「割れた壺」に多肉植物

小さな入れ物で育って姿がいいだけではなく、放置しておいても発根してくる多肉植物。
普段から魅力を感じて、ベランダにはたくさん多肉の子がいるのですが、急に何かしたくなって新たに買ってきてしまうこともあります。

落として割ってしまった小さな鉢というか壺に・・・。
かなり気に入りました。
画像


これを落として割ってしまった時にはかなりショックを受けましたが、めげずに活用してみました。
画像
底に穴もないし、この向きに植えてもつまらなそう。
アンバランスな方が動きがあってよさそうです。

横に寝かせた向きで行くことにしました。
買ってきた多肉は根元から分けて小ぶりにし、ベランダの多肉も入れました。
画像
ご存じのとおり、多肉植物はポロリと落ちてしまっても、ちゃんと根が出てクローンが育ちます。
そもそも根が出てくるのが楽しいし、ふえて嬉しいものです。

これは以前からあるハンギングのキャンドルスタンドカバーなのですが、これに使い古しの「やしマット」をちぎって詰め込みました。
使い古しでやわらかくなってため、ちぎりやすいし詰めやすいので、有効利用できました。
画像
余談ですが、使い古しのやしマットを放置しておいたら、鳥が巣作りのために持って行ってしまうことがあって、驚きました。

こんな感じで、こちらも出来上がりました。
画像
これでは見にくいのですが、使い古しのやしマットだと側面に穴が開けやすいので、脇からも少し多肉を出してみました。

意外とうまく行きました!
画像
この周辺であれば屋外で越冬するはずです。
楽しくてたまりません。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2015年11月20日 11:44
良い雰囲気の醸し出しています。上手に利用なさってますね。
ミントのみん
2015年11月21日 21:25
kazuyoo60さん、
偶然できた形って不思議で、2度と巡り合いません。
使ってみると面白いものですね。
われもこう
2015年11月22日 07:02
お久しぶりです。
素敵な壺ですね、現役の時はどんな風にお使いかと・・・、割れても使いこなすのはさすがです。

見たことがない形と思ったら、キャンドルスタンドカバーなんですね!通気性が良くて、植物が喜びそうです^^
2015年11月23日 02:36
割れた壺も向きを変えてリユースして趣のある多肉植物の器になりもう一働き♪
みんさんの心持ちが伝わってくる感じです。
キャンドルスタンドのリユースも工作で残っている針金で細工したら似たものができそうで参考になります。いつもアイデアをありがとうございます。
ミントのみん
2015年11月23日 20:33
われもこうさん、
ありがとうございます。
油絵が趣味だった母が昔、絵を描くモデルとして色々なものをため込んでいて、それが我が家に回ってきた、というものです。使いこなせずにいて、なんとベランダに追い出され、さらに割れてしまったというストーリーを持つ壺なのです(苦笑)。
でも、こうやってネット上で見ていただくことができて、なんだかこの壺も息を吹き返せたかしら…、と思っています。

honeyoneさん、
壺は底穴がないので、この向きなら、手前の下が欠けていてそこに欠片をかさねているので、少し前に倒せば排水できるかなと思っています。

このキャンドルスタンドも、かなり以前のものです。カチッと使うよりはこんな感じの方がよさそうです。
ワイヤーで作ればもっと素敵なものができるのかもしれません。
丈夫な植物は遊び方も豊富で、楽しいですね!

この記事へのトラックバック