怠け者のリトープスにも花。

毎日目に入るものって、結構見えなくなることがあります。
それが綺麗でも、ちょっと汚くても。

ベランダの日の当たるいい位置にある、リトープス。
洗濯物を干す場所の近くにあり、たま~~に水をやる程度。
いつ花を咲かせるのかも忘れていました。

先月の後半、洗濯物を干すときに白い花の蕾に気づき、その後開花しました。
日が当たると開くのですが、当初なかなか開いた時間帯に観ることができませんでした。
画像


花がお日様にあたり、綺麗に咲きました。
画像


この花は、なんとうちに来て12年。
2年目からたくさん花を付けるようになったのですが、放置しているからか(^^;)、今年は1つしか咲きませんでした。
それもそのはず、水が足りなかったようで、写真に撮るとシワシワであることがよくわかります(苦笑)。
画像
その隣には枯れたショッキングな姿の株が・・・。
枯れてカサカサになったものも、綺麗に整理していなくて・・・。

こちら↓は、2012年のこのblogの写真です。
画像
うーん、こちらはぷっくらしていて、全然違います。
明らかに手入れ不足なのと、この株自体も年を取ったか・・・。

そういえばこの前にもう1種類のリトープスの黄色の花が咲いていることに気づきましたが、写真を撮りそこない、枯れてしまってから撮影(苦笑)。
画像


ハマり出すと止まらないというリトープスは種まきもされる方がいますが、時間もかかるし大変だと思います。
ただ、リトープスをはじめちょっと変わった多肉植物は、ハマるほどの魅力があるということもよーーくわかります。
とっても可愛いですし。

と言いながら怠け者の私。
2種類とも12年間我が家とともにあるなんて、もっと可愛がってやらないと。
画像
あまり普段姿を変えないのに、突然花が咲いたり、脱皮したりする姿に、「命ここにあり!」と感じさせられます。
花が咲けば、お日様には敏感に開いたり閉じたりする姿にも感動。

この後の脱皮も含め、本当に「芯のある」植物です。

"怠け者のリトープスにも花。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント