色の濃さが大きく変わるチューリップ「サルボ」

昨秋初めて、「サルボ」というチューリップの球根を植えました。
画像
やわらかい雰囲気「でした」。

3球植えて、それぞれ個体ごとに色が違うのは、個性でしょう。
世界に一つだけの花、ですから。
薄目の色は、やわらか。
画像

ちょっと濃い目の色も。
画像


でも、これはその翌日・・・。
色が少し濃くなりました。
画像
日の当たり方で色が違って見えるのは間違いありませんが、確かに上とは違っています。

これはさらに2日後。濃く、黄みを帯びて赤くなっていきました。
画像


球根の袋の写真は、白に細い赤の縁取りでした。
切り取って目印にしておいたので、汚いのですが。
画像
同じような色素の遺伝子?でも、こんなに違う雰囲気なのですね。

今朝です。
画像
曇っているのでおとなしめの印象ですが、最初とは全く違います。

でも、長く咲いています。

チューリップは咲き初めから咲き終わりの間に色が多少は変わると思うのですが、こんなに変身するのも珍しいのでは。

早咲きのクレマチスが散り、大輪のクレマチスが咲いています。
どうして一気に花が咲いてしまうのかしら・・・。

"色の濃さが大きく変わるチューリップ「サルボ」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント