一番見頃、梅雨時の箱根湿生花園

第二の故郷(笑)、箱根仙石原の箱根湿生花園へ行きました。 6月下旬~7月初めの梅雨時が一番いい、とは聞いていましたが、今回は今までで一番花が綺麗だとはっきり言えるくらい、とてもよかったです。 ここが好きで、年に2-3回行くのですが、行くたびに自然の表情が違って飽きることはありません。 今回、花が綺麗でしたので、とにかく花を少し…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

日本では梅雨時の花、アガパンサス

アガパンサス、お隣さんからいただいた株がたくさん増え、この時期に満開になります。 どうしても雨に当たりますが、丈夫な花です。 とても涼し気で、この時期の花としては紫陽花とともに欠かせません。 この花は、咲き始めが面白くて注目してしまいます。 まるで動くようです。 アガパンサスは梅雨時に紫陽花と一緒に咲く…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ピンクのトランペットリリー

以前、何年も咲いた大輪のユリが消えて2-3年。 やはりこんなユリが好きなのか、同じような種類で、少し淡い色の花の球根を植えました。 この手のユリは、蕾が鳥のくちばしのようで、これを観るのも楽しみの一つです。 しべです。 開き始め。 花粉がたくさん出ています。 だいぶ受粉できたかな。 スギの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

皿ケ嶺キキョウ

関東地方も梅雨入りしたのですね。憂鬱ですね~。 さてそれでも、ちょっと珍しい、涼し気な、皿ケ嶺(サラガミネ)キキョウです。 キキョウといても初夏によく咲く花で、ホタルブクロとチシマキキョウの交配種で、愛媛県の皿ケ嶺で育種されたことにちなむ名前だそう。 5月初めに八ヶ岳へ行った際に、八ヶ岳倶楽部でこの皿ケ嶺キキョウ他、山野草も含…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

キングローズとノイバラたち

庭の細かい花たちがワイワイガヤガヤ言っています。 丈夫で強剪定してもよく伸びるキングローズ。 ツルバラは、切り花にしようとしても花瓶に挿すと花が下向いてしまいます。 でも花が小さい品種は大きな花のように頭(花)が重くないので、口の細い花瓶で茎が動かないようにすればなんとか挿すことができます。 そばにある、クレマチス・インテグ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

庭のバラ、ピエール・ドゥ・ロンサール 

庭のバラ数種が咲いています。 腕がなくて決してうまく育てられるわけではないのですが、バラが咲くと本当に心地がよいものです。 やわらかくて優しいこのバラ、ピエール・ドゥ・ロンサールは今年で5年目。 条件が悪い我が家でもよく育つほど、丈夫です。 お隣さんとの間を這わせていますが、そのお隣さんから譲ってもらったアーチに続けて絡める予定…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

5月、オダマキが綺麗。

種で自然に更新を続けている、気に入っている西洋オダマキです。 オダマキって、どこから見ても、その造形美は唸ってしまうほど。 それにしても、種であちらこちらに出てきます。 種の中に、これだけの形が記憶されているんでしょうから、不思議です。 今まで数種のオダマキを植えましたが、混ざらずに一番好きなこれだけが残ってラッキー…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ダッチアイリスとジャーマンアイリス

アヤメ科の花は見分けがつきにくいとよく話題になりますが、これは何年か前、縁あって当時の上司から「もらったものだが・・・」と球根を分けていただいたことを思い出すと、ダッチアイリスのようです。 葉はとても細くて、花自体は最初は和風で清楚な気がして、色も綺麗です。 うちの庭にはちょっと出きすぎ(苦笑)。 数日後にはちょっと華やか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クレマチス‘土岐’&カトンボと、‘ピンクファンタジー’

あっという間にクレマチスの時期も過ぎていきます。 今年は‘土岐’がよく、長く咲きました。 最初のころの緑色っぽいこの感じが好きなのですが・・・。 今は満開で、開ききりました。 かなりの大輪です。 花の写真を撮ると、花に来る虫が写っていることはしばしばあるのですが。 この写真をよく見たら、中央よりやや左上の方に、カ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

色の濃さが大きく変わるチューリップ「サルボ」

昨秋初めて、「サルボ」というチューリップの球根を植えました。 やわらかい雰囲気「でした」。 3球植えて、それぞれ個体ごとに色が違うのは、個性でしょう。 世界に一つだけの花、ですから。 薄目の色は、やわらか。 ちょっと濃い目の色も。 でも、これはその翌日・・・。 色が少し濃くなりました。 日の当たり方で色が…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

原種系チューリップ2種

やっと冬物をクリーニングに出せたと思ったら、春もだいぶ進んできました。 庭にもチューリップが咲いています。 特に原種系の植えっぱなしチューリップは気楽で、花や葉もこぶりですが、周囲になじんでくれます。 我が家は水はけがとても悪く、チューリップの球根は腐ってしまうことが多いのですが、原種系に限っては植えたままで大丈夫。 余計な…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

台北の新芽鉢を真似してトライ。文旦の新芽!

