花束から鉢植えに。夢のあるドラセナ♪

これは、春に花束の一部だったドラセナ。
「我が家に縁があったのね!」と勝手に思って喜んでいます。
画像


花を花瓶に入れて飾ると、たまに根が出てくることがあります。

綺麗な花束を花瓶に移すと、初めのうちは綺麗で最高の気分ですが、当然のことながらだんだん痛んできます。
気温の高い時期はすぐに全滅しますが・・・、夏以外であれば水替えをしっかり行うと意外と持つ植物があり、持つもの、持たないものの差がよくわかります。
私は、切り花は割と長く持たせるほうなのでは、と自負していますが・・・、そんなことより発根すると超ラッキーと思ってしまうのです。

春にもらった花束のドラセナは、5-6月にはあっという間に根が出てきました。
これを挿してみようと思いました。
画像

一応、発根促進剤を使いました。
画像

2本挿しましたが、1本は枯れました(苦笑)。
6月初旬で、手前は唐辛子の種蒔き後です。
画像

休みの日は昼間外に出して日光に当ててやりますが、夜は室内に入れています。
ドラセナは真冬もベランダで2月ごろまで越冬しても、その後の寒さでダメになったことが何度かあります。
まだひょろひょろなので、大事にしてやらないと。
画像
うしろに写っているのは、種から育った月桃です。
まだなんとか綺麗な姿を保っていますが、夜が寒くなるのでかわいそう。
でも、地面で頑張ってずっと越冬して、大きくなりました。
「ゴメンネ」と言いながら、来年こそ花が見たい・・・、とも思っている勝手な私です。

"花束から鉢植えに。夢のあるドラセナ♪" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント