岩手の道の駅でゲットしたもの。

岩手県を旅行してきましたが、帰宅して現実に戻ってからは、時間を見ては写真やパンフレット、買ってきたものを眺めてにやにやしています(笑)。

思うがままにあちこちへ行ったのですが、
画像自然に囲まれたここ種山ヶ原は宮沢賢治ゆかりの地で、今はキャンプ場があり、立派なコテージも建っていました。
ここには立ち寄っただけですが、ここでお天気がよい日に星が観られたらいいだろうなと思ってしまいました。

種山ヶ原の「道の駅ぽらん」をのぞいてみました。
キャンプのための食材、主に野菜などが販売されていましたが、なんとその日は、ピーマン1kg 100円。
トマトもキュウリも大量に入って、考えられないくらい安いお値段。
欲しかったのですが、とても持って帰れない量でした。
画像これ、なんと呼ぶのでしょう。
農作業用頭巾でしょうか。

この手の形のものは本格的な「農家のおばちゃん」のものと思っており、素人のガーデニングには考えたこともありませんでした。
ホームセンターなどには売っているのでしょうが・・・、目に留まったこともありません。
ガーデニング雑誌にも載っていないと思います。たぶん・・・。
最近ガーデニングには、気に入っているヘンプの帽子をかぶっているのですが、考えたらうちの庭ならまともに誰かと顔を合わせることもないし(笑)、こちらのほうが機能性が高い気がしました。

岩手県気仙郡住田町の生産者が書かれていて、これはよい思い出になると思って1,300円でゲットしました。
そう、でもやはり「我が家での庭仕事専用」として(笑)。
ざぶざぶ洗えるところがいいし、しっかり日よけできそうです。

さっそく使ってみたところ、帽子よりも髪の毛が潰されず、風で飛ぶ心配もありません。
首回りの日焼けはを防ぐのはもちろん、かなり深くかぶることもできて顔の部分もかなり奥まで入ります。
すっぽり包まれている安心感があって手放せなくなりそうです(苦笑)。
「もうとっくに使っているわ」というガーデナーもいらっしゃるかもしれませんが、私にとっては高い壁(!?)を乗り越えたような気分です(笑)。

旅先で買ったものは思い出すことができて、日差しの強い時期のガーデニングに、自分へのよい土産となりました。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2014年08月18日 10:49
1kgもあって100円とはです。しかも美味しいのでしょう。
あちらの方は夏は日焼け対策、冬は防寒にと肌の露出を極力避けられてますね。
首の後ろに強い太陽光が当たると、私は駄目なのです。日焼けよりも何より、辛くて外に居られません。
ミントのみん
2014年08月19日 08:04
kazuyoo60さん、
ピーマンは中が空洞なので(笑)、1kgって結構あるんですよ。びっくりです。とてもおいしそうでした。
それから私は夏にアトピー性皮膚炎が悪くなってしまい、蚊に刺されてもひどくなってしまいます。日焼けと虫への防備は懸命にしているのですが、情けなくなります。農家の方のご苦労は半端ではないのだなと、この時期に強く感じます。
われもこう
2014年08月22日 21:20
花歩きって、素敵な言葉ですね~~
私はどうしても好奇心があれもこれも飛んで花だけに収まらなくて困ったことです。

岩手って、まともに行ったことが無くて、宮沢賢治に憧れた若い頃を思い出しました。避暑に行きたいです。
ミントのみん
2014年08月23日 07:06
われもこうさん、
花より団子だったりしますよね!
でもやっぱり、草花や樹木でも、私を誘ってくれる気がします。

この記事へのトラックバック