ハバネロの肉詰め

私が種から育てたハバネロは、まだ青い実が付き始めたばかり。
先日、友人が育てた<辛くないハバネロ>を譲ってもらうことができました。
本来は辛くしたいのに、<辛くないハバネロ>になってしまうのだとか。

辛くないハバネロ、赤いハバネロ。左はメキシカンチリ送られてきた時の状態です。
左はメキシカンチリですが、他はハバネロです。

友人からは「辛くない」ときいていました。
一番おいしくいただくには、ハバネロの肉詰めがいいかと思い、トライしてみることにしました。


半分に切ったハバネロ半分に切る時、香りで辛さをみます。
その後、先っちょ、真ん中付近、付け根付近をちょっとなめてみます。
生だと辛いので、慎重に。
付け根付近はやや辛かったものの、全体としての辛さはあまりありませんでした。

これなら、肉詰めには最高だと思いました。


ピーマンの肉詰めメキシカンチリ入り、ハバネロの肉詰め、ハンガリアンホットワックスの肉詰めピーマンの肉詰めをつくったついでにトライしてみました。
他の唐辛子を使ったものについては、後日アップする予定ですので、お楽しみに。

ハバネロの肉詰めは、二度、作りました。

肉は、ひき肉なら何でもよいのです。
一度は豚挽きと長ネギ、しょうがで。
もう一度は牛豚の合挽き肉で、炒めた玉ねぎを使いました。
味付けは、味噌、醤油、砂糖、みりん、ごま油。
焼いて、酒、黒酢で蒸しました。


ハバネロの肉詰めさて、試食。
こちらは、黄色です。
これが、本当においしかったのです。
フルーティーな香りがたまりませんでした。
このハバネロでしか、この味は出ないでしょう。

我が家では、ハバネロはあまり黄色くはなりません。
寒くなってきた時に、オレンジにならずに黄色くなったものはありますが・・・。


赤いハバネロの肉詰めこちらは、赤(レッドサビナ)。

噛んだ時に、肉の中にハバネロの香りがジューっと入って、遠くにピリっとする辛味が。
とろ~んという感覚になりました。
「こんな貴重なものは、2度と食べられないかもしれない」と家族を脅かしてトライさせましたが、大絶賛でした。

小さい宝物、というのが一番近いかもしれません。


さて、辛くないハバネロ。
黄色がオレンジ色になってきている部分は、黄色い部分より辛みがあったように感じました。

辛くならない原因は、育てた友人にもはっきりとはわからないそうです。
トウガラシは、辛い方が甘い品種に対して優性であるようなので、遺伝的な話ではなさそうです。

ということは、環境、育て方に依存するところが大きいのでしょうか。
水やりも肥料も控えめな環境で、唐辛子を「いじめる」と辛くなる、とききます。
これは「箱入り娘」だったのでしょうか。

香りがたっぷりあってあまり辛くないハバネロ、どこを探しても売っていないでしょう。
これは是非つくってみたい、と思ってしまったのでした。

この記事へのコメント

N
2010年08月27日 03:08
肉詰め、おいしそうです。
炒めたタマネギを使うなんて、そのあと蒸し焼きにするなんて、思いつきもしませんでした。
いろんな工夫ができて、奥が深そう・・・

料理って、作り手の好奇心・探求心があって初めて、のびのびとした素敵な創作が生まれますよね。
ご家族は、スリルがあってびくびくかもしれないけれど(笑)、きっととてもお幸せですね。

みんさんの興味津々、いつも楽しみです。
どうもありがとう。
ミントのみん
2010年08月27日 06:30
Nさん、おはようございます♪

自分が食べたいものを家族に押しつけているようなもので(笑)、私も全く無計画に食事をつくっていますね。
ここまでくると、辛さの冒険も楽しいですね。
これからも、よろしくお願いします。
kazuyoo60
2010年08月27日 10:09
辛くならないハバネロ、そんなのがあるのですか。
直接手で触らないでというほど辛いのでしょう。
フルーティーですか。へぇ~~、辛いものが苦手な私、たぶん無理ですが、美味しそうに作られました。
われもこう
2010年08月27日 15:15
> 香りがたっぷりあってあまり辛くないハバネロ

そんなのがあるんですか?肉詰めで食べられる!!それは素晴らしいです。

みんさんに刺激されて育ててみたハバネロがようやく青い実をつけはじめましたが、正直言って食べられるのか不安になってきています。
昨日は、万願寺を炒めたら辛いと言われて・・・(たまに辛いのがあるけれど)
我が家のは、水が足りなかったら日当たりが悪かったり、相当虐待されて育っています。どのぐらい辛くなっているでしょう(爆;

このハバネロみたいに美味しいことを今は祈ってます
ミントのみん
2010年08月27日 21:13
>kazuyoo60さん、
辛くないハバネロは、出回ってはいないでしょう。
まあ農作物ですから、個別に違うわけで。
世間で価値のないものでも、個人的には貴重なものだと思っています。

>われもこうさん、
楽しみですね。
激辛なんてムリと思っていた私ですが、毎日トウガラシを使っていると、気付かぬうちに結構慣れてきているようです(笑)。
ハバネロの場合は、辛いだけでなく、独特のよい香りがあるので、格別です!
こあっこ
2010年08月27日 22:59
初めまして♪
おいしそ~です!
辛くないハバネロ、不思議ですね。
私もカラーピーマンで肉詰めつくろうと思いました。
見た目は同じ?味は全然違うと思いますけど。
リンクしていただいてるんですね!ありがとうございます。
私もリンクさせてもらいます♪
ミントのみん
2010年08月28日 07:50
こあっこさん、おはようございます。
時々拝見していました、楽しくて。
これからもよろしく。

カラーピーマンでもいいですね。庭のピーマンでもやってみるつもりです。
2010年08月28日 21:28
いろんな色があって、カラフルで肉詰めがとっても映えますね~♪
でも・・・なんだかロシアンルーレットみたいにどれを選ぶかちょっと迷いそうですね。
辛くないハバネロ・・・本当かなって疑っちゃいます・・・
ミントのみん
2010年08月28日 22:12
おばブーさん、
なかなか手に入らないですよね~。
ハバネロは元々香りがとてもいいことが、よ~くわかります。
2010年08月29日 15:27
こんにちは。
箱入り娘のハバネロだと辛くないかも…と聞き耳がピンと立ってしまいました。挑戦したいなぁ。
ハンガリアンホットワックスのぬか漬けが辛くなったのを知り何故なのかなぁと思いました。みんさんの実験のような味の探求は毎回楽しみです。
口にできるものを作り、成長のそれぞれの段階で料理を工夫するなんてみんさんならではの楽しみ方です。フルーティなハバネロを想像して今夜の食事を作ります。
ミントのみん
2010年08月29日 20:51
honeyoneさん、
振り回される家族は迷惑しているかもしれませんが(苦笑)、食事は用意する側が楽しまなくちゃ、という都合のよい考えをしています(笑)。

この記事へのトラックバック