ハバネロ越冬実験?

秋に採れたハバネロは冷凍保存し、食卓で大活躍しています.
今、我が家では、気分的に処分しきれなかったハバネロ5株を比較して観ています。

以下の5つの株、ここで写真を撮った後に、剪定をすることにしました。
①室内に取り込んだ鉢1つ・・・・小さ~いオレンジの実をたくさんつけている。
②バランダに取り込んだ鉢3つ(A,B,C)・・・A,Bは緑の実を少し残している。Cは枯れかかっている。
③完全に屋外の地面にある株1つ・・・・おばけのよう。枯れているように見える。
この3種類で、越冬実験状態になっています。(ここは横浜南部です)

別にそんな実験をするつもりはなかったのですが(苦笑)、思っていたよりも枯れないため、比較できる状態になっているて、面白いのです。
①室内のもの①の室内の鉢にはこんな小さな実が、1株に30個もなりました。
色はとてもきれいです。

①室内のもの上と同じ株です。

これも料理に使いましたが、小さすぎて、実には種が入っていないものもありました。
でも辛さとコクはバッチリでした。
外に出して撮影しましたが、この実をすべて採って、室内で様子を見ます。

②のAの鉢②のベランダのAの鉢です。
一応生きており、採り忘れた実をまだ付けています。一度ほとんど採ったつもりだったのですが・・・。

実は小さいのですが、食べられないものを除いても結構ありました。
ベランダの気温では、ある時期を過ぎてからはオレンジ色にはならないことがはっきりわかりました。
これも、実をすべて採り、少し剪定することにしました。

②のA,B上の②のAの鉢を弱剪定したもの、奥は②のBの鉢。
②のBは、殆ど剪定をせずに様子をみることにしました。

ベランダの②の3鉢のうち、A,Bは剪定の強さをかえてトライし・・・。

②のCベランダの②の残りのCの鉢は枯れかかっていたので、このように強剪定しました。

③屋外のハバネロ③屋外、地植えのハバネロです。
全体を写すとお化けのようなので(笑)、写真はこれだけにします。
ほかは抜いてしまいましたが、これだけ残したのです。

写真をクリックして拡大していただければ見えると思うのですが、花後、実が膨らまないうちに枯れてきています。

③屋外のハバネロを剪定上の株を、もう遅いとは思いましたが、ここまで剪定。

完全に屋外なので、ダメもとで様子を見ます。

真冬の収穫寒くなる時に、実は一度ほとんど採ったつもりだったのですが、今回ミニミニの実がこんなに採れました。
もちろん、これも冷凍して使います。

しかし、こんな寒くなるまでハバネロが生きているとは、思ってもいませんでした。
種はあるので、すべてダメもとです。
さて、どうなることでしょう。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2009年01月18日 08:31
ある程度の暖かさなら生きてくれて実まで出来ましたか。冷凍なさってますか。単なる辛さだけではないとは聞きますが--。
熱帯や温室では多年草になるかもしれませんね。トマトはそうだと聞きましたから。
H.Yamada
2009年01月18日 09:36
ハバネロ、我が家でも育てたいと思っています。
冷凍されたハバネロから種をとって、春に植えてみます。いっぱい実がなるといいな。
みんさんの実験、注目しています。
結果も教えてくださいね。

ミントのみん
2009年01月18日 12:06
>kazuyoo60さん、
温かいところでは、多年草だと思います。剪定もせずに越冬するなら、大きな株になるでしょうね。

>H.Yamadaさん、
種を蒔いて、これだけ容易に育ったものは、我が家にはほかにありません。
この株たちはどうなることか。
でも楽しみがふえました。
2009年01月18日 17:28
これは面白いですね~♪
こうやって見ると、やっぱり暖かいところのものなのでしょうね~!
オレンジ色にピカッと光った実、どんなお料理に変身するのでしょうね・・・
次の季節、どうなっているのか一緒に楽しみにさせてくださいね~♪
ミントのみん
2009年01月18日 22:44
おばブーさん、
唐辛子は剪定して越冬させると教えて下さった方がいたので、やってみたのですが、どうなるかわかりません。
でも、ダメ元です。種もあるので。
でも生きたら面白いなと思っています。
2009年01月19日 16:49
ミントのみんさん、私も去年に同じように2苗で
実験したのですが上手くいきませんでした。でも
こちらの苗は未だ元気そうだし大丈夫そうですね。
そういえば先日も都内でハバネロらしき鉢を
見かけたし未だ大きな実を付けて元気そうでした。

それにしても小さな実はトマピーみたいな形&
ミニミニサイズで、とっても愛嬌がありますね。
ミントのみん
2009年01月19日 20:49
さらさん、
やはりだめでしたか。期待せずに様子を見ます。
ハバネロが成長しだすのは、春といっても結構遅くなってからですから、難しいかもしれません。
そう、小さい実はかわいらしかったです。
2009年01月21日 15:49
越冬実験面白いです。
家では今コリウスをやっていましたが先日の-5度で全滅。あとは花瓶に挿して室内で根が出たものだけが生き延びています。ナスタチウムは昨12月芽が出た新株は花壇でも越冬中です。でも夏越しの株は凍って溶けかかっています。
ハバネロ達に春までぜひ頑張って欲しいですね。
われもこう
2009年01月21日 15:52
みにみにのみ・・・可愛いですね・・・お味はミニでも激辛でしょうかしらね

ここ数日の寒さで、地植の植物、だいぶやられましたヮ

リトープス、買いましたので、ちょっとみんさんの記事引用させていただきます
ミントのみん
2009年01月21日 21:46
>honeyoneさん、
コリウスは、やはり難しそうですね。
あと、株の状態によってもかなり違いそうです。
いつもは抜いてしまうものも様子見をしていると、新たな発見があるかもしれません。

>われもこうさん、
寒いですね。もうちょっとがんばれば、と思ってしまうのですが、ここから先が寒いんですよね。
2009年01月23日 08:58
おはようございます。
こうやって写真で比較すると面白い~!
室内で実った小さなハバネロ、可愛らしいです。
小さいけど味はバッチリなんですね^^
最後の写真、どう見ても同じハバネロとは思えません。
同時期に、環境でこれだけ変わるとは~。

ミントのみん
2009年01月23日 21:53
ヒナさん、
室内のハバネロ、食べています。しっかり辛いです。
小さい実には種がないものが多いので、種をとる手間が要らず、使いやすいです。
2011年08月21日 10:46
今年、植物栽培を初挑戦でハバネロを育てていますが、少し大きくなってくると気になって、大きめの鉢(菊鉢)に植え替えていますが、ミントのみんさんは小ぶりな鉢で育てていらっしゃるんですね!

下手に菊鉢にしているために、越冬のために室内で育てるにはスペースが取れず、失敗した感があります。
ミントのみん
2011年08月21日 11:47
空想さん、こんにちは。

大きめの鉢の方がハバネロのためにはいいと思うのですが、何と言っても庭も室内も我が家は狭いのです(苦笑)。
それで仕方なく小さい鉢のままにしています。

特に冬場、室内日当たりのいい場所を鉢に占領されてしまうと、もう大変。
冬場は気温や室温が低いだけで苗の抵抗力が弱るのに、室内だと日当たりに限界もあるし、風通しは悪いし、虫は付くし、虫が落ちて床はベトベトになるし。

越冬に初めて挑戦した年は、4月に屋外に出して、早くから実が付いたのですが、今年はなぜか越冬株の花の付きも悪いし実の付きもよくありませんでした。

一昨年は、屋外に出すと同時に鉢を一回り大きくしました。今年はそれをしなかったためかもしれません。

ナス科のものは基本的には連作は向かないのですから、小さい鉢でそのまま翌年も育てることが×というのは、理屈の上からも言えることだと思います。
だから鉢は大きい方がいいし、土も本来は替えた方がいいのだと思います。

ただ、ジョロキアの越冬株の鉢はそのままで、元気に実を付けています。

この記事へのトラックバック

  • 越冬したハバネロが開花

    Excerpt: 昨年種蒔きで育て、越冬させたハバネロが、数日前から花を咲かせています。 Weblog: ミントのみん racked: 2009-05-24 17:14