怪獣のようなサルビア

何年も前からはびこっている通称「メドーセージ」、正式には「サルビア・グアラニティカ」です。
怪獣?
怪獣が何頭も、ガオーッと言っています(笑)

冬に地上部はなくなりますが、初夏には大きくなっていて、秋まで長く咲く花です。


メドーセージ根は、サツマイモのように太くて頑丈です。

あまりにもはびこったので退治したことがあったのですが、その根を取り除くのにクタクタになってしまった覚えがあるくらいです。
それでも退治しきれず庭の隅に残ったものが、これです。

草丈が私の背くらいあって、平気で真横に倒れてきますが、切り戻すのも面倒で放りっぱなしです

雨に当たってここのところの雨に当たり、その表情も初秋を感じさせてくれます。

あまりの勢いに一度退治はしましたが、全然違う場所からでてきたグアラニティカ。
それでも花が咲くと、残しておこうと思えるのでした。

"怪獣のようなサルビア" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント