西洋スイセン

庭のヒヤシンスも咲き始め、チューリップも蕾が見えてきました。
こちらは庭の西洋スイセンです。

 西洋スイセン昨年は珍しくよく咲いてくれた西洋スイセンですが、今年は花付きがいま一つでした。

でも花の直径が7-8cmあるため花に存在感があり、ほっとします。


西洋スイセン球根から咲かせるのは、切り花を買ってくるのとはまったく違う価値があるように思います。

特にここまで「待った」ことが、こちらの気持ちを膨らませるのでしょう。


西洋スイセン先日の暴風を受けて、一度倒れてしまったスイセンです。

お天気が回復してから起こしてあげたら、しっかりとしました。


西洋スイセンしべも綺麗です。

遅めに植えこんだ鉢植えのスイセンの蕾がまだこのあと控えており、どんな花が咲くのかわかりません。
これもまた、楽しみにしています。

またアップできるとよいと思います。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2009年03月17日 17:56
大きな水仙ですね。綺麗に咲いてくれました。
我が家でもまだ咲いていない水仙があります。ガリルは陽だまりの方は満開です。
ミントのみん
2009年03月18日 19:38
kazuyoo60さん、
大きめの球根から大きな花が咲くのは重みがあり、うれしいです。長く開いていてと思ってしまいます。
2009年03月19日 17:12
こんにちは。大きなスイセンで、存在感がありますね。
家のはまだ蕾も付いていません。急に暖かくなりすぎて時機をうかがうのが大変なのかしらと思ったりもします。
ミントのみん
2009年03月19日 22:28
honeyoneさん、
水仙は、品種や植えた時期、場所によって、本当に咲き始めが違いますね。
特に今年はイレギュラーな咲き始めで、面白いなと思っています。
2009年03月25日 00:18
水仙のしべを気にして見たことがなかったように思います。きれいですね。本当に。
ミントのみん
2009年03月25日 07:07
kuuさん、
庭で球根から出てくる植物は、伸びて花芽が付くと、花が咲くまで楽しみで楽しみで、毎朝前に座って観ています。
花が咲けば、穴があくほど観てしまうのですが、しべには生命を感じます。

この記事へのトラックバック