ジベルニー後のオランジェリーとオルセー美術館の「睡蓮」

パリからジベルニーへ行き、モネの庭に浸りました。
色が綺麗で、なんとも言えない雰囲気がありました。
画像

手入れの方たち、一生懸命やられていました。
画像


この後、モネの睡蓮の絵を観に行きました。
パリの美術館はほとんどがノーフラッシュでの写真撮影OKなのは、後から楽しめて鑑賞者にとってとてもうれしいことだと思いました。

オランジェリー美術館です。
朝一番で行ったところまだ人が少なくて、広い空間を撮影できました。
横長の絵が4枚ずつ8枚、2つの部屋に360°に展示されていました。
画像

画像


オルセー美術館は、普段入場にも混み合うのですが、ちょうど夜の9:45まで開館している曜日に夜入館したところ、すぐに入れました。
画像

今、日没が夜の10時近いので、遅くまで明るくて行動ができました。
いつもとはまた違う印象を受けました。

"ジベルニー後のオランジェリーとオルセー美術館の「睡蓮」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント