満開のハナトラノオ

早いところでは7月から咲いているハナトラノオですが、かなり抜いてしまっている我が家のハナトラノオは、今満開になっています。
画像よくみると、立体的で不思議なデザインですよね。自然の作り出すデザインの力ってすごいと思います。
花の付き方が面白く、「中心から左右に広がる形」が見えると、魚を3枚おろしした時に残る骨のようです(^^;) 

毎年春になると、この周囲には沢山ハナノラノオが出てきます。地下茎でふえるといいますが、我が家のはこぼれ種ではないかしら。簡単に抜けますから。
春に5cmくらいのハナトラノオの子供を見つけると、以前は何だかわからずに抜かずにいましたが、数年前からは、ほんの少しを残して迷わず抜くことにしています。

画像でも、花が咲いてみると、やはり綺麗。残しておいてよかったなと思います。
でもふやしっ放しにせずきちっと抜いてやることも、この手の植物には大切かもしれません。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2006年10月03日 03:20
綺麗ですね。余り場所を取られても困りますが、咲いてくると良いですね。
2006年10月03日 17:45
こんばんは。
みんさんの所のハナトラノオは我が家と同じ色ですね。本当に見る角度によって魚の骨に見えます。くすす。
殖え方がすごい植物のようですね。家は友人宅から苗を貰い今年初めて育てるので実感がないですが、来春は引き算してスペースを確保したいと思います。貴重な情報をありがとうございました。
ミントのみん
2006年10月03日 19:17
>kazuyoo60さん、
庭での場所は条件があまりよくないのですが、やっぱり丈夫です。咲くとうれしいです。

>honeyoneさん、
そうそう、honeyoneさんのところのはピンときました。
魚の骨の意味をわかってくださって、ちょっとうれしいです。
周囲に、きっと来年早春から「これはなに?」と思う葉っぱがでてきます。雑草とは違いそうだと感じます。それが、ハナトラノオの子供でしょう。
2006年10月03日 21:46
ハナトラノオは「虎の尾」=サンセベリアとは全く異種のものなのね
私見たことないの。。。
全体の姿が垂れ下がってる感じ?
それが虎の尾に似てるのかしら??
魚の骨の形・・・シドニーに居るとき
「フィッシュボーン」ってそのもののネーミングの植物があったの!
何と・・・シダのことでした!
あの葉っぱが魚の骨だって・・所変われば何とやらですね(笑)
ミントのみん
2006年10月03日 22:11
べじまきさん、
トラノオってしっぽみたいな形のものを指すようですが、この花はしっぽが上向いてついているような感じです。垂れ下がってはいません。
サンセベリアは全く別種ですね。
シダ、なるほどね。でもちょっとわかるなあ。
2006年10月04日 15:55
秋を彩るハナトラノオ 一つ一つのお花が又可愛いですよね。そう言えば我が家はいつの間にか絶えてます。春先の草取りでよほど目印をつけて置かないと、あっという間です。
2006年10月04日 16:23
>>魚を3枚おろしした時に残る
骨のようです>>
面白い花の付き方ですね!^^「虎の尾」って聞くともっと大きくごつい感じがしますが、かわいい小花がビッシリ付いているんですね。これなら沢山咲いてもうれしくなりますよ!
ミントのみん
2006年10月04日 19:26
>つくしさん、
草だと思って全部抜いてしまったらアウトですね~!

>気の向くままにさん、
ちょうど魚をおろして食べた後だったし・・・。花が咲けば、あってよかったと思うのですが、咲くまでが長い長い・・。
2006年10月04日 19:45
こんにちは^^
自然の作り出すデザインの力・・・確かにすごいですよね。。。 人工的にはマネできませんからね。。
この花はこの辺でも今いっぱい見られます。。
透かすことによって他の株が良く育つようになるといいですね^^
ミントのみん
2006年10月04日 22:45
カリスマ庭師さん、
この形は、本当に見とれます^^
色々な方向から眺めてしまいますよ~。

この記事へのトラックバック