箱根のマイナーなスポット?、梅雨時の恩賜箱根公園で。

箱根って不思議なのが、混みあっている場所とそうでないところが、かなりはっきりしていることです。
今回、あまりあちこち行かれなかったのですが、日曜日の帰りに恩賜箱根公園に寄りました。

画像ここはとくにこの時期、花もあまりなくてインパクトが弱いせいか、空いていました。
車をとめやすいので、夏場や紅葉の時期は駐車場は混んでいるのですが…。
混雑していないというのは、いいものです。

箱根は、ヤマボウシがとてもきれいでした。

ヤマボウシの間から見える、箱根神社の鳥居です。


画像元箱根周辺はいつも混みあっています。
この写真を撮る少し前に、遊覧船の乗船開始時刻となったようで、乗客が列をなしているのが見えました。

でもここは、のーんびり。
芦ノ湖の水は澄んでいて、とても綺麗でした。


画像雨には降られなかったものの、梅雨時なので残念ながら世界遺産に登録決定されたばかりの富士山を拝むことはできませんでしたが、しっとりとした気分になれました。

サツキの花も残っていましたが、ちょうど今は花が少ない時期でした。


画像湖畔近くの道ですが、なんとしっとり。

京都のように見えたりして…(笑)。


画像自然の創った芸術品です。

私はやはり日本人、苔は素敵だなあと感じます。
奥が深そうなので、老後の楽しみに、とも思っているのですが(笑)。
まあゼニゴケなどは勘弁ですけれど…(苦笑)。


画像ヒノキゴケです。
看板があったのでわかりました。
街なかに持っていくと、茶色くなって枯れてしまうらしいです。
持ち帰ったって育たないという植物は、そこで観る価値が高いものです。

この他、オオカサゴケなどもあって、私にとっては落ち着いたしっとり感がたまりませんでした。
箱根のマイナー?なスポット、でした。

この記事へのコメント

2013年06月27日 19:03
ヤマボウシの花が咲いている間に見える鳥居が鮮やかですね。
湿度か高いと苔が青々して綺麗。
ミントのみん
2013年06月27日 21:44
honeyoneさん、
湿度が高いと「青々して綺麗」と感じる苔と、「ますますうっとおしい」と感じる苔、ありません?
庭にはなぜか、ゼニゴケのようなベタ~っとした苔がはびこっています(><)。
kazuyoo60
2013年06月30日 10:07
箱根も富士山の世界遺産で今まで以上に観光客が多くなりそうですね。素晴らしい眺めです。
そのジャゴケゼニゴケも生えますが、綺麗な苔も少しだけは。ヒノキゴケ、綺麗ですね。早々、胞子の時期にはそれなりに見入ることがありますよ。
ミントのみん
2013年06月30日 21:39
kazuyoo60さん、
景気がよくなればうれしいことですが、富士山周辺は元々好きなので、混雑が怖いです。
人間にとってうれしい苔、うれしくない苔。勝手に分けるのも悪いなと思いつつ、やっぱり見映えは重要ですよね…。

この記事へのトラックバック