台湾・平渓線の旅(2)

台北に滞在しています。
平渓線の旅(1))の続きで、にわか乗り鉄になっています。

平渓でも降りて、周囲を歩きました。
画像これは、駅ナカショップ。
私たちは青桐で竹筒に願い事を書いてきましたので、ここはスルーしましたが、各駅にあるスタンプはしっかり押してきました。


画像周囲の自然はこんな感じで、これだけでも刺激的です。
クワズイモもとても多く、沖縄を思い出しましたが、体感温度は沖縄本島より低い気がしました。
台北の方たちは、真冬の格好をされていましたし。
台湾のこの付近は雨が多いことで有名ですが、ずっと晴れていてラッキーでした。


画像十分です。

ここは線路脇までお店があって、日本でも、風情ある風景と天燈で知られるようになりました。
以前九イ分へ行った時は小雨が降っていて、この付近はいつも雨、という話を聞いてたのですが、ラッキーなことに全く雨の気配がありませんでした。

線路脇のお店でお昼を食べて、まずは十分の滝まで歩きました。


画像滝といってもたいしたことはない、という情報もありましたが、よかったです。
間近に見られて綺麗でした。
虹のようなものも見えて、心が洗われました。


画像十分の駅に戻り、天燈上げをしてきました。

願い事によって色が選べますが、まずは家族の健康と幸せ祈願で、赤。
イケメンのお兄さん(^^)が、写真を何枚もきれいに撮ってくださいました。

この後、帰りは15:00ごろでしたが、平渓線の混み方と言ったらすごかったです。
乗り換え後の電車も立ちっぱなしで、足が棒になってしまいました。

台湾はマッサージも安いので、疲れをほぐしました。

この後、新幹線で高雄へ。
アップできるかな・・・。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2014年01月25日 13:43
台湾は女性3人でうんと昔に行きました。珍道中が楽しかったです。
故宮博物院だったかな、素晴らしかったです。もう行く機会もないですが。
ミントのみん
2014年01月26日 01:02
kazuyoo60さん、
近場の海外は特に、楽しみ方が色々ですね。
台北の中心部は空気が悪いのですが、この辺はとても自然に恵まれていて、何といってもお天気がよかったのはラッキーでした。ただ小雨も風情があると聞いています。

この記事へのトラックバック