錆びた空き缶のクレマチスとハナニラ

昨年購入した、クレマチス‘ムーンビーム’です。
ムーンビーム昨年花後切り詰めてしまったせいもあり、あまり伸びず、ミニミニサイズのままです。

フォステリー系のクレマチスで、花は3月から咲いていますが、長持ちしています。

ムーンビームこれもクレマチスなのかと思ってしまいますが、花の直径は1,5cm程度の小花です。
淡黄色の花色と空き缶の錆の色が合うかなと思い、ここに入れています。

空き缶のムーンビーム‘カートマニー・ジョー’と同じく、葉には巻き付く部分がありません。
購入した時にはこのグリーンのワイヤー部分に蔓が留めてあったのですが、やはり留めないと上には綺麗に上がっていきません。
今年はややしょぼいのですが、まあ仕方がありません。
空き缶は、底に穴を開けて、外で放置しているだけですが、錆は植物のよさを引き出してくれているように思います。

さらにボロボロの空き缶に入れた、ハナニラです。
空き缶のハナニラこちらはりおさんにいただいた球根のもので、庭のものとは全く別にして秋に植えなおしたので、放りっぱなしの庭のものより花が遅かったのです。

この空き缶こそ、これ以上使えないくらい錆びています。
でも、素朴な花にはピッタリかもしれません。

ボロボロの空き缶一部、穴が開いてしまい、土が流れないようになんとか塞いでいます。
ケガなどすると危ないので、庭の、いつ壊れても支障のない場所に置いています。
ギリギリまで使うのは、快感です(笑)

我が家のガーデニングは、相変わらずリユース品が大活躍です。

"錆びた空き缶のクレマチスとハナニラ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント