クロッカスが満開。

植えっぱなしのクロッカスがよく咲いています。 お日様の照り方によって開き方が変わる花は、表情が豊かでいいものです。 ウィキペディアの「クロッカス」には、「開花した花に水がかかると溶ける様に縮んで萎れてしまう為、水やりの際はくれぐれも注意が必要である」と書かれています。 「え?雨も降ったのに・・・」と一瞬思いましたが…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

玉縄桜

鎌倉の玉縄地区でつくられた、玉縄桜の原木です。 ソメイヨシノに似ていますが、この時期に満開になります。 神奈川県立フラワーセンター大船植物園へ行ってきました。 子どものころからなじんでいる植物園ですが、久しぶりでした。 ちょうど、園長さんの説明をきくことができました。 玉縄桜は、ここ大船フラワーセンターで、ソメイヨシノ…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

実生でどんどん、クリスマスローズたち

庭のクリスマスローズの花が、たくさん上がってきました。 地面付近でワイワイガヤガヤ言っているような感じがします。 正確に言えば、私が購入したクリスマスローズの株は、原種系が1種、ハイブリッドがこれを入れて4種なのですが、ここにあるものは1種のみ。 ここからさらに右側に至るまでは、すべて自然交雑したのだと思います。 お…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

沈丁花の開花

庭の沈丁花が開き始めました。 沈丁花は早くから蕾を付けているのですが、時間をかけて蕾が膨らみます。 蕾の先が白くなってくると、開花が近いとわかります。   花は外側から咲きはじめますが、分厚い花びらに存在感があります。 このくらいの開花具合の時に、身に付けたいという衝動にかられます。 どこかチャーミングです。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

すこし早めの河津の桜

週末、伊豆の河津に、早めの花見に行ってきました。 河津桜は色が濃い目の早咲きの品種で、まだ寒い2月の上旬から開き始めます。 今年(H29)は今週末の2/10から河津の桜まつりが始まりますが、一足早く行ってみました。 初めて行ったのは6年前でしたが、最近では伊豆の観光の目玉と言われるほど、人気が出ています。 まだまだ早いかと思って…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クリスマスローズ オリエンタリスの開花

12月から咲いている原種系をやっとアップしたばかりですが、今朝よく見ると、蕾を持っていたオリエンタリスがしっかり咲いていました。 横浜は今日、春のような天気でしたが、植物たちはどんな刺激を受けたのでしょうか。 この位置のクリスマスローズは実生でこれからたくさん咲くと思います。 一番花は小さくてシンプルでも、とても感動します。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

原種系クリスマスローズ アウグチフォリウス

原種系クリスマスローズのアウグチフォリウスです。 生っぽい花が、12月からしっかり咲き続けています。   株全体が同色系統で、花(ガク)にも厚みがあり、長い間あまり変化が少ないまま咲いてくれます。 清潔でおとなしいイメージです。 ただ、葉の縁が鋭いトゲ状で、素手でやたらに触ると猫に引っかかれたような傷が手にできてしまいます…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

松田町 寄(やどりき)のロウバイ

1月~2月は、早春の花を観に行きたくなります。 今日は、松田町 寄(やどりき・神奈川県西部)にロウバイ(蝋梅)を観に行きました。 今年のロウバイまつりのページはこちらで、案内が出ています。 まだ5分咲きとのことでしたが、やはりこれだけまとまっていると綺麗ですし、下には私の好きな茶畑も広がっています。 これからさらに見頃になると思…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

冬咲きクレマチス‘ユンナンエンシス’(アンスンエンシス)

昨日今日ととても寒いのですが、横浜は乾燥した晴れでした。 真冬だからと、ますます放置していた庭なのですが、今朝足元を見まわして驚きました。 芽がたくさんでていますし、クリスマスローズの蕾もいっぱいでいつもの年より早いような気がします。 さて、こちらは12月から咲いている、冬咲きクレマチス‘ユンナンエンシス’です。 以前、冬咲…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

台北のマッサージ店で、可愛い「芽」に遭遇。

今年の台湾の記事、その3です。 先日の台北で盛り上がったこと。 宿泊したホテルのすぐ近くのマッサージ店へ行きました。 ここは女性の施術者のみでネットでの評判もよかったのですが、実際に足と全身のマッサージをお願いし、とても丁寧で内容が伴っていました。 雰囲気もよくて、もう1回行きたかったなあと思っています。 最初と最後に…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

台湾 鹿港の老街のグリーン (+鹿港行バスアクセス情報)

今年の台湾シリーズその2です。 台北から新幹線で高鐵台中駅に出て、台湾好行バスで鹿港の老街などを楽しんできました。 色々ありましたが、ここではガーデニングに特化しましょう。 バイクが猛スピードで行き交うのは台湾のどこでも見られますが、九曲巷というところは細い小道が楽しくて、静かで素敵でした。 ただし、ここへのアクセスはちょっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

台北近郊、魔法の庭・林本源園邸に感激。

年に1度程度行く台湾へ、また行ってきました。 今回一番驚いたのが、台北近郊で興味深くて素敵な庭園があったことです。 ここの説明はとてもできないので、専門のところに任せます。 林本源園邸:http://www.linfamily.ntpc.gov.tw/ (日本語選択可) 豪商だった林一族の住居跡で国定古蹟となっており、ネットに…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。 今年のお正月はお天気にも恵まれ、家族も集まり、とてもよいお正月になりました。 2005年の1月にblogを初めてもうすぐ丸12年。 あの時も酉年だったということですね。 あまり進歩もありませんが、植物が好きでたまらない、ということだけは変わりません。 中身よりも、お重に飾る緑にワクワク…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

酉年にふさわしい、鳥が運んだ万両。

年末年始は職場の大繁忙期で、目が回りそうです。 それでも帰宅すれば、頭の切り替えの早い私です。 自分を取り戻すには、自然からの贈り物が一番。 鳥が運んできた、実生の万両が毎年少しずつ大きくなっています。 普段は「あるだけ」なのですが・・・、実を付けるとぐっと存在感を増します。 これらの株は、10数年ものです。 万…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

長寿。シャコバサボテン♪

シャコバサボテンがクリスマスを彩っています。 お隣さんに「古株」と言われて譲っていただいたのが、いつだったか。 このblogの10年前の記事に「もう数年前にいただいた」とありますから(苦笑)、古株+10数年の年月が経っており、その生命力は相当なものです。 でも、花が咲くとパワフル。 手入れは、4月に葉を摘んでいる…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

鎌倉・報国寺の竹林とフカフカ苔

ポカポカ暖かい休日、鎌倉の報国寺へ行きました。 鎌倉は近いので混雑を避けるようにして時々歩くのですが、その自然の素晴らしさがやっとわかってきたように思います。 報国寺は足利の史蹟で「禅とお茶と竹の庭」として有名ですが、「竹林とお抹茶、フカフカ苔に散ったもみじの葉と、それを包み込む紅葉」が最高でした。 特に私はフカフカの苔が…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

怠け者のリトープスにも花。

毎日目に入るものって、結構見えなくなることがあります。 それが綺麗でも、ちょっと汚くても。 ベランダの日の当たるいい位置にある、リトープス。 洗濯物を干す場所の近くにあり、たま~~に水をやる程度。 いつ花を咲かせるのかも忘れていました。 先月の後半、洗濯物を干すときに白い花の蕾に気づき、その後開花しました。 日が当た…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ヒメツルソバも、よくみれば・・・。

毎回雑草を抜いていると、「抜いても抜いても追いつかない」と感じる草がたくさんあります。 地面に這うように広がるヒメツルソバは、タデ目タデ科イヌダテ属で、その花とちょっと赤っぽい茎がイヌタデを思わせます。 1/3くらい残して抜いたつもりなのですが、実際には根まで抜けずに切れてしまい、地下は生きていると思います。 後ろはハナニラの葉で…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ちょっといい、アブチロン。

秋にちょっと咲いたバラもほとんど終わってしまい、冬咲きクレマチスの蕾が膨らんできました。 今年、お隣さんからおとなしく、アブチロンが入ってきました。 アブチロン・チロリアンランプは、蔓が伸びて葉も多くて大変、というイメージがありました。 実はこれは、お隣さんの庭から結構な距離、蔓を伸ばして入ってきたものです。 お隣さんでは大…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

クルクマ球根の堀り上げ(その2)・・・保存

前回の記事の続きです。 夢中になって掘り上げたクルクマの球根(塊茎)。 どうやって保存をするのか調べて迷った挙句、たまたま今日休みだったので、やれるだけのことはやろうと思いました。 これは、一日近く乾かしたものです。 左手前は、元からの球根+タンクだと思いますが、しわしわです。でもこれも一緒に保存してみます。 ネットで調べ…
トラックバック:4
コメント:4

続きを読むread more