台北近郊、魔法の庭・林本源園邸に感激。

年に1度程度行く台湾へ、また行ってきました。
今回一番驚いたのが、台北近郊で興味深くて素敵な庭園があったことです。
ここの説明はとてもできないので、専門のところに任せます。
林本源園邸http://www.linfamily.ntpc.gov.tw/
(日本語選択可)
豪商だった林一族の住居跡で国定古蹟となっており、ネットには情報がありますが、雑誌等の紹介は少ないようです。

今、建物は工事中で、見学できるのは半分以下であることは調べて知っていました。(2017年1月現在)
そのためなのかどうかわかりませんが、入場料は無料でした。
私は庭だけでも満足しましたが、建物が竣工したらまた行きたいと強く思っています。

植物に関心のある私としては、どこへいっても「庭」には興味があります。
でもここは、視線をちょっと変えるだけで景色が全然違って見えるという、まさに魔法のような庭です。
こんなに複雑な高低差の計算などを3Dの技術もない1890年代に作ったというのは、信じられません。

入り口を入ると、このようによく手入れされた長い庭。
この先には、銀木犀の長い垣根がありましたが、園内でも時々木犀の香りがしました。
画像

今、建物は修繕中で、見学できるのは青くない部分のみ。
なので見られるのは半分以下でしたが、それでも見る価値はあると断言したいと思います。
画像

全てをUPするのはとても無理なので、数枚を。
画像

高低差があり、ちょっと角度や高さが変わると、見え方が全然違います。
木犀の香りは、こういうところにぴったりだと感じました。
本当に不思議で、ため息がでます。
画像

ここは、岩の山。中央に銀木犀が見えます。
この中に階段があり、上がったり、岩の下にもぐることもできます。
画像

もぐったところから外を見ると、池が見えます。
画像

ガジュマルの似合う、エキゾチックという言葉では言い表しきれない魅力的な風景でした。
画像

この付近で、園邸の日本人ボランティアの方に声をかけられ、解説を聞くことができました。
この中(壁の向こう)は「福」がいっぱい、とのこと。
とても濃い内容のお話を聞くことができ、感謝感謝。
画像

「福」を表す蝶とコウモリがそれぞれ2つあります。
画像

ブーゲンビリアの盆栽です。
画像
ここの盆栽はさりげなくても周囲とマッチしていて、とても素敵でした。

どこから見ても、こんな感じで面白いのです。
画像

回廊です。
画像


これはお月見のための場所。
女性は、この部屋のようなところから、男性はこの木の上の場所から月見したそうです。
画像

今は、木の上には登れません。

歴史抜きには語れないでしょうが、いきなり行った外国人も感激する大きなものがあります。
手入れの行き届いた園内は、繊細な庭の設計に対して丈夫で水分を多く含む熱帯性の植物に囲まれた安定感、シンボライズされた縁起物、花の香り、盆栽など演出の仕方も面白いだけでなく、どこかしっとり感があって落ち着きます。
画像

ガイドさんのお話のよれば、「今年(2017年)の6月末に工事が終わる予定だが、この国では予定は未定なのでご注意を・・・(笑)」とのことでした。
絶対にまた行きたい、と思ったのでした。

長くなってしまいましたが。
ここへのアクセスは、台北MRTの府中駅から徒歩10分程度でしたが、途中に「黄石市場」がありました。
台北郊外ですがかなりディープな雰囲気で、多くの人で混雑する中バイクが猛スピードで通っていくという、これまた台湾らしい雰囲気を味わえました。
画像画像
画像画像

この他、ミントのみんで取り上げたい話を、続きとしてUPする予定です。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2017年01月10日 11:20
毎年行かれて、あちらこちらと、良いですね~。
向こうの門までの小道、良い雰囲気です。暖かい台湾、サンタンカがあちらにもこちらにも、年代を感じるお庭も良いですね。
コウモリが福なにですか。綺麗なデザインです。
ブーゲンビレアの盆栽、素晴らしいです。花市場、ランがいっぱいですね。豚足にはぎょっとです。
われもこう
2017年01月10日 15:44
年に一回ぐらい・・・いいですね〜〜^^

まだ一度しか行ったことがないのですが、また行きたいと思う場所でした。雑誌にはあまり載らないない情報なんですか!さすがです。
台湾レポートの続きも楽しみにしています。
ミントのみん
2017年01月10日 19:11
kazuyoo60さん、
よく見ていただけました(^^)。
植物が好きな方にはたまらないと思います。イングリッシュガーデンにはないよさがあると思います。

われもこうさん、
近いので休みを取りやすくて手軽に行けるのは大きいです。
それと、アジアや日本の文化を再認識できる良さもあります。
正確なことはわかりませんが、ガイドさんは雑誌2誌にしか載っていない、とおっしゃっていました。私は雑誌ではなく読み物で見たのですが、ネットには情報はあります。
建築物がよさそうで、竣工が楽しみです。

この記事へのトラックバック