雑草クリスマスローズ

今日は気温が高く、開き始めた沈丁花が一気に咲き進みました。

我が家のクリスマスローズは、地下にどっしり根を張って、次々とミックス種となって散った種から雑草のように生えてきています。
今、満開を「5」とすると、急に「3」くらいに咲いてきました。

こちらのピンクは2-3日前から立ち上がり始めました。
画像
クリスマスローズ工場のように、周囲に次々と増えています。
それも、少しずつ顔が違います。
その状況は、また今度。

これは、お隣さんとのミックス種。へんな場所に種が散って、そのまま生えています。
画像


時々行く花屋さんがクローズするためにセールをやっていたので、雑草クリスマスローズではなくて八重のものを2種類も買ってしまいました。
そのうちの1種。
やはりお嬢様の雰囲気で、雑草クリスマスローズとは違うようです。
画像
これらもまた後日。

クリスマスローズは毒草なので無事ですが、我が家の綺麗な色の花は、ヒヨドリの被害にあってしまい悲惨です。
これらもまた後日アップしたいと思います。

この記事へのコメント

2016年02月19日 20:59
雑草クリスマスローズ!笑。わかるような気がします。
交雑してこぼれ種で陣地を着実に広げていくその様はまさに雑草の魂を持っているとしか思えません。開花までに3年かかるからその歩みはゆっくりですが。
ミントのみん
2016年02月19日 22:39
honeyoneさん、
ホント、その底力って、相当なものですよね。
しかも、ヒヨドリに食われないし…(笑)。
kazuyoo60
2016年02月20日 19:02
ダブルのクリスマスローズがが綺麗に縁どりされて、上等の花です。
お宅様のお庭では強いのですね。羨ましいです。
ミントのみん
2016年02月20日 22:23
kazuyoo60さん、
買ったばかりの花は上品に見えて大事にしたいし、どこに植えこもうかとうれしい悩みもあります。
一方で、根付いたクリスマスローズは季節を感じさせてくれて、分身のような気持ちにもなるほど親しみがあって、面白いものです。

この記事へのトラックバック