寒さの中生き延びる、発芽後のマカデミアナッツ

昨年の3月にハワイで購入した、マナデミアナッツの種
大きな種なので上手く育つだろうと思っていたら、「種蒔きしたところ、全滅」とblogに書いた覚えがあります。

マカデミアナッツの発芽ところがその後、1つだけが芽を出し、ものすごく感動しました。
これは、昨年の7月8日の写真です。

マカデミアナッツは、種を土の上に載せるような植え方の方がよかったらしいのです。
発芽率が悪かったのは、しっかり土の中に植えつけてしまったからかもしれません。


発芽後のマカデミアナッツ7月15日、緑色の葉が出てきました。

感激しました。


マカデミアナッツ7月の末にはこんな感じになって、喜んでいたのですが・・・。


マカデミアナッツよくみるとわかるように、葉の一部が茶色くなっています。

この後、真夏の暑さにやられて、緑色の葉は枯れてしまい、がっかりしました。

しかし、暑さが収まった後、同じ枝が復活したのです。

その直後の写真がないのが残念です。
昨夏の蒸し暑さに、葉を落として対処したようでした。

ダメ元で、寒くなってもそのままベランダに置くことにしました。

復活したマカデミアナッツそして、今。

この寒さの中、ベランダでこんな状態でがんばっています。
成長はしておらず、動きが止まっています。

しかし、マカデミアナッツのイメージからは程遠い冬の寒さに、こんなに強いとは。
この先どうなるかわかりませんが、蒸し暑さに弱く、寒さには強いのだということは言えそうです。

マカデミアナッツは大木になるようで、この程度がかわいらしくていいのですが(苦笑)、何とか寒さを乗り切ってくれるとうれしいと思います。

この記事へのコメント

はっぱ
2011年02月07日 15:36
みんさん!
すごい!すごいっ!
マカデミアナッツ大好きなはっぱは
ひたすら感動!
みんさんって・・・
魔法使い?
ミントのみん
2011年02月07日 20:55
>kazuyoo60さん
実まで8年などとネットではみました。大木はわがやではむりですので、この程度のミニュチュアで十分です(笑)。

>はっぱさん、
発芽率悪かったのですよ。いくら待っても出てこないので、あきらめて捨てようと思っていた時に、1つだけ出てきたのを見つけた時には、本当にうれしかったです。
種って、魔法のようですよね。
2011年02月09日 09:34
なんと、常夏のハワイからやってきたマカデミアナッツが日本でも育つのですね~!
実が食卓にあがるまでどれくらいの時間がかかるのでしょうね・・・。
いつか、みんさんのお料理に登場するのを楽しみに待っていますね~
2011年02月09日 16:56
こんにちは
いやあ~種から芽が・・・しかもハワイの・・・
冬を越したらぐんぐん伸びそうですね。
楽しみですね。
ミントのみん
2011年02月10日 00:09
>おばブーさん、
そんな、大木は我が家では無理です。でもこうやって発芽を楽しむのは、やはり心によいようです。

>た~らこさん、
どこでも売っているのでしょうが…。
行ったところで色々買いこんでくるんですが、ほとんど失敗しています。ちょっとでもうまくいけば、それだけで喜んでいます。
N
2011年02月10日 12:30
種、楽しいですよね。

公園や森で拾ったドングリ、どれも、地面に放っておく方が、土をかぶせるより発芽しやすいようです。埋めておくと、なぜかスカスカになってしまう。
マカデミアナッツも、きっとおなじなんですね。

寒さに耐えるマカデミアナッツ。これからのレポートも、楽しみに待っています。
ミントのみん
2011年02月10日 16:51
>Nさん、
そうなんです、言われてみれば。その方が自然ですからね。
これからのレポート、楽しみにしなくていいです(苦笑)。
ダメ元なので…☆☆
304ジョルジュだよ
2011年02月16日 14:40
隣に「カカオ」も植えましょう。
ミントのみん
2011年02月16日 19:30
ジョルジュ、
ね(笑)。
生ったら天国♪

この記事へのトラックバック