生命力の強いシャガ・・・

シャガが咲き続けています。

シャガ地下茎で次々広がってしまったので、昨年抜き続けたら、今年は少なくなってしまいました。

シャガは日陰で育つし、全く手がかからずにふえてくれるので、ラクといえばラクな植物なのですが、ある程度大きくなってくると斜めに倒れてくるのが扱いにくいものです。どこか葉が汚らしい・・・。 

シャガしかし以前もブログで触れましたが、
シャガが斜めに倒れて生えるのは、意味があることなのです。

シャガの葉シャガの葉は面白い形態をしています。
単面葉というそうで、折り紙を2つ折りにして互い違いに組み合わせたような形でくっついています。
写真の葉は、すべて2重になっているということです。
2つ折りの内側の部分が表で、出ている両側が裏ということになります。

妙に分厚く水分を多く含んでいる重なった部分が位置的に上の方まであるので、重くて倒れやすい(傾きやすい)のだと思います。

倒れることによって、1枚の葉でも上を向く面と下を向く面が出来、下を向く方の面に気孔が沢山つくられるのだそうです。
下を向く面が生態上の裏、そして上を向く面が生態上の表。表は皮が厚くなっており「表」という感じがするのですけどね。(参考サイト 石川の植物 「シャガとヒメシャガ」のページ

花も不思議な雰囲気で、好みとは言えないのですが・・・、生命力に強く惹かれています。

"生命力の強いシャガ・・・" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント