収穫したミニニンジンでヘルシー朝食!

さて、早朝収穫したミニニンジンと缶詰のツナで、朝ごはんのおかずにしました。昨日の収穫の記事もご覧ください。
収穫したミニニンジン我が家の朝食は洋食派と和食派に分かれます。ご飯派とパン派いうことですが。
朝バタバタしながら、和洋2種類の朝食とお弁当をほぼ同時につくることになり、目が回ります。
ですから、できるだけ同じ材料で、短い時間でつくる工夫が要るのですよ~。

ミニニンジンとツナ缶で、サラダと丼もの、和・洋の2種類のメニューをつくりました。カンタンです。

ミニニンジンを使うポイントとしては
1、ミニニンジンの根に葉の付け根を1cm弱残して切る
ところ(せっかくミニニンジンだから)。
2、切ったミニニンジンの葉を保存する場合は、必ず水に挿しておくこと。(挿さずに冷蔵庫にいれると、しおれてしまいます)
3、またミニニンジンの葉の色や芸術的とも言えるデザインを生かすように使うこと、でしょうか。

そして、2種のレシピの特徴は酢を使うところです。

まず、洋食派用<ミニニンジンとツナの、葉っぱいっぱいサラダ>
ミニニンジンとツナの葉っぱいっぱいサラダミニニンジン・・・・数本
ツナのオイル漬け(缶詰)・・・1缶
りんご酢(ミツカン甘熟りんご酢)・・・・少々
胡椒・・・・・少々

ミニニンジンは葉の付け根を1cm弱つけたままカットし、好みの細さに切ります。
生のまま食べたかったのでゆでていません。普通のにんじんを使う場合も含め、さっとゆでてもおいしいです。

ツナとミニニンジンの根の部分、葉の半分程度(半分は最後にのせる)を混ぜ、りんご酢を加えます。
ミツカン甘熟りんご酢このりんご酢はツンとしなくて甘みがあり、このままでOKなところがとても便利です。
ツナがオイル漬けでない場合は、オリーブオイルを少々加えます。
収穫したミニニンジンがとても甘かったことに、感激しました~!!




フランスパン用オリーブオイルに手を加える・・このサラダにあわせて、フランスパンはどうでしょう。
バターで頂くのもいいですが、私はオリーブオイルをつけるのがスキです。
このオリーブオイルをおしゃれでヘルシーにしてみました。



フランスパン用オリーブオイル
オリーブオイル・・・少々
りんご酢・・・少々
タイム(下の写真)・・・・少々
ベランダのタイムちょっとベランダのタイムを刻みました。これはもちろんパセリでもいいです。ちょっと緑色のハーブがあるといいと思います。
ここでもこのりんご酢が大活躍。ちょっとフルーティーでフランスパンがおいしくいただけます。






そして、和食派に<ミニニンジンとツナの、葉っぱ入り丼>
ミニニンジンとツナの葉っぱいっぱい丼ミニニンジン・・・数本(普通のニンジンでも)
ツナ缶・・・・・適量
卵・・・・・1個
みりん・・・ちょっと
黒酢(ミツカン甘熟黒酢)・・・少々
醤油・・・・たらすだけ

ミニニンジンは葉の付け根を1cm弱つけたまま切り、縦に切ります。
卵にみりんと黒酢を入れ、醤油をほんのちょっと入れます。(ツナの量によって塩分加減を調節します)
ミニニンジンとツナを炒め(ハネに注意)ミニニンジンの葉(最後に生でのせる分を残して)を入れてさっと火を通し、卵を流しいれて、すぐ火を止めます。
ご飯にのせて、ミニニンジンの葉を生で少しのせます。

ミツカン甘熟黒酢酢は血圧を下げるといいますが、毎日採らないとだめなのだとテレビで言っていたように記憶しています。

ここのところ、この黒酢かりんご酢を毎日採っています。私はドリンクにはしないのですが、料理の仕上げや食卓で使うのにとても便利です。

これで2品がほぼ同時にできました。ミニニンジンを切りツナ缶を開けるところまでは重複した作業ですので一度で済みます。

ニンジンの葉を卵で閉じるだけでも、お弁当の一品になりました。お弁当には葉の形そのままを最後にも飾りましたよ~。
白いご飯やちらし寿司にのせても結構可愛いかったです。
水に挿したニンジンの葉がキッチンにあれば、最後の彩りには困りません!

なんだかショボイ根よりも葉っぱを生かしてしまいましたが、形は悪くても根がとても甘くておいしかったのです。まだ葉は水に挿してあるし、抜いていない別の鉢のミニニンジンもまだありますので、楽しみです。
ニンジンは普通のものを千切りにしてももちろんでき、その場合は彩りはパセリや、和食なら三つ葉などでもよいでしょう。ニンジンはいやわらかい方が好みという方はさっと茹でてもよいと思います。
そしてニンジンとツナの割合が違うと、また違う料理のようになり、面白いです。

なんだか、楽しくなりますね~。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2006年04月20日 21:42
お料理名人様、とてもお上手に使われますね。それに甘くて美味しい、これが一番嬉しいですね。
ミントのみん
2006年04月20日 23:13
kazuyoo60さん、
名人ではありません~(^^;)
収穫した野菜でつくるのは、上手くできなくても特別な感じがあって。楽しくなりますね。
2006年04月21日 05:38
わ~~美味しそう!
甘くておいしい人参は、自分で収穫してるとさらに甘かったことでしょう。
お料理もさることながら、みんさんの白魚のような指先にも目が行ってしまいました。
ガーデニングされているのに、キレイ!
私などガッサガサです。(爆)
花猫
2006年04月21日 08:51
収穫した人参で朝ごはん!いいですねぇ。
しかも和洋2種類も!
人参の葉っぱには栄養がたくさん詰まっているから嬉しいですね。
ドンとボスのママ
2006年04月21日 12:01
お昼なので、レシピを見ていたら
お腹が鳴ってきました(-_-;)
丁寧な至れり尽くせりのレシビの解説に
感心しました、、、酢の使い方が意外でした
まだおすすめの酢買ってないんです、、、
2006年04月21日 17:40
ミニニンジンがどんなお料理に変身するのかしら?とワクワクして待っていましたら、何と・・・♪アイデアも見た目も素晴らしい!
文章を読ませて頂いただけで、こちらも楽しくなりました。それにしても人参の葉っぱがきれいですね。
ミントのみん
2006年04月21日 17:52
>すぅさん、
「白魚のような指先」なんて、言われたことありませんよ~(*^^*)これは正真正銘私の手で、左手一つでシャッター切ったのです。修正していないですし!ホントホント。
あまり手が写っていなくてボケていないのはこの写真しかなかったのだけど・・うれしいなうれしいなうれしいな!

>花猫さん、
なかなかにんじんの葉は手に入りません。まだ水に挿してある葉があるので、有効にりようしたいです。

>ドンとボスのママさん、
酢って、ツンとしなければ何にでも使えるんだな~、と実感しています。それで毎日欲しくなるのが不思議。塩分を控えるにもよいです。

>ブルーデージーさん、
うれしいです~!
おいしいものを食べることを考えると、人生楽しくなりますね~!肝心のミニニンジンの根はややショボイのですが、かなり楽しめました~。
2006年04月21日 18:30
ミントのみんさん、
朝からすごいです!!和洋の朝食とお弁当を作る手際の良さ!!敬服いたします。
ミニニンジンの根は形が悪くても美味しかったようですね。良かった、良かった。
ニンジンの葉は黄アゲハの幼虫ではないけれど形も香りも好きです。葉だけで閉じたのもいいですね。涎が・・・。
ひぃ~
2006年04月21日 19:57
うんうん、ニンジンの葉っぱって良い香りがするし、形がキレイだから飾ると華やかになるよね。
根は香りも良いし、甘いし、お料理も美味しそう♪
私はこの間5寸ニンジンの種を蒔いたから、収穫出来たら真似しようと思います。
そして毎日お酢をとるように心がけるよ!
2006年04月21日 20:46
取れたての新鮮なにんじん、おいしそう~。^^
ニンジンの葉なんて、久しく食べてないなぁ。
秋から育てれば害虫の心配もないし、私も今度育ててみようと思います。
先日、100円ショップで夏に咲くオキザリスの球根を買いました。ちょっと試しに育ててみたい時は、100均という手もありですよね。
ミントのみん
2006年04月21日 20:56
>honeyoneさん、
夕食の煮物の飾り?にもミニニンジンの葉を使いました。パセリよりもおしゃれです。

>ひぃ~さん、
ひぃ~さんの五寸ニンジンはおいしいだろうな。私もつくりたい!

>violettaさん、
100円ショップは結構面白いです。ここから始めるのも手だとたしかに思います。
オキザリスは庭にどんどんふえ続けています。丈夫で綺麗な花なのでよいでしょうね。

この記事へのトラックバック