鉢植えのピーマンと、ハバネロ

庭に1株だけ、鉢植えにしたピーマンがあります。
「京鈴」というタグが付いていたと思います。

庭のピーマン昨年もこの品種のピーマンは丈夫で虫が付きにくく、1株でかなり遅い時期まで、たくさんの実をつけてくれました。
そのため今年も同じ種類の苗を買いました。

ぐんぐん育って、すでにいくつか収穫しました。 

庭のピーマンナス科の植物は、地面に連作ができないため鉢で育てることが多いのですが、水やりの手間はかかるものの、毎年狭いところで手軽に楽しむことができています。

このくらい沢山の実があれば、シンプルな塩炒めもよいかもしれません。

庭のピーマン家のピーマンは採りたての味や匂いをかみしめたいし、朝1つだけ採って、生のまま刻んでサラダに使うことの方が多いでしょうか。
採りたての甘さは、生が一番わかります。

まあ、家のピーマンには凝ったことはせず、シンプルに味わうと決めています。

ハバネロの越冬株さて、似ていますが、こちらはハバネロ。
越冬株の実が、オレンジ色になってきました。

辛そうです。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2009年07月20日 18:50
ピーマンを塩で、それも良いですね。私はいつでも炒ってから醤油が多かったです。
オレンジになって、本格的にハバネロと分かりますよ。綺麗な色です。
ミントのみん
2009年07月21日 06:15
kazuyoo60さん、
粒の大きな塩をふると、おいしくなった気になります(笑)
ハバネロの色は、暑いほどオレンジが濃くなる気がします。
2009年07月21日 09:46
先日、園芸店で横目で眺めていたのですが、やっぱり買ってくればよかったと思い出しました。鉢植えでもしっかり実をつけてくれるのですね・・・。まず、ベランダを整理しないと・・・ハバネロもいい色になってますね~~。
tsuyako
2009年07月21日 12:42
ピーマン、綺麗なグリーンでおいしそうですね。
千切りにしてサラダにのせて食べてもよさそう。
ハバネロも色づいてきましたね
ミントのみん
2009年07月21日 21:20
おばブーさん、
やはり品種改良されたものは虫が付きにくいので楽です。手がかかりませんよ。

>tsuyakoさん、
そう、サラダにするのがおいしいのです。
採れたてって、野菜の香りがして、甘味もあって、生が一番かなと思います。

さっそく夕食にハバネロを使いました。
これこそ、刻んでいてすごく香りがします。
新ハスを薄切りにして、ゴマ油でベーコンとハバネロと一緒に炒め、最後に醤油と黒酢で焼くようにしました。
辛くて、おいしかったです。
2009年07月22日 21:07
ハバネロの色が猛暑を思わせるような色に染まってきましたね。辛~いっ!!と叫んでしまいそうです。
今日の空にハバネロを食べさせたら即晴れ上がったかもしれません?!
ミントのみん
2009年07月23日 07:04
honeyoneさん、
ハバネロは、気温がある程度ないとオレンジ色にならないということが、昨年の晩秋にわかりました。
黄色っぽいオレンジにしかならないんです。
やはりおいしそうなのは、この色です。
N
2009年07月24日 12:13
匂い立つようにきれいな色ですね。ハバネロ。
緑とオレンジ色のコントラストが美しいと思いました。
うちのは黄色くしかならなかったなぁ。その後晩秋の直射日光に当てて乾かそうとしていたら、白く退色してしまって。

若く未熟なときに、太陽の恵みを存分に受けること。それが、鮮やかに成熟するために必要だったのですね。
人の成長と同じと思いました。
ありがとう。
ミントのみん
2009年07月25日 00:17
Nさん、
あなたのコメントには、いつも心を打たれます。
ありがとうございます。

ところがどっこい、なんと、今朝の強風で鉢が倒れ、ハバネロが折れてしまったのです。
そして、半分ぐらいになってしまいました。
かなしい・・・。
今日、友人たちに会う機会があったので、折れた先になっていた実を、分けました。
まあ、半分くらいは残ったものの、やはり種蒔きしてよかった。
人生と同じ、何があるかわからないですね…。

この記事へのトラックバック