自家製カイワレのようなスプラウトは、観て楽しんでから食用にする場合が多いと思います。 これは食べられない新芽ですが、鉢(容器)や植え方でこんなにも楽しめた、という話です。 今年1月に台北のマッサージ店に飾られた「新芽」に目を奪われた話は、こちらに記事にしてありますが、これには感動しました。 前回の記事とダブる部分もあるのですが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

早咲きクレマチス アーマンディー アップルブロッサム

今年も桜と同様、遅れ気味に満開になった庭の早咲きクレマチス アーマンディー アップルブロッサムです。 強健で、それはそれはよく伸びるので蔓は切っているのですが、咲くとやはり綺麗です。 真ん中に出ている葉はクレマチスのものではなく、一緒に植えてあるバラの葉です。 一気にUPします。 花自体はとてもシンプルです。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ガーデンネックレス横浜2017 日本大通り

今日はたまたま、出先の近くの日本大通りでの「Garden Necklace YOKOHAMA2017」に立ち寄ることができました。 このイベントは大規模で、ここはほんの一部。 こちらの第33回全国都市緑化よこはまフェアをご覧ください。 日本大通りにある横浜地裁や日銀も、ちょっとほんわかするかもしれません。 まさにヨーロッパを思わ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハナニラとの時間

今年は桜が遅く、やっと満開を迎えました。 今日は友人と花見クルージングの予定だったのですが、残念ながら天候不良だったので、車からの花見になってしまいました。 庭の早咲きクレマチスも、満開が近い状態です。 色々な花が咲く季節になりましたが、私がずっと気になっているのは、雑草のようなハナニラです。 花が付く前はあまりうれしくない…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

やっぱり土が似合う、ヒヤシンス。

春になるのに寒い日が続きました。 庭のヒヤシンス、満開が近いのですが、まだ一部ちょっと硬いかなという状態です。 雨上がり。でも、香りは溢れんばかりです。 春の花でも一番好きな花の一つ。 これらは昨秋に新しい球根を植えたものですが、とにかく青紫が好きなので、毎年欠かせません。 この花を近くて見ていると、虫が惑わされる気持…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

鉢植えのイワヤツデ(丹頂草)

庭にたくさんの春の花が咲いてきました。 桜の開花と同時に咲く、早咲きのクレマチス‘アップルブロッサム’も数輪咲いてきて、まさに桜と同じ開き方をしています。 華やかな春の花の中で、ちょっと地味ではありますが、爽やかな山野草のイワヤツデ(丹頂草)。 3月初旬に花芽が出て、今はちょうど満開の状態です。 後ろにあるのは、これも満開に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ミズバショウが咲き始めた箱根

今年(2017年)は例年より早く、3月11日に開園した箱根湿生花園。 年に3回程度は行っている、大好きな場所です。 ミズバショウが綺麗な時期に行ったことがあるのですが、早く見たくて早速足を運びました。 3月18日の様子です。 実は、また開花したといっても一部で、これからです。 新しい芽が出てくる様子がよくわかって、新鮮な気…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ミニ水仙 テタテタ(テタテート)

ミニ水仙テタテタ(テタテート)が咲いています。 東北の震災の後、東北応援の「スイセンプロジェクト」に毎年参加していましたが、プロジェクトが終了しても球根は生きていて、よく咲いてくれます。 このプロジェクトについては色々な思いがあるのですが、まだ寒い東北でももう少しで同じ花を見ることができるはずです。   TETE-A-TETE。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ドレスのようなクリスマスローズ

春っぽい光に、庭の花はどんどん咲いてきています。 実生で雑草のように茂っているクリスマスローズはさらに花が上がってきましたが、他に、ちょっとドレスっぽいと思うクリスマスローズが我が家にあります。 こちらは、昨シーズン「ダブル・ピコティー」という名札が付いたものを購入し、2年目。 花芽が出てきたときに気づかずに踏んでしまったので…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more