強い! 実家の株を挿し木で引き継いでいるので、大切にしています。 大株になった時は、花が小さくなって葉も黄色くなることが多かったのですが、今は小さな株でも花が大きくなりました。 庭の掃除…
コメント:2

続きを読むread more

多肉のクローン物語

ポロンと落ちた多肉の葉から出るクローン。可愛い! これは1月末、多肉の葉のゴミたち。 なんと健気な!! 上のクローンたちを並べると、微笑みが出てしまう・・・。 色々やってますがややこしいので・・・、「狭い場所でもこんなに楽しい!」というマトリックス! 下の左上↓は昨年の今ごろ。鉢にポロっと落ちた蛇のような多肉(若緑か?…
コメント:2

続きを読むread more

バレンタインのバラ

真冬にバラを放置しておくのは本当はもっての外なんでしょうが・・・、結構いいものです。 昨秋、庭に手を入れて、かなりの低木やつるバラ、月桃までを処分しました。 沈丁花は数年前に挿し木をし安定したので、痛んできた本体を処分しましたし、バラのピエール・ドゥ・ロンサールも処分。 ピエールは、挿し木の原木だったノイバラが伸びて暴れてしま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

数種のクリスマスローズ、ユルユルと活動開始!

2月も半ば近くになりました。 秋に植えたヒヤシンスやチューリップも地面から顔を出してきました。 庭のクリスマスローズは20年以上の歴史があって、元々の株の周囲には実生でたくさんの子がふえて花が咲くと超リッチな空間になったものの、2-3年前の夏の暑さで1/3くらいに激減。 お隣さんの株から種が飛んで、白花一重の清楚な株や、それら…
コメント:4

続きを読むread more

こぼれ種でどんどんふえる一年草3種・・・

地面付近の植物の力強さを感じる時期になってきました。 また、雑草はまだ姿が小さい今こそ、「抜き」の適時です! 今なら地面がシーンとしていて見やすいし、暖かくなると根も張って大きくなって数もふえて大変なので、地面をよーく見ています。 するとこぼれ種から、雑草ではなく、好ましい(笑)植物が出ているのを見つけることができます。 雑…
コメント:2

続きを読むread more

見上げると綺麗。何度か株分けしているハオルチア オブツーサ!

以前から好きでしたが、最近ますます多肉植物が好きです。 何といっても扱いやすいのと、姿が変わる速度が遅くて、こちらのペースに合っているのかも。 株分けして、さらに株分けして、またさらにふえていくハオルチア オブツーサ。 真冬での我が家では、ベランダ又は室内の窓辺においています。 1鉢、たまたま置いたところが、リビングのソファ…
コメント:2

続きを読むread more

14年目の原種系クリスマスローズ アウグチフォリウスの花

毎年12月から寒さに耐えて静かに咲く、早咲きの原種系クリスマスローズのアウグチフォリウスです。 1月というと、ミントのみんはなんと2005年1月7日に初めて投稿しましたので、16年以上経過したことになります。 17年目に突入なんて、信じられません。 育てるのが楽しくて、それを誰かと共有したくて始めましたが、当初から植物の生命力…
コメント:2

続きを読むread more

謹賀新年2021 withカメコ

明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします。 いつものものに、いつものように身近な植物を飾り、お正月を楽しんでいます。 トイレもお正月。 例年、コツコツ?冷凍しながら作りためたものを詰め、身近な葉や実を飾って自己満足しています。 家族はおせちをほぼ持ち帰り、家で食べるなどにしました。 手…
コメント:2

続きを読むread more

ずっと同じ鉢のままで咲く、オキザリス・パーシーカラー!

今年もあと1週間あまり。 昨年の今ごろは予想もつかなかった1年となってしまいました。 私のガーデニングは、少しずつ力省労力にしていっています。 大きな鉢は後々大変なのでなくし、大好きだった地植えの月桃も一部を鉢に残して処分。 ベランダのものも断捨離してすっきりしました。 地面には球根類を植えた上にパンジー、ビオラ、スト…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

実生のノースポール、自然にふえて沢山に!

庭もベランダも大掃除しています。 秋にクルクマの球根を掘り上げ、先月パンジーなど春の花を植えました。 昨春に植えたノースポールが実生で沢山出てきていて、レンガの隙間からの雑草のごとく生えていました。 ノースポールは種が散ってよく出るので、1回買ってから数年して出てこなくなってから買うようにしているのです(セコイか?)。 でも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

十何年かの中で最多花になった、シャコバサボテン!

今年はビックリ仰天するくらい、シャコバサボテンが一斉に花を付けました。 花の肥料は多めにやってタイミングもよかったのかもしれませんが、花の重さに耐えられずに大変なことになってしまいました。 毎年花後しばらくして4月に、節を捻って短くして草丈を調整しますが、秋は花芽が付くのでいじらないままにしています。 これ↓は11月半ば。 この…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

思いを守り抜いたつもりで、地植えの月桃の堀り上げ ~その2~

「~その1~」の続きです。 1/3から半分弱の塊根を剥がしましたが、まだ作業はこれからです。 根は、当然のことながら土に絡んでおり、動きません。 「どうしよう」という言葉しかでてきませんでした。 塊根を割りながら掘り出していましたが、ここまで来たら残りはまず周囲からせめて土を取り除いて行けば、根自体は深くないので掘り起こ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

思いを守り抜いたつもりで、地植えの月桃の堀り上げ ~その1~

我が家の月桃。 種から育てて鉢植えから地面に植え、しばらく花が咲かなかったのに冬に防寒対策をして(暖冬が続いたこともありますが)、たくさんの花を咲かせてくれました。 葉で月桃茶を作ったり、料理に使ったりと、南国が好きな私にとって、寒い冬も庭で越冬してくれて楽しませてくれていました。 ところが、ものすごく成長し、葉先までいれると…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

種から育ったプルメリア、花芽なのか何なのか・・・。

プルメリアに花芽らしきものが4つ付いて時間が経っているのですが、少し大きくなってはいるものの、寒くなってきてしまいました。 前回の投稿から1か月半経ちました。 プルメリアの花は、調べると夏に咲くようですが、春から秋の間が開花期のようです。 うちのは、花芽なのか何なのかわかりません。 でもネットで調べるともっと細身の花芽の画像…
コメント:5

続きを読むread more

ハオルチア `五重塔´の株分け

小さな多肉植物の株分けは、力も要らないしすごく気持ちがよくて、ストレス発散にはもってこいだと感じています。 自分だけでなく、多肉植物のストレスも解消するわけだし(笑)。 我が家の「五重塔」ですが、8年前にハオルチア オブツーサと一緒に購入していました。 単なる植え替えは1度していますが、こんなにたくさんの子ができました。 よ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

終盤のシシトウ、もったいないので辛唐辛子として使う。

先週、長く楽しんだシシトウの苗を抜いて処分しました。 実を採ってしまったあとで[「あ、しまった!」と思って撮った写真なので、何もありませんが(苦笑). 苗で買ったのですが、半年近く、たくさんの実を付けてくれました。 シシトウは塩を付けて網で焼く(というかガスレンジで焼くのですが)だけでおいしいし栄養もあるのですから。 毎…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

多肉植物ハオルチアおぶ樹の株分け

ハオルチアの「おぶ樹」、たしか昨年だったか、手に入れました。 2年前のハオルチア(オブツーサ)の株分けの記事が、当blogでアクセスがとても多いことに驚いています。 自然と足元に子供のようなものがたくさんできて、窮屈で形も格好悪くなるのでやってみましたが、順調に成長し、またそれぞれの株がふえようとしています。 こちらのおぶ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クルクマ球根の掘り上げ

今年はかなりふえたクルクマ。 沖縄ではクルクマの球根は安く売っていたのですが、こちらでは苗もそれなりに高いです。 華やかな品種は消えてしまい、ベーシック?な小さい花の咲くものだけになりました。 夏にその強さを発揮してきれいに咲き続け、まだ小さな花が残っていたのでどうしようかと思っていました。 でも一部葉が黄色くなってきたし、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

江戸の華ホトトギス

今日の横浜は一日雨で寒くて、一気に12月になったかのうようです。 庭ですが、今年はふえて仕方のないシュウメイギクやお隣から入ってくるタイワンホトトギスを夏場にかなり抜いてしまったので、これらが少なくて淋しい感じです。 ホトトギスはとても丈夫で刺し芽でもふえやすい植物ですが、あのポチポチの柄は実のことを言うとあまり好きではあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香る、金木犀・・・。

週末から、庭の金木犀の香りが強くなりました。 これこそ、この1週間の季節の香りです。 毎年、10月の第一週というと金木犀ですが、だいたい台風などで一気に散ってしまう年が多いように思います。 ことしは、今のところ平穏。 守ってあげたい気持ちになります。 花を採って、生のまま紅茶に散らすことが多いのですが、食卓には…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more