クレマチス‘土岐’

白いクレマチス‘土岐’です。
風にあおられながらも、その姿を保っています。


白い大輪の土岐が咲くと、ほっとするような優しさを感じます。
16-7cmの大輪の花が咲きます。
裏側に緑色の筋があり、咲く直前の姿も個性的です。
画像

土岐は、咲き始めは緑色が強く、開花が進むにつれて、純白になっていきます。
画像

画像実は、上の2枚は1週間前の様子です。

こちらが今日。
真っ白です。
強い風にめくられても、形を保っています。

画像過去のblogを見たら、手に入れたのは10年前でした。 

もともとそれほど蔓が長く伸びるタイプではないので、剪定もせず、手がかかりません。 
あまり日当たりがよくない場所なので、お日様が確保できるオベリスクの一番上の方に咲いています。

放置しているのに今年はよく咲きました。
花付きの良し悪しの原因は、うーん、わかりません。

散ってほしくないけど、このクレマチスは「花後」も綺麗です。

"クレマチス‘土岐’" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント