可愛らしいヒナソウ(雛草)

ヒナソウ(雛草)を先日手に入れました。
「常盤なずな」とも呼ばれるそうですが、アブラナ科ではなくアカネ科の植物だそうです。

空き缶に入ったヒナソウ北米原産の帰化植物で、高温多湿は苦手とするものの寒さには強いようです。高温多湿嫌いの植物は、水はけの悪い我が家の庭に地植えにするのは苦しいかも。

でも野生化しているということなので、丈夫であることは確かなようです。
このまま缶に入れていると気温が上がると蒸れそうなので、テラコッタなどに植え替えようかしら。苔玉でもよいかもしれません。

これは白のヒナソウですが、水色や薄紫のものが多いようです。
花は直径1cmもありません。高さも現在7cmほど。10cmちょっとにしかならないような小さな花です。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2006年03月21日 17:05
ヒナソウという名前も良いですね。ブログでは見せて頂きましたが、実物はまだなんです。
東京都心で桜の開花だそうです。今ラジオで言っています。
ミントのみん
2006年03月21日 22:46
kazuyoo60さん、
雛草の名のいわれはわかりませんが、鳥のヒナが口を開いて親鳥からエサをもらおうとしている様子に似ている気がします。
2006年03月22日 09:34
ミントのみんさん、おはようございます。
随分小さな花のようですが、たくさんの花が咲いていて華やかそうです。
青花好きとしては、水色のヒナソウも見てみたいです。
ミントのみん
2006年03月22日 18:28
thumperさん、
ネット上では水色の方がよく見られます。不思議と白と水色では雰囲気が違いますね。水色の方が大人っぽいかな。
花猫
2006年03月24日 19:53
皆で何かを覗き込んでいるようで可愛いぃ!
ミントのみん
2006年03月24日 23:08
花猫さん、
表情が面白いです。花がしぼんだらカットしてしまえばまた花芽がつくようです。
2006年03月25日 21:01
ρ(^◇^)ノ おひさっ♪
コメントは、していませんでしたが、時々♪Ю\(^0^*) オジャマしていました。
綺麗な花が素敵に写っていますね。
春爛漫って感じです。
こちらの春は、もう少しかも。

ミントのみん
2006年03月25日 21:27
ゆ~さん、
こちらもちょこちょこおじゃましています(^^)
そちらはもう少しの辛抱で、一気に春になるでしょうね。

この記事へのトラックバック

  • ヒナソウ(トキワナズナ)

    Excerpt: いつも通う花屋さんに「ホウストニア・カレルレア」というポップが付けた鉢花が置いてありました。近くに寄ってみると、な~んだ、ヒナソウのことです。学名をカタカナ読みにすると、何だか高尚な感じがするものです.. Weblog: ガーデン倶楽部 racked: 2006-04-04 21:32