こぼれ種でふえるカラミンサ

ベランダから庭への降りるところに生えてきたカラミンサが、成長しました。

カラミンサ・ネペタ庭に毎年カラミンサは出てくるのですが、適当な時に抜いてしまいます。
でもそれにもめげず、忘れたころに毎年種であちこちに生えてきます。
多年草ですし、挿し芽でも実生でもうまくふやせるのが楽しい植物です。

指でこすると、指がスーっとよい匂いになります。

カラミンサ・ネペタ離れてみても、涼しげで綺麗です。
花期が長く、また我が家に数種あるミントより、花は綺麗だと感じます。

通り道の、よく踏みつける場所に出てきました。
最初のころは何度も踏まれているでしょうが、全然大丈夫でした(笑)

匂いもいいし、清楚で、どちらかといえば他の花の引き立て役となるハーブ。
何よりもその生命力に惹かれるのかもしれません。

"こぼれ種でふえるカラミンサ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント