シクラメンの自己防衛手段

庭のガーデンシクラメンは放っておいても2-3年咲くのですが、豪華に売られているシクラメンはなかなか夏越しができません。
画像この時期になると、綺麗なシクラメンに目が行き、毎年欲しくなります。

先日義父たちと、毎年行くシクラメン農家へ行って来ました。これは義父がプレゼントしてくれたシクラメンです♪ 

画像千葉県北西部にあるシクラメン農家です。驚くほど周囲には何もないところでノンビリとした風景の中にありました。
ここのおばさんは、数鉢購入したら、花苗のおまけを沢山つけてくれました。

画像ご存知のとおり、シクラメンのしべは下を向いて、花弁が上にそっくり返ったようになっています。

原産地の地中海東部は、夏は乾燥し、一年で一番雨が多い時期は冬です。花の咲く冬に上向きでは雨からしべや花粉を守ることができません。

しべが下を向いているのは、花粉を守るため、生き残るための手段だったようです。
植物の自己防衛能力はすごいものです。

和名が篝火花「(カガリビバナ)」。うわーっと思います。
牧野富太郎氏の命名だそうです。

しかし英名だとシクラメンは「豚の饅頭」だとか。原産地では豚が野生シクラメンの球根を食べていたそうですなのですよ。
原種は素朴な可愛い感じではありますが・・・・・贅沢な豚ですね!

この記事へのコメント

kazuyoo60
2006年12月06日 16:16
良かったですね。綺麗なシクラメンを--、優しいお義父様ですね。
ホントに贅沢な豚です。そんなに強いと言うことですよね。我が家でも普通のシクラメンは前に1度だけ夏越ししましたが、まずダメです。
ミントのみん
2006年12月06日 23:53
kazuyoo60さん、
原種は最近人気が出てきているみたいですし、欲しいのです。強いようですよね。
でもやはり室内のシクラメンは部屋を明るくしてくれて、うれしいです。
2006年12月07日 10:05
こんにちは・・

温室の中は、すごく明るいですね・・
私も、定番のシクラメン、買ってしまいますね
ついつい、花色の鮮やかさに惹かれて・・

HPのリースや風呂敷でガーデニング・・
とっても、楽しかったです・・
風呂敷はあまりたくさん持ってないので、
早速、ふきんマニアの私は、観葉を
ふきんでくるくるしてみます・・
お気に入りの鉢カバーが、サイズが合わなくて
とっても、困っていたんです・・
なんだか、お気に入りの観葉もお気に入りの
ふきんと楽しめそうで、とってもうれしい・・

ありがとうございます・・♪
花猫
2006年12月07日 10:39
今、花屋さんの店先を華やかに飾っているシクラメン。素通り出来ないですねぇ。
でも置く場所がもうないので買うのは諦めています。
我が家のガーデンシクラメン蕾が出てきましたぁ!もう2年くらい経っていてあきらめていたんですけど。
2006年12月07日 17:30
こんばんは。
そうですね。絶対夏越しできないので買うのを止めようと心に誓うのですが、ついつい2,3年経つと買ってしまいます。そして夏にがっくりと膝を着くのでした。
和名の「篝火花」のネーミングも絶妙ですね。豚の好物の球根?!うーん。わかるような気もします。きっと食欲をそそる匂いがするのかしら?
みんさんの所で周辺知識を蓄えてしまうと今年は禁を破って買ってしまいそうです。
2006年12月07日 20:58
「豚の饅頭」!何とも似合わない名前なんでしょう!お花とのイメージが違いすぎですよね~~ マリリンは一年半咲かせたことがありますが、その後ダメにしてしまいました。(^^ゞ
ミントのみん
2006年12月07日 22:16
>グリーンさん、
ふきんもスキです。代官山に好きなお店があって一時通いました。
薄くて使い勝手がよいですよね。

>花猫さん、
おき場所に困るのです。本当にうちも狭くて。

>honeyoneさん、
夏に虫がつき、もてあまして手放してしまいます。ああそれも毎年。
わかっていて買わせるとは、この花、すごい力です。

>マリリンさん、
一年半咲かせたのは、すごいですよ。
この前の日曜日、趣味の園芸で目加田アナが昨年買ったものを今年も咲かせたと、綺麗なシクラメンを出してきて、私はびっくりしました。
2006年12月07日 23:16
アハハ豚の饅頭には笑っちゃった
息子が小さいときシクラメンの花の名前を思い出すのに
「ラーメンみたいなお花!」って言ったの思い出しました(笑)
2006年12月07日 23:32
「豚の饅頭」はあまりに夢がないですね。我が家でも、庭のシクラメンは頑張っています。なんとか元気で冬を乗り切ってと思っています。どうしてこんなに鉢植え用と地植え用のシクラメンが違うのでしょうね…
ミントのみん
2006年12月08日 21:02
>べじまきさん、
「ラーメンみたいなお花」とは!花の下の茎の部分がそうみえたのでしょうね。お子さんの想像力には脱帽します。

>ノラちゃんのボスさん、
もともと球根は強くて、原種が原産地では球根が毎年太ってしまうようです。
地植えのものは、ひっくり返って捨てて(^^;)いても上向いて出てきていましたのでびっくりしました。

この記事へのトラックバック