オダマキの後姿

大好きなふわふわの西洋オダマキが咲きました。
何年も前に姉からもらった株から種が散り、新たに育っているものです。

この後姿、やわらかい曲線を持っています。
画像
オダマキはキンポウゲ科の植物で、外側の花弁に見えるものはガク、内側の筒状のものが花弁です。
花弁は、ガクを突き抜ける形で後ろに<距>を持ちます。

画像
特に後ろ側はとても複雑な形をしています。
もうちょっとすると、この<距>の部分にアブラムシがつきやすくなります。
ギリギリ、まだ大丈夫で、とても綺麗です。

画像
まだまだ、つぼみがたくさんあります。

優しい表情をしていますが、冬の間はひっそりと春を待つ、根のしっかりした植物です。
オダマキはたくさん種が採れますが、丁寧に播いたものより、自然にとんでもないところから発芽しているものの方が丈夫なのは、とても不思議です。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2014年04月19日 08:54
大事になさってる可愛いオダマキ、今年も綺麗に咲いてくれました。
小さなお姫様のように優雅な花です。
ミントのみん
2014年04月19日 23:09
kazuyoo60さん、
オダマキ、何種類かあったのですが、今はこれが残っています。
お姫様のように優しいけど、強いんでしょうね。
冬越しの様子には、いつも感動します。
2014年04月20日 03:52
オダマキの姿を見てホッとしました。みんさんの所のオダマキは例年通りなんですね。ここでしっかり花見して行きます♪
昨夏の酷暑と残暑のためか花壇に数種類あったオダマキが全滅し、プランターに数株残るのみです。こぼれ種から新たな芽が出ているので来春は少し盛り返すかなと期待しているのですが…。
われもこう
2014年04月20日 10:28

オダマキ・・フリフリスカートみたいで可愛い
しっかり根付いていますね。
我が家のは消えてしまいました。オダマキは会わないようですので、諦めました(泣;)
こちらで,毎年拝見出来るのがうれしいです。
ミントのみん
2014年04月20日 17:57
honeyoneさん、
オダマキ、暑さにはやはり弱いですよね。
意外と、鉢から出てきています。
来春以降が楽しみですね。

われもこうさん、
種はたくさんとれるのですが、実生で発芽する割合はさほど高くないのだと思います。
大切にしておかないといけないですね。

この記事へのトラックバック