白いムクゲ(木槿)の花を観るその2

前回に続き、もう少しムクゲを観てみます。

さて、これは何でしょう?
これは何?あはは。あらま。
写真はクリックすれば少しだけ拡大もできます。

正体は最後に。


ムクゲの蕾真っ白なムクゲなのですが、蕾はアイスクリームのように少し黄味を帯びているように見えます。

ムクゲの花は、朝咲いて夕方には散る「はかない一日花」として有名かもしれません。

ただ私が毎日近くで観ていると限り、朝~夕で落ちてしまうことはないようなのです。

下の比較写真、よく撮れていないのですが、半日で落ちることはないことだけはわかります。
左は朝7:00、右は同日14時間後の21:00の同一のムクゲです。
朝7:00夜9:00
翌日の朝には花弁の先が少し弱くなってきていました。
しかし24時間後でも落ちてしまうことはありませんでした。

さきほどの虫。
ムクゲとカナブン反対側にまわってみました。
カナブンかな?
アゴがもぐもぐ動いて、花びらをおいしそうに食べているのがわかりました。

ムクゲはかわいそうだけど、カナブンが食べている様子が面白くて、
許して見守ってやることにしました。

開き始めで、若くておいしそうな花びら。
狙われるのは、やはりそれなりの花でした。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2007年08月18日 09:40
白のムクゲ、我が家のも咲き出しています。
綺麗に撮られましたね。カナブンもいますよ。
アリー
2007年08月18日 09:46
真っ白な木槿に誘われてやってきてしまいました。綺麗ですね~。
しかし、蜜ではなくて花びらを食べるカナブンには驚きです。おいしいのかなぁ。
色によって味が違うのかなぁとか思ったりして(笑)
2007年08月18日 14:11
ムクゲは、はかない花だったのですね。
よく見かける木にはいつも花が咲いていたので、長持ちするなあと思っていました。
カナブンの食用ですか? 思わず最初の画像を大きくして見直しました。足が…!!!
2007年08月18日 14:35
こんにちは。
今年の夏は虫がムシャムシャと花を食べてしまい、あああと思ったことが度々。
でもこれはユ-モラスですね。お食事中に足が!!ムクゲも欲しい花木ではありますが、みんさんのところで十分に愛でて行こうと思っています。いつも素敵で面白い画像をありがとうございます。
梅干の小分けのプレゼントもみんさんのこだわりがよく伝わってきて楽しいです。来年のことを言うと鬼が笑うそうですが、シソがタイミング良く大きく育って占有率?アップするともっと「らしさ」が出ますね。
ミントのみん
2007年08月18日 18:20
>kazuyoo60さん、
いつまで咲いてくれるかなと思っています。

>アリー、
コメントありがとう。
そう、思わず私も、色によって味が違うのかしらって、同じことを考えていました。
アゴが動いていて、おいしそうなのがわかったのですよ。
ミントのみん
2007年08月18日 18:25
>おばブーさん、
朝顔とは、花びらの厚さも全然違いますし、しっかりしています。
でも、個々の花は長持ちはしません。
蕾がたくさんついて、次々と咲くのです。すごいですよね。

>honeyoneさん、
おいしいものが、自分の体よりこんなに大きくて、足を引っ掛けて食べられたら、私もどんなに幸せだろう、なんて思ってみてしまいました!
まさえ
2007年08月18日 23:07
うちのピンクのムクゲも24時間では落ちません。今朝咲いたムクゲはまだ少しすぼまった程度だし、散るまでに、48時間といった感じです。

花びらは本当に美味しそうですね(笑)。
ミントのみん
2007年08月19日 07:11
まさえさん、
やはりそうですか。よかった、ほっとしました。
ありがとうございました。
もう1枚、比較して翌朝の写真を撮ったのですが、さらにアップできるものではなかったので出しませんでした。
うちのも48時間は持っています。
どこを調べても、朝から夕の一日花とあるので、不思議でたまりませんでした。

この記事へのトラックバック