波打つバラ、リップルス

初秋に手に入れたバラ、リップルズが、12月になって開花しました。

波打つバラ、Rilpples
なんとやわらかく、あたたかく、優しいのでしょう。

今ここで、中に入って包まれたい・・・。

波打つバラ、Ripples
花の気持ちって、周囲を包み込むように大きいのですね。

Ripples
もう、言葉がありません。

ほんの微香で気高い色合いです。

初めてみる花なので、なんとも言えず感激してしまいました。
こんな時期に咲かせちゃいけないのでしょうが・・・、このまま時間が止まって欲しいという気持ちになりました。

ちょうど蜂が・・・
雑念が何もなくなるって、こういうことを言うんでしょうか。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2007年12月04日 19:14
青いバラになるのですか。良い色、それニコのフリルは素晴らしいです。
上品な香りもですか
2007年12月04日 22:24
ヒラヒラがとっても素敵ですねぇ~♪
波打つ…この言葉がピッタリですね。
今年はバラとは相性が悪いようで、満開のバラ達には出会えませんでした…。今から咲くバラもあるのですね。期待できるでしょうか…!?
ミントのみん
2007年12月04日 23:39
>kazuyoo60さん、
青いバラだったらそんなに簡単には手に入らないでしょう。たぶんもうちょっと紫に近いのではないかと思います。

>おばブーさん、
育てるのは得意ではないのですが、やはりバラはいいです。吸い込まれます。
2007年12月08日 12:26
花弁が本当に波打っていてリップルズの名も頷いてしまいます。
狭い庭をバラだらけにしていた祖母に似ず私の家はほんの2株のバラのみ。手間ひまを惜しむ愚か者なのではと、みんさんのバラをうっとりと見入りつつ自省しています。
2007年12月08日 17:32
新ブログが、掲載されないので、心配です。
いかがされました。
ミントのみん
2007年12月08日 20:25
>honeyoneさん、
私もバラはうまく育てられません。周囲の方のバラばかり観ているほうですよ。

>yosh-tosanさん、
ご覧になっていてくださり、ありがとうございます。
blogは私にとって最高の息抜きです。ですから無理せず続けます。ネタは際限なくありますから、大丈夫です。
今後もよろしくお願いします。

この記事へのトラックバック