不思議なハナトラノオ

夏~初秋の花、ハナトラノオです。
何年も前に近所の方からいただきましたが、その地下茎でふえるその勢いはすごいものでした。
結局雑草のように抜いてしまい、花が咲くまで残っているのは、ラッキーな一部だけです。
ハナトラノオ
でも、やはり花を見ると、その不思議さにほれ込んでしまいます。

茎の断面が四角形で、花も四方向についています。
とうもろこしを縦にほぐして食べていったイメージがあるのですが・・・・。(笑)

ハナトラノオこうやってみると、二方向に花が付いているかのように見えますが、いえいえ、よく観れば、四方についているのです。

ハナトラノオ下から順に花が咲くので、上の方の蕾はポツポツと、不思議な線を描きます。
花の色は、その頑丈さとは似ても似つかない繊細な色をしています。

花が咲く時期になると、「ああ、抜かないでもっととっておけばよかったな」と後悔しますが、限られた場所なので仕方がありません。

ハナトラノオ咲き方はアンバランスなものもあり、花によって違うところも面白いところでしょうか。
花後は抜いてしまっても、翌年いつのまにか必ず葉が出てくるのも、不思議です。

肌寒く感じるようになりました。
左に見える葉は、シュウメイギク。
これからは、秋の花が見ごろになりそうです。

"不思議なハナトラノオ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント