オリヅルランの原種帰り?

画像
庭にオリヅルランが地植えになっています。どんどんふえるので小さいうちに処分している(^^;)のですが、最近、斑のない、濃い緑の葉のものが出てきました。

左上(奥)にあるのが斑入りの普通のオリヅルランです。
この斑のない葉だと最初は何だかわからなかったのです。隣に植えてあったゼフィランサスの葉にも似ているし、ただの雑草という顔はしていないし。

しかしこれにランナーが出て(右手前にでているものがそうです)、花が咲いたところを見た時、確実にオリヅルランだと思いました。ランナーの先についた葉も緑一色。何かとても妙な感じもします。
やっぱりオリヅルラン、ランナーも花も。

これって、いわゆる「原種帰り」とか「先祖帰り」とか言われている現象のようですね。

ある人にきいたところ、とくにオリヅルランの花が結実して種から育ったものは斑が無いことがあり、この斑のない緑一色のものが原種なのだそうなのです。今回そのためかどうかはわかりませんが、花はもちろん咲いていたし、こぼれ種は落ちそうな位置にあります。
斑入りの葉の花はこちらです。

何かとても不思議です。
斑が入っていないと、ただの雑草、って感じもしますが(^^;)、しばらくは鑑賞しようと思います。

オリヅルランは以前、真冬に地上部だけが枯れていたこともあるのですが、ここ2-3年地上部が少し茶色くなりながらもしっかり越冬します。暖かくなっているのか、根がしっかり張って我が家に馴染んだのか・・・はわかりませんが。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2005年09月04日 21:08
種から生えたのですね。普通は斑入りのを作られてますよね。しかし、いくら珍しくても原種をお作りになるのですか。冬越しは奈良で戸外では無理ですね。それで、ウン十年前から作っていません。
つくし
2005年09月04日 22:36
20年くらい前に班のないグリーン一色の株を頂き 両方育てております。丈夫さはどちらもあまり変りません。0度以下になるとだめになると聞いています。九州では場所がよければ戸外でも冬を越します。
突然現れるとはやはり原種に帰ったのでしょうか。
ミントのみん
2005年09月04日 23:09
>kazuyoo60さん、
奈良で越冬できないのですか。寒いのですね。
横浜南部って、暖かいのかな。
このオリヅルランは庭で一番日の当たりにくい場所にあるのですが、ばっちり越冬するので指定席をとられてしまいました(^^;)

>つくしさん、
両方育てていらっしゃるのですね。どちらも丈夫なんですね。きっと2種類の植え方によっては綺麗になるかな~とは思っています。
我が家では斑入りの普通のものは7-8年くらい年前から地植えにしていますが、初めてです!
honeyone
2005年09月05日 10:10
こんにちは。
原種返り、先祖返りの話興味深く読ませて頂きました。TBの記事も読みました。
私が大好きな斑入りや明るい葉は葉緑素が少ない「植物としては生存能力の低い方」と前に指摘していた本があったのを思い出しました。
そう言えば、家の斑入りプミラは一部緑色になった丈夫で逞しい葉のプミラ??がありますよ。プミラももちろん戸外で越冬です。ちょっとかわいそうですが。
花猫
2005年09月05日 10:14
いつも感心するのでが、オリズルランを戸外で冬越しですかぁ!
気温が5度以下になるとすっかり葉っぱがだめになってしまいますよねぇ。そのまま植えておけばまた春に出てきますか?
すぅ
2005年09月05日 13:33
オリズルランまでもが地植え。
もう~タジタジです。(o^o^o)
地球温暖化の進行具合を感じますね。
でもそれ以上にみんさんのお手入れが良いのだと思います!
祖先のお姿まで見せていただいて、ありがとうございます。園芸ってホント楽しいですね~
ミントのみん
2005年09月05日 19:46
>honeyoneさん、
そういえば、我が家のプミラ、随分前ですが、斑入りのものから斑なしのものが出ました。これもそうだったんですね。プミラもこのオリヅルランの近くで毎年越冬しています。

>花猫さん、
教科書どおりに5℃ということがないのが、面白いなといつも思います。耐寒温度というのは念のために高めに設定しているのかしらとずっと思っていました。(それもあると思います)
こちらでも5℃以下になっているはずですが、葉はちょっと茶色くなるくらいです。地域によって違うかと思いますが、根が生きていればもちろんそのままでまた春に地上部が出てきます。寒い地域だと地下が凍ってしまうからダメなんでしょうね。

>すぅさん、
恥ずかしい(*--*)お手入れがいいなんて・・!
野放しなんですけれど・・・、だんだん我が家に慣れてきたんでしょうね。

この記事へのトラックバック

  • 「オリヅルランの原種帰り?」について

    Excerpt: 「オリヅルランの原種帰り?」について  こんにちは。四季彩館の上田です。オリヅルランで、斑のないモノが出ましたか。おっしゃるとおり、先祖帰りでしょう。  そもそも、斑入りの植物というのは一種の『突然.. Weblog: 花と緑と・・・ 四季彩館の花情報 racked: 2005-09-05 01:38
  • 「オリヅルランの原種帰り?」について

    Excerpt: 「オリヅルランの原種帰り?」について  すいません。もう一点。寒さに弱い植物も、少しずつ耐えさせることが可能です。<http://ap.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb.do?new.. Weblog: 花と緑と・・・ 四季彩館の花情報 racked: 2005-09-05 01:46