野菜高騰時にも便利な豆苗

寒さの影響もあり、野菜、特に葉物野菜の高値が続いています。
仕事帰りの買い物では、「もやし」は大体売り切れになっています。

先日TVで、「葉物高騰時には、お鍋にも豆苗(とうみょう)がいい」というようなことを言っていました。
なるほど、植物工場で生産されるので、天候などに左右されないでしょう。

以前我が家は、一度刈り取った豆苗で室内が占領されるよう(笑)になったこともあるくらい、大好きです。
その時の「ミントのみん・豆苗の段々畑?」はこちらです。 

豆苗とその再生は、楽しいし、手軽だし、栄養もあっておいしいし、安くて「得した気分」になれます。
もやしよりずっと日持ちがするし。
お鍋にもよく、お味噌汁にちょこっと入れたり、もちろんサラダにも、炒めものにもよいと思います。


画像新たに蒔くより、再生する方が、お皿だけ用意すればいいので断然楽です。

キッチンのこんなニッチスペースに置いて、はさみで切って使っています。
この場所だと使いやすいし、水の取り替えもしやすいので。

夏場と違って水が痛みにくいのはうれしいことです。
ただ冬とはいえ、キッチンも暖かいせいか、思っていたよりも伸びています。


画像今の時期は、パッケージにも「鍋」が前面に出されていました。

こちらには、放射線量計測結果も公表されています。
村上農園のサイトは、こちらです。


画像豆苗のにんにくとベーコン炒めです。

塩こしょうでの味付けでカンタンですが、と~てもおいしいです。
豆苗の香りが、にんにく、ベーコンとよく合います。
にんにくのパリパリ感を出すには、油でいい色になったら、他のものを炒める前に、面倒でもにんにくを一度取り出して最後に入れるようにしています。

まだまだ、豆苗のお皿の数は増えそうです。

"野菜高騰時にも便利な豆苗" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント