鑑賞用アスパラガスの花と実

庭にしっかり根付いている、鑑賞用アスパラガスに綺麗な花が付いています。
3mm程度の大きさの花で、植えてから数年して初めて花を付けました。

鑑賞用アスパラガスその後は毎年花を付けますが、新しい若い葉(正確には葉状茎)の部分には付かず、その前の年に出たらしい葉に付くようです。

昨年のような綺麗な様子が撮れなかったのですが、やはり花がつくと目の前で座り込んで観てしまいます。

鑑賞用アスパラガスこれだけたくさんの花が咲くのに、今まで実はほとんど付きませんでした。
それが今、3個の実が付いていることに気が付きました。

そして、この葉に見えるものは、茎なのです。葉状茎とか仮葉、偽葉などというようです。
アレンジやリースなどに使うのですが、華奢に見えても、ちっともしなっとしてきません。
これは茎だと知った時はびっくりしました。葉は退化してしまったようです。

散った金木犀ついこの前まで満開だった金木犀が、気がついたらほとんど散ってしまいました。

アスパラガスの白い花と、金木犀のオレンジ色が、面白い様子を作り上げていました。

"鑑賞用アスパラガスの花と実" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント