赤と黄のコンビネーション チューリップ‘ワシントン’

庭のチューリップが次々開花しています。

チューリップ‘ワシントン’いつも私が買わない色にトライしました。
娘の好みでした。
球根に付いていたテープには、‘ワシントン’と書かれていました。

これが意外と、庭では引き立っています。

チューリップ‘ワシントン’この色合いは、私にとってかなりの冒険でした。
黄色と赤のミックスなんて、とても新鮮。

朝からとても元気になります。

チューリップ‘ワシントン’同じ花の、一昨日の開き始めです。

確かに同じ柄なのですが、印象が全く違うところが面白いです。

チューリップ‘ワシントン’花によって赤の入り方が少しずつ違って、皆違う顔です。

強い風が吹きませんように・・・・。

この記事へのコメント

mmchans
2010年04月11日 10:14
可愛いですね
この子も地植えなのですか
我が家も買ったことのない子が咲くときがあります
いつの間にか、交配しているのでしょうか?
たまには、冒険すると新たな発見がありますね。
kazuyoo60
2010年04月11日 10:31
黄色の赤の組み合わせ、一番綺麗です。ワシントンは作ったことはありませんが、似たのは作りました。
ミントのみん
2010年04月11日 22:16
>mmchansさん、これは昨年の秋に地植えしたものです。
普通球根はクローンだから受粉とは別だと思うのですが、受粉してできた種が何年か後に…ということはないことはないのでしょうね。

>kazuyoo60さん、
こういう色合いは初めてですが、今年ちょっと似ている別の品種も植えました。思っていたよりずっと存在感がありますね。
われもこう
2010年04月12日 14:57
ほんと,いつもシックなセンスのミンさんにしては,珍しく強烈な原色(笑)
たまには冒険も楽しいでしょう。似たようなのは植えたことがありますが,この子たちはかなり個性的で面白いです。ワシントンですか・・・秋まで覚えていられるかな?(汗;)
ミントのみん
2010年04月12日 23:08
われもこうさん、
後から品種を調べるのとても無理そうでした。これも球根に巻いてあったテープを地面に挿しておいたのですが、葉っぱで隠れてしまい、やっとのことで見つけてほっとしました。ワシントンって、意外と忘れそうな名前です(苦笑)。
2010年04月14日 15:39
みんさんのお庭にこの色のチューリップは珍しいですね。家にはこの手の色が沢山(苦笑)。秋になると何故かこの色合いを買ってしまっているのです。
コンビネーションだと顔つきが違うのがあり、何となく個性があるものだなぁと思います。みんさんの所だと周りが大人でシックだからアクセントになりますね♪

この記事へのトラックバック