4年目のバラ、ピエール・ドゥ・ロンサール

バラの時期はいいものです。
バラには本当にかわいそうな場所なのですが、丈夫なバラだけが育つ我が家。

このピエール・ドゥ・ロンサールは、今や人気NO.1のつるバラなのだそうですが、うなずくばかり。
丈夫なのに優しさに溢れています。
花が垂れさがるように咲くので、手もかけておらず誘引が下手くそな私は咲いてからいじっているという・・・。
ネットで見ても、このバラは茎が太くなりよく伸びるが故に、剪定や誘引を誤るとその後が大変なようですから、ちょっと緊張しないといけないです。
お隣さんも一緒に楽しんでくださるので、それが何よりかもしれません。

余計なものが写らないように写真を撮るだけでいつも苦労しているのですが、優しさとやわらかさだけが伝わることを願い、一気に写真だけUPします。
画像 

画像

画像

画像

画像

画像

この記事へのコメント

kazuyoo60
2016年05月15日 13:41
ピエール・ドゥ・ロンサール、人気抜群ですか。あちこちで拝見して喜んでいます。巻が強くて色合いが良いからですね。植える場所があれば欲しいバラです。
ミントのみん
2016年05月15日 18:04
kazuyoo60さん、
綺麗で丈夫なのですが、誘引が難しいです。
よく通る場所に、綺麗に誘引しているお宅があるのですが、計画性のない私には難題かも。でも好きな花はやはりいいですね。
われもこう
2016年05月18日 18:32
とてもきれいに誘引されているように見えます。
ピエール・ドゥ・ロンサールは気品がありますね〜〜
ミントのみん
2016年05月18日 22:01
われもこうさん、
もっと沢山咲いてきました。
すっごく嬉しいです。

この記事へのトラックバック