越冬株のジョロキアとハバネロ

梅雨明けしてしまいました。
なんとなく、そんな空、空気、太陽ではありましたが。
赤紫蘇を投入してある梅は、もうちょっと経ってから干したいなと思います。

さて、トウガラシの越冬株です。
そう昨年の秋、ハバネロの鉢にジョロキアが生って驚いたのです。
よくわからないまま、冬にその鉢のハバネロは枯れ、ジョロキアは元気で残っています。
画像その越冬株のジョロキアの実が、大きくなっています。

やはり、こんな青白いおばけ風。 


画像こちらの方が、よりおばけ風かもしれません(苦笑)。

こんなに陽射しが強いのに、色が濃くならずに青白いというのも不思議です。


画像ジョロキアも鉢植えなので、暑さですぐに水切れを起こしてしまいます。
葉がしな~っとしてしまっていて、形も似ているので、葉と実の区別がしにくいですね。
白っぽいものが「実」です。

実の色はたいして濃くならずに、赤くなるでしょう。


画像越冬株のハバネロも元気です。

早く使いたくて、ドキドキします。


画像今年はトウガラシの種蒔きが遅れたのですが、それでも何とか育ち、すでに周囲にお分けした分もあります。

ただ、ジョロキアの種蒔きには失敗しています。1つも発芽しませんでした。
難しいんですね、ジョロキアを発芽させるのは…。

今年も色々蒔いていますので、楽しみです。

この記事へのコメント

2012年07月17日 23:26
今日も暑かったですね。仕事帰りに吸う息が熱いと思う程でした。
暑くて日焼けしそうな炎天下に青白いジョロキアの実…実にも個性があり、色白のもあるのでしょうか?
家はようやく蒔いた甘長唐辛子に本葉が出てきたところです。まだまだ実までは先が長いです。
梅干しの記事のUPを楽しみにしています♪
N
2012年07月18日 01:50
越冬株のジョロキアは、ほんとうは?ハバネロ(のはず)なんて、なんだか、果実と同じでミステリアス (*^。^*)

何かで読んだのですが、ジョロキアの方がハバネロに対して「先祖」に当たるそうですね。もしかすると、みんさんの越冬ジョロキアは、ハバネロの先祖返りなのかも知れません。これからも、ハバネロからジョロキアが出てくるかも。

ちょっと、興味津々です。
kazuyoo60
2012年07月18日 08:43
今年も順調に実が出来てます。いつもお上手ですね。
ミントのみん
2012年07月18日 14:39
honeyoneさん、
唐辛子はこれから伸びますよね。楽しみ楽しみ。
ジョロキア、ある程度以上青くならずに赤くなってくると思います。へんな実です(苦笑)。

Nさん、
なんだかよくわかりません。
私が蒔いたジョロキアは、昨年も1つも発芽しなかったのですから。
ジョロキア、2年目の越冬はダメだったし、種蒔きしてもダメだったから、先祖返り?を期待するしかないかしらと思ってしまいます(苦笑)。
やはり、日本とは気候などの条件が合わないということはあるのだと思います。

kazuyoo60さん、
トウガラシは、丈夫で元気に育つのが、何よりの魅力です。これからの季節は暑くて嫌ですが、トウガラシだけは楽しみです。

この記事へのトラックバック