プリンのガラス容器で、スプラウト栽培

モロゾフのカスタードプリンのガラス容器をご存知ですか?

レッドカイワレとブロッコリースプラウトスプラウトの栽培にも、ちょっといい感じです。

両端はレッドカイワレ。
中央はブロッコリースプラウトです。
同時に蒔いたのですが、発芽も成長のスピードもちょっと違って凹凸が出来てしまいました。

生き物ですからこれはこれでいいことにしましょう。 

モロゾフのカスタードプリン容器プラスチックの容器よりガラス容器の方が、冷やした時、ずっとおいしいと感じます。

シンプルで、私は食卓でもキッチンでも使っています。
モロゾフのサイト見ると、このガラス容器はリサイクルの流れに乗っており、製造時、カレット(ガラスを粉砕処理したもの)を調合し成型されていて、回収しての再利用は行っていないとのことでした。
モロゾフのカスタードプリンのガラス容器のリサイクルのページはこちらです。

メーカーが回収して再利用をした方がよいという考え方もできますが、安全、衛生上の観点から回収が行えないというのは、私は理解できることだと思っています。

それなら、やはりリサイクルする前に、自宅でリユースできたらいいですよね。

ビンに栽培石を入れたところ今回は、このビンにスプラウト栽培用のゼオライトを入れましたが、化粧用パフやティッシュでも十分できます。

ゼオライトだと水が傷みにくいので栽培しやすいのですが、パフなどの場合は、水は毎日取り換えた方がよいと思います。


レッドカイワレの種を蒔いたところ水を入れて種を蒔き、発芽するまで箱をかぶせたりアルミホイルで包むなどして、暗くしておきます。

使ったら、洗って、資源リサイクルに回せば有効利用できます。

また、カスタードプリンが食べたくなりました(笑)

"プリンのガラス容器で、スプラウト栽培" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